本文へスキップ

調査で警察沙汰!|興信所日誌

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

調査で警察沙汰になるの?|興信所の社長日誌

「警察沙汰になったことってあるの?」という質問をたまに聞かれることがあるけど、かなりグレーな部分で仕事している探偵というイメージだから聞くのだろうか。

探偵は調査の特権を与えられているわけでないし、警察だって行き過ぎた捜査がやり玉にあげられることはよくある。

けどもっと違う理由で警察沙汰になっている他社の探偵の話はよく耳にするけど、原因は結局こういうこと。

だから警察沙汰になったのだ!をリアルに斬る。




千葉の興信所相談員千葉の浮気調査の探偵


なぜ警察沙汰になったのか!?

はっきり言うけど、日本全国見渡せば、どこかで警察沙汰になった調査員はいるようだ。

これははっきり言っておくけど、どんな優秀な調査員でも、どんな素晴らしい探偵社で活躍してきても、警察官の職質はある。

これは普通にあることで、恥じることでもない。仕方がないことなのだ。

むしろ、「一度もありませんけど、、、」って言う方が、「まじかっ!?」って、どこの探偵さんも思うだろう。

もしかして場数経験が足りないのか、核心に迫る調査をしてこなかったのか?


ここでいう警察沙汰は、もっと事態は深刻なことで、調査しているターゲットともめるってことか、やってはならないことが第三者に見つかって、警察に通報され、ひと悶着あるっていうことだ。

ただここまでの状況になると、まっとうな探偵社であれば、ありえないはず。

もちろん我が興信所も現場でターゲットとの紛争に巻き込まれたことはない。

しかし、我が興信所に相談されてきた方のなかには、ほんとたまにであるが、「以前頼んだところが警察沙汰になって、、、」ということ、1年に何人か聞く。

うちみたいな地方の小規模興信所で耳にするのだから、氷山の一角だと思うよ、もしかして。

「でも浮気調査であれば配偶者である妻(夫)からの正規な依頼で、不貞関係にある不倫相手との証拠を尾行張り込みによって調査しているわけだから、尾行も張り込みも撮影も業務上、許されるのとは違うのか?」

それはそう。

探偵業の届け出を出して正規に活動している興信所であれば、調査という名目で行ってよいとの見解ではある。

しかしだ。

それはああくまでも合法的な範囲での話。

なぜ、ターゲットともめたのか。

「調査していたことがばれたからでしょっ!?」

だから警察沙汰になった。

確かにそうである。


興信所調査員


ばれる調査をしてしまったから、芋づる式に不法行為が出てくる


ではもっと丁寧な説明をしよう。

いくらターゲットであっても、権利はある。

その権利を侵害する行動を現場で調査員が執拗に行ってしまったわけだ。

でもそんなのは調査する上で、権利なんて言われれば確かに侵害続けている。

でも見破られたら、ダメ。ばれたら終りでしょっって話なのだ。

人の生活の平穏を脅かす行為。

ここにもっていかれたら、いくら探偵業者でもやり過ぎであり、場合によっては違法行為として警察も黙っていないだろう。

おそらくだが、尾行張り込みされたターゲットの怒りは半端ではなかったはずで、

執拗につきまとわれた。

不安を感じるほど監視された。

あらら、監視していた場所って、まずいぞ、住居不法侵入じゃないか!

それとその撮影方法って?隠匿撮影だよね。

それも動画でず〜っと撮り続けるってことは、撮影の範囲をはるかに超えていないのか?

まったく他に関係のない人たちも無断で撮影し続けているし、、、

それと車の下をのぞいたら、あららなんか発信機みいな機器がついているし。

場合によっては探偵が処分をくらうケースにも該当するわけで、これらすべて当てはまって任意同行された調査員もいたと聞く。


他にも相談者からいろいろ聞いてきた。

とある浮気夫を車で尾行していたら、袋小路に入っていく行き止まりで停車したとか、

とある浮気妻を追ってたら、交番の前で停車してすごい形相で車から降りてきて調査員車両に寄ってきたとか、

不倫相手のアパート付近で張り込んでいた調査員が、いつしかどこから現れたのか浮気夫の仲間たちに囲まれ、探偵が警察にSOSしたケースとか。

結局、調査員の調査が完璧にばれてたから、こうなったわけだ。

あやしまれているな?っていう状況でも気づかなかった体たらく。

そういうことが起きたから警察沙汰になったのだ。

探偵調査員は、張り込み尾行調査において、かなりグレーな部分で戦っている。

ぶっちゃけ、それは違法だろうよってこともあるだろう、厳密に捉えれば。

けど、浮気調査であれば、まず最後までばれることはなく(もしかして?探偵か?程度はないことはない。でも確信はされない、その時点では)完結するものだから、グレーな調査(方法)も「なんのことかい?」ですっとぼけられるわけだ。

けど、今、まさに、現場でばれたとなると、グレーな部分は全部黒になり、今までやってきた調査苦労も、違法だよねのレッテル。

何を言いたいかおわかりだろう。

ターゲットであっても生の人間。

執拗に張られたり尾行されたりして、まして撮影されたりしているのだから、いつか我慢の限界、爆発するということだ。

された方の怒りは、その場ではすごいと思うよ(苦笑)。


興信所社長の言いたい放題|メニュー