本文へスキップ

調査後の対処に悩み依頼をちゅうちょしています|よくあるご相談

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

調査後の対処に悩み、依頼を迷っています。

「興信所に依頼して証拠を掴んだほうがよいとは思っています。
しかし、それからどうしたらいいのかわかりません。
私が依頼をちゅうちょしている理由はそこです。」

よくあるご相談ですが、方法論、その後の結末がはっきりしないと踏んぎれませんか?


興信所に依頼するか迷う相談者千葉の興信所相談員


「調査の後のことが大切です・・・」

真実を知った後、いったいどうしたらいいのか、
証拠を掴んでどう対処したらいいのか。

興信所に依頼したほうがいいということはわかってはいるが、最後の最後決断ができない。
踏みとどまってしまう方はおられます。

実はそのような方は離婚を回避したい方がほとんどです。

しかし浮気している夫(妻)に探偵をつけて、証拠まで掴んだことが明るみに出たら、「こんな手まで使うおまえ(あなた)とは夫婦をやっていけない!」などと激怒され、夫婦は本当に崩壊してしまうのではという不安が尽きません。

相談者にとっては夫婦を続けたいのです。

もちろん今起きている浮気はNO!です。

この浮気に終止符が打たれて、夫婦関係が改善に向かうことが希望です。

興信所に依頼して、それが本当に願うのだろうか。

まして調査料金だってバカになりません。

それに輪をかけて、妻が騒ぎ過ぎたため警戒している様子もあり、以前より簡単にしっぽは出さないかもしれません。

依頼したけど、なんの浮気の証拠も掴めなかったなんてことにならないかと、そんな心配すら出てきます。

そう考えると、余計「探偵さんに依頼することをちゅうちょしてしまう」ことになるのです。

ですから本音としては、依頼して浮気の証拠がきちんとつかめることは当然として、「私の場合、その後、どうしたら最善か、そして目指す希望がかなう結果に到達できるか。そこをはっきり知りたい。」

その不安が払しょくできれば、探偵さんに依頼することも決断できる。

そういうことなのです、きっと。

違いますか?


浮気調査を千葉で依頼したい妻


このような思いが原因で、調査依頼を迷っている方に対してですが、MKリサーチではこのようなスタンスです。

離婚を回避したいという相談者の思いはよく受け止めています。

浮気が事実であっても、夫婦を続けたい意向か否かは妻自身の気持ちですし、簡単に離婚はできませんから、そこは安心していただきたい。

ただそのためには現実的に起きているその浮気に終止符を打たせねばなりません。

また多くの方の場合、確たる証拠、事実を得たうえでの対処でないと効果が望めません。

憶測、推測、見た、聞いた、自身がもつ材料程度では、難しいのです。

そしていざ、行動に起こす場合、相談者が一番心配する浮気していた夫(妻)との関係の悪化、究極離婚になるのではという問題です。

すぐに離婚になるとか、かなりの確率で離婚になることは探偵さんのところの数字上でもありません。

離婚になる場合、むしろ離婚を否定していた相談者の決断でそうなったというほうが多いものです。

ただ夫婦は一時、修羅場的にもめる。
ある程度の期間、冷え込む確率は高いものです。

もちろん、今以上に冷え込まず、難なく対処できたケースも少なくありませんから、あまりにも「私のケースはきっと修羅場になって、どうにかなってしまうかも・・・」などと不安がらなくてもけっこうです。

つまり、相談者の不安はそこですよね。

しかし、幾度となく言ってきてますが、浮気問題は一色単ではありません。

相談者が直面されている浮気問題が、どのように起こっているのか。

どんなつもりか、不倫相手の背景はどうなのか。

そこを調査というかたちで依頼をお受けして、探偵が時間をかけて見ていくことによって、判断し得るものです。

現場を見る前から、果ての結果を言い切ることは不可能です。

この浮気(二人)の場合はこういうケースだなという判定。
であれば、このような対処の仕方でいくのが最善ではないかと判断する。

調査によって我々探偵が二人の真実を知っていったから、わかり得るものです。

だからと言って、相談時に方法論も含め、事前シュミレーションしてください(とまで言わなくても)との期待はあるかもしれませんが、現実的なことではありません。

つまり相談者からお聞きしたお話しだけで断定することは無理難題です。

よって最終的には、「その後どうしたいのか」をしっかりお聞きしたうえで、調査を一任していただきます。

そして調査でわかり得た真実で、依頼者様の希望に沿えるには、どう対処したらよいかを判断しますので、ご安心ください。

あとは相談者様が、浮気問題の経験豊富なMKリサーチに信頼して託されるか否かのご決断です。


よくあるご相談、ご質問|メニューへ