本文へスキップ

調査報告書の作成方法と提出方法のこだわり

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

調査報告書のこだわり|探偵・興信所の調査力

 MKリサーチは、調査報告書の中身内容から作成の仕方、依頼人への提出の形式までこだわりのある興信所です。

 探偵社の調査力の高低=結果報告書のレベルではないでしょうか。

 興信所の調査力は調査報告書がすべてと言っても過言でありません。

 中身内容もですが、どのように作成してどんな形式で依頼者に提出されるか。

 その結果を見れば一目瞭然です。MKリサーチのこだわりを解説します。


調査報告書浮気調査の結果報告書


 
報告書の中身から提出の仕方までこだわるMKリサーチ


 
探偵・興信所のホームページのなかで、調査報告書サンプルを掲載されている会社、事業者。

 時代の流れとともに、段々と目につくようになりました。

 ただその実情は、自作自演で作成して紹介しているケースも少なくないようです。

 また、どんなにすばらしい証拠写真、証拠映像を掲載していたとしても、お客様の調査も同じような素晴らしい結果となり高レベルな調査報告書を得られるとは限りません。

 特に感じるのは、女性ターゲットを自宅まで尾行して、マンション上層階に位置する部屋の玄関にリアルに入っていく場面を後方から撮影するなど、ほとんどの依頼案件でそこまでの撮影が可能とはいえません。

 もっと現実的な話をしますと、サンプル写真のような照度のあるシーンばかり、明るい出入り口ばかりでもありません。

 依頼人様から許可をいただいた上で、モザイクをかけた実例の報告書を掲載するか、事務所に訪問した際、実際の生の調査報告書を見れることが肝心です。

 実のところMKリサーチは、ウェブ上でサンプルは公開しておりません。

 将来的にはわかりませんが、今のところ掲載予定もありません。

 もちろん、相談者が事務所に来られた面談の時には、すべてオープンにお見せしております。

 よってウェブ上で公開しないため、MKリサーチが結果報告書に対してどこまでこだわっているかを解説しますと、調査報告書は弊所の名称が印字された製本ファイルでの提出をしております。

 ビス止め製本というのですが、そこそこの枚数の資料を厚いベーシックな色調のファイルで綴じております。

 もちろん、中身内容が伴っていなければ、ただ「ファイルにコストをかけているだけ」となります。

 中身内容につきましては、公開していなくて恐縮ですが、作成方法につきまして下記の通りです。

証拠写真のこだわり



 
高級写真用紙クリスピアで数々の証拠写真を貼りつけています!


 
多くの探偵・興信所は、数々の証拠写真が用紙と一体となったカタチで作成しているようですが、実際の切り出した写真を貼りつけている社もあるようです。

 当リサーチの場合も、後者の実際に証拠写真を貼りつけている探偵社ですが、少しだけこだわっております。

 まず使用する写真用紙は、クリスピアという高級写真用紙です。

 そして高品質な写真にするため、多くのプロの写真家も愛用されているSC−PX5VUというプリンターを使用しております。*弊所はエプソンの広報ではありません。

 探偵の現場はやはり暗い場面が多いものです。

 さすがに限度はありますが、少しでも綺麗な証拠写真を提出するためには、どう作成するかにもこだわっているのです。

 もちろん、全ての証拠写真を高級一眼レフで撮影して提出できることが理想ですが、やはり暗いシーンは多いし、かなり距離がある場面もありますので、ビデオカメラやハンディカム、CCDモノクロ暗視カメラを使わざるおえません。

 それが実際の探偵の浮気現場です。

 よって、どう作成(証拠写真をどうプリントアップして報告書に仕上げるか)するかを考えると、使う機器にこだわりはでるものです。

 もちろん、「でも肝心なターゲットをどう写しているか、どこまでの結果内容が綴じられているかが重要だ」と聞こえてきますが、この業界を見渡したうえで考えますと、ここまでこだわっています。コストも費やしています。

 ですから、中身はいい加減であるはずがない、この姿勢を感じてほしい、それが率直な意見です。

 なお、これに動画を記録したDVDを添付して提出することになります。(平成28年10月時点)。

 調査報告書の作成から提出のカタチまでこだわっているMKリサーチは、面談の際に実際依頼人様(使用許可をいただいている案件です)に提出したもの、その中身内容までお見せしておりますのでご安心してご相談ください。


 調査力のあるMKリサーチへ