本文へスキップ

調査員4(5)名、車両3(4)台も必要ですか?

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

調査員4(5)名、車3(4)台必要ですか?|よくある質問

 他社に相談したら、「お客様のケースですと、調査員4(5)名、車両3(4)台必要となります。」と言われた相談者もいます。

 本当にそこまで必要なのでしょうか。MKリサーチがお答えします。

 浮気調査の相談者からです。「興信所の相談員が言う調査員の数、車両の数(まれにバイクも稼働)が*名(台)だから***万円との見積もりでした。」と。

 料金を聞くとかなりの高額です。

 本当にそこまで必要なのでしょうか。それとそんなに料金も高いんですか?


浮気調査依頼される興信所千葉の浮気現場に向かう調査員
 


 調査員も車両も水増しの可能性が高い!?


 
弊社で相談内容をお聞きしますと、他社の言う調査員の数、車両の数は水増しの可能性が高いと思えます。

 仮に、それだけの数の人員、車両数を導入したとしても意味がなく、無駄に動いているとしかいえません。

 この業界、どこの事務所でも人員はぎりぎりの体制で運営しているはずです。

 2名でできるものを3名はあったとしても4名、5名と導入することはまず考えられませんし、下請けや同業他社に業務委託するならば、余計ぎりぎりの人員で動くはずです。

 浮気調査であれば、ターゲットの交通手段とか、ある程度の情報を聞けば、調査の難易度はわかるもので、導入すべき人員の数も予想はつきます。

 調査員は5名とか車両3台4台ないと難しいと感じる案件もありますが、そうそうあるものではありません。

 実際、弊社が内容をお聞きして、「調査員2〜3名で十分対応できる内容です」ような案件ばかりです。

 どうしてこのようなことが起きるのか。

 それは、調査員1名あたりの料金の目安はあります。

 よって、×何名かで高額な料金を提示する理由となります。

 また車両も同じです。3台導入しなければなりませんから、3台分の料金を提示します。

 それらすべて合計して、調査稼働時間も計算して、かなりの高額料金となる。

 もちろんそれに、意味不明な経費も加算されて超高額料金にもなるわけです。

 そして現場はどうかと言えば、下請けなどに業務委託して、下請けは安い報酬で、かつ2名で行っていたという現実です。

 現実、依頼人は確認のしようがありませんから嘘もまかり通るわけです。

 契約(営業)に携わっていたのは依頼人が面談した社だけですから、契約内容は闇の中です。

 とにかく、浮気調査のほとんどが調査員2〜3名で対応できるもので、良心的なところでは基本2名で行っています。3名にするか否かは現場次第です。

 ですから、4〜5名(まれにそれ以上)の調査員が必要となる場合、いくつかのポイント、見極めどころがあるわけで、それに該当しそうであればありえるのは確かですが、その場合わかりやすく、その根拠を説明しなければなりません。

 例えば、東京都心で、ターゲットが勤務先(立ち寄り先)から出てくる出入り口はいくつもある。

 また移動手段はタクシーかもしれないし、誰かが車で迎えに来るかもしれないなど、複数の可能性が交差するような現場であれば2〜3名では難しいといえます。

 しかし実際、相談者が話す内容を聞きましても、一般的な体制で可能なはずと断言できるものばかりが事実ですから驚きです。

 とにかく、調査員4,5名以上の数字が出てきましたら、その根拠を詳しく聞き、他社にも相談してみることをお勧めしております。


 よくある相談|興信所MKリサーチ/メニューへ

バナースペース

MKリサーチ探偵事務所|千葉

〒260-0032
千葉市中央区登戸1-16-1 5A

TEL 043-301-3735
FAX 043-304-5757