本文へスキップ

ダブル不倫している彼に他の女の影があると確信した依頼者。

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

ダブル不倫している彼に他の女の影が|調査事例

 W不倫している彼に他の女性の影が見えた千葉のある人妻。本当のことを知りたくて探偵・興信所MKリサーチに彼の浮気調査を依頼された事例です。

 彼の浮気調査によってわかった真実とは。また、その後の選択とは。

 彼の行動、素行調査で知った真実。その真実に対して、今一度彼を信じようという決断を選択された女性の実例です。


W不倫の彼の調査を依頼する女性 


 
≪調査内容≫

 公務員の彼は50代の既婚者で地位のある方。私は40代の既婚者で市内の会社に勤めている普通の人妻です。

 要するに彼とはかれこれ15年不倫の関係を続けています。

 お互いわりと近いのでなるべくちょっとの時間でも会える時は会っています。

 一週間前のことなんですが、会社帰りいつものよく待ち合わせをする**の駐車場で彼と会いました。

 しばらく車中で会話などしてその日はその場所で別れたんです。

 私は彼と別れてからの帰る途中、何か虫の知らせ?というか胸騒ぎというか、なんか言葉では言い表せないのですが、そういう気持ちに突然なりUターンしたんです。

 そしてしばらく走るとある**という場所の駐車場の隅に彼の車が駐車されている光景を見ました。

 とても不自然な場所で、隣に一台の知らない車も駐車されていました。

 「今日はまっすぐ帰る」と言って、「今自宅に着いたよ・・・」なんてメールさっき私に送ったてきたのになぜ?と。

 そのとき私は、歩いて彼の車に向かい、助手席の窓から中をのぞくと、運転席に彼が一人座っていて斜め後ろ(後部座席方向)を向いてだれかとしゃべっている光景でした。

 後ろの人は見えませんでした。私に気がついた彼は、びっくりした顔をして車から出てきて、「ちょっと休んでいただけだ。理由は後で話す・・・帰りなさい!俺ももう帰るから」と言い残し、車に戻るとすぐに車を発進させて去っていってしまったのです。当然、もう1台の車はそのままです。

 私は、もう頭が真っ白になりとてもその場所にいられなくて帰りました。

 その後、彼は、一緒にいたのは同じ系列の違う場所に勤務している新人で、勤務のことで相当悩んでおり、相談を受けていた。勤務場所が違うし、せっぱつまっている様子だったので、帰り際にあんな所で会うしかなかったのだ。

 彼女とは親子ほど歳も離れているし・・・何かあるわけないだろうよと繰り返すばかりです。

 確かに彼は他の系列の部署まで管理していて人事権もある方なので、彼の言う事も信憑性はあります。

 でも、彼と会うたびに私はその女性のことばかり聞いたり、くどく探ったり、疑っている自分をさらけ出しています。

 探偵さん、私は本当に疲れました・・・。彼はうそをついているんだと思います。こんな心の底から痛い気持ちはつらいです。

 彼とその女性の関係の本当の真実を知って、私は彼から去ります。その方がずっと楽になれます。

 もう私たちは終止符をうったほうが良いのですきっと。

 ですから探偵さん、なんとか証拠をつかんでください!私が彼から離れられることができる事実をつかんでください。

 彼とその女性との行動、素行調査をやってください。



浮気しているダブル不倫中の彼


 
夫婦間と同様にこのような関係でも相手の真実を知りたいと思う気持ちは一緒です。

 このお客様は、
「彼の言っていることが本当で私の考えすぎかもしれない。でも彼はうそをついていてその女と何かあるのかもしれない。

 でも、もういいんです。もう身も心も本当に辛いんです。

 彼とは別れます。

 彼と別れられるだけのつらい現実(事実・証拠)をとらえてください・・・」

 
ということを繰り返しておられました。


 
≪調査、解決方法≫

 
探偵・興信所MKリサーチは、今回この女性をマークする調査手法をとることとし、この女性の身辺調査から入り、その後女性の行動、素行調査を約3週間行いました。

 
身辺調査によって、この女性の正しい氏名、生年月日、住所を判明させました。

 やはり近隣のアパートに一人で居住していました。他、実家の場所やらその家族構成やら外部環境も調べました。

 女性の勤務場所は既に分かっていましたので、この女性の行動調査を行い、彼との接触の有無。接触すればその証拠をとるため、日夜の追跡です。

 結果は、3週間で接触1回。深夜に公園の池付近の暗い駐車場で約2時間。

 この女性の車中での接触でした。彼は自宅から歩いて5~6分程度の場所まで徒歩で向かい、その女性が自分の車でやってきて彼を乗せて、ひとけのない場所に向かっていたのでした。

 探偵・興信所MKリサーチの調査員は、遠方よりその車中の二人の動きをとらえました。

 二人は運転席と助手席に座り普通に会話をしているだけで、触れうあうことはありませんでした。

 女性は彼を自宅付近まで送っていき、一人で自分のアパートに帰っていきました。

 一方、ご依頼者はこの3週間の調査期間中にいろいろ考え、少しづつ冷静さを取り戻してきているようでした。

 調査途中にこの女性の身辺調査の結果をご報告したところ、自分の子供を介して間接的に知っている女性だったとのことでした。

 また、その女性の家族環境やら置かれている状況の調査結果が彼が話してくれたこととまったく同じで、彼女がある事情で責任者の彼に相談することは仕方がないのかなと思ってくるようにもなってきたと。

 今回の調査結果を知ったご相談者は、「実はその女性の携帯電話に昨日かけたんです。

 私の子供を介してつながりはある人なので、かける理由をうまくカモフラージュして。

 途中、彼の話に切り替えました!彼女びっくりしていました。何もないそうですし、彼女が相談していた深い理由は私にも言いました。

 もちろん、私と彼のわけありの関係も全て彼女に言いました。彼女は電話越しに泣いていました。

 そんなに不審に思わせてごめんなさいと。もう二度と不審に思われるような行動はしませんと。

 まだ若いし素直そうです。もう相談で会う事もないです。私と彼女はお互い電話越しに泣き続けて・・・(心のなかで一番いけないのはスケベ心がある彼じゃんよ、ほんとバカだわあいつと間抜け顔した彼が浮かんでいましたよ))」
 
 行動、素行調査の結果が、たいした結果ではなかったことと、この女性と腹を割って話せたことでご相談者は冷静さを取り戻すことができました。
 

 当初は「私が彼と別れられるだけの事実をつかんで欲しい」でしたが、このような過程を経て、「今一度、彼を信じよう」という思いに終結していったのでした。


 
彼、彼女の素行・浮気調査事例に戻る。


千葉の探偵相談員


バナースペース

MKリサーチ探偵事務所|千葉

〒260-0032
千葉市中央区登戸1-16-1 5A

TEL 043-301-3735
FAX 043-304-5757