本文へスキップ

夫との修復を選択|浮気、不倫調査事例。

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

夫との修復を選択|浮気調査事例

 夫と浮気相手との不貞行為の真実を知り、証拠を得た妻でしたが、夫婦を続けること、夫婦関係の修復を選択された千葉の30代の妻の事例です。


夫の浮気に悩む妻


 ≪相談内容≫

 どうも半年前から夫のようすがおかしいのです。

 どうして不審だなって感じるかと言うと、入社以来そんなに残業とか遅くならなかった夫が、だんだんと帰宅が遅くなり、月に2~3回朝帰りをするんです。

 で、いったい何してたの?と聞くと、「コンビニの駐車場で寝てしまって」とか、「会社のソファーで横になってたら寝てしまって・・・」とか。

 まあ休日は私と一緒に出かけてくれるので、まあいいかって感じでほっておきました。

 ただ、以前と違うことは、一緒に出かけてもしょっちゅう携帯電話を見ていたり、「ちょっとトイレ」とか「ちょっと一服」とか言ってすぐ居なくなるんです。

 先週なんか、トイレの出入り口の所まで見に行ったら、忙しく指を動かして携帯電話でメールしているんです。

 いったい誰とメールしてるの?っていう思いでした。

 そんな矢先、夫がたまたまリビングにいつもは肌身離さない携帯電話を置き忘れていたんです。

 たまたまメールの着信があり、すごく気になってしまい罪悪感があったんですが見てしまった・・・。

 そしたら、一人の人との着信メールやら発、着信ばかりがたくさん残っていて。既読メールを見たら女性からのメールでびっくり。

 夫のことを**ちゃんだとか、ハートマークやらの絵文字やらで、もう2~3メール見たらもう怒りとあきれたのとで見るのやめました。

 私はやっぱ黙ってはいられないと思い、翌朝、「浮気している?」って問い詰めたんです。

 そうしましたら夫は「何で?そんなわけないじゃん」と白を切るばかり。

 私も「携帯電話見た!」とは言うことは(言っても良かったんですが)我慢してました。

 でも問い詰められたときの夫の目線やら表情は、やっぱ「どうしてばれた!?」って顔していました。

 妻だからよく分かります。

 それからは何だか会話も減ってきて、私が浮気を問い詰めると、「またか!被害妄想だ!何の証拠があって言う?」と逆切れする始末。

 「証拠はあるの」と私は心の中でつぶやいていましたが言いませんでした。

 でも、その時期から夫の携帯電話はロックがかかり、以前みたいに置き忘れることはしなくなりました。

 この時期から夫の浮気を確信した私です・・・。

 と同時に、
信じていたのに、どうして浮気なんかしているの?本当のことを教えて!真実が知りたい!

 と思うばかりでした。

 信じていた人に裏切られているつらい気持ちやら、帰宅が遅くなる夫に対して今ごろ浮気相手といっしょかなとかの空想やら、いったい浮気相手はどこの誰なんだろうとか・・・もう段々と眠れなく食べれなく病んでいくばかりでした

 「探偵さん、夫はまずクロだと思っています。でももしかして私の間違いかもしれません。

 本当のことを知りたいんです。恐いけど本当のことを知って、どうするか決断したいんです。」

                       

 
この奥様は、浮気相手はどこのだれかまったく検討つきません。

 おかしいと感じながらも夫を信じてきただけに、かなり傷つき身も心も消耗されていました。

 この相談内容からするとまず100%浮気をしているでしょう。

 しかしこの奥様は、
本当のことを知り(できれば夫の本当の気持ちを知り)、どうするか決断したい。

 でも、私の間違い勘違いだったらそれでいいのです。

 このままの状態を続けていたら私、ほんと死んでしまいそうだからと。

茨城の興信所相談員


 ≪調査、解決方法≫

 週2~3日は深夜帰宅でそのうち1回は朝帰りとのことでした。

 夫は会社勤務されている方なので、調査員は勤務終了予定時刻前から夫が帰宅するまの時間帯を、夫の勤務先を調査開始起点として月〜土曜日の6日間浮気調査を行いました。

 結果はご主人は残業どころか同じ勤務先の女性社員と接触していました。

 2日間は外で食事をとった後、ひとけのない場所に車で向かい車内で1~2時間過ごして帰宅し、1日間は外で食事をとった後、ラブホテルに向かい明け方まで過ごしていた事実が判明しました。

 その後、浮気相手の女性を調査したところ、ご主人と同じ勤務先の20代後半のご両親と住んでいる独身女性であることがわかりました。

 本当の真実を知ったこの奥様のご決断は、「離婚はしない」といことでした。

 
やはり何十年と夫と築きあげてきた夫婦の絆、家族の絆を、この20代の女性に壊されてたまりますかと。

 夫のことは当然許せないけど、この女性とはもっとうまくいくはずがないきっとと。

 夫には全てを話してこのような火遊びに終止符をつけさせるつもりです。とおっしゃっていました。

 相談員は奥様が
「離婚」という選択肢は除外されて、進んでいく方向を夫との修復に選択されたので、その方向にスムーズに解決できるよう対処策をご提案しお力添えいたしました。

 この真実を知って許すことはつらいでしょうが、きっと時間が解決してくれるでしょう。そう願っております。

 
探偵・興信所MKリサーチの相談員は引き続き夫の浮気調査・不倫調査の調査事例をご紹介していきたいと思っています。


 夫の浮気調査事例に戻り他の事例を見る。

バナースペース

MKリサーチ探偵事務所|千葉

〒260-0032
千葉市中央区登戸1-16-1 5A

TEL 043-301-3735
FAX 043-304-5757