本文へスキップ

デートだけで不倫の証拠になりますか?|よくある探偵相談

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

デートだけで不倫の証拠になりますか?|よくある相談、質問

「ホテルとか、相手の部屋とかに入っているわけじゃないですが、会ってデートをしている証拠はあります。それで不倫の証拠になりますか?慰謝料とれませんか?」

わりとあるご質問ですが、千葉の探偵さんがお答えします。

映画を見たり、テーマパークへ行ったり、花火を見に行ったり、飲食店で食事をしたり、居酒屋で飲んでいたりと、ホテルに行かない、相手の部屋にも行かない二人の行動の数々。

親しそうな様子ではありますが、それで不倫の証拠になるのでしょうか。



不倫の証拠が欲しい依頼人デートする職場不倫の二人


デートだけでは不倫の証拠といえません。



「他社で調査して証拠はとれたのですが、ホテルとか浮気相手の部屋に入るとかというのではなく、デートしているだけです。それでは不倫の証拠となりませんか?慰謝料とれませんか?」

このような質問を寄せられることはあります。

結論を言いますと、不倫の証拠とは言えません。

もちろん相手が認めたなら別です。

不倫の証拠と言われているのは、不貞の証拠のことです。

つまり、夫(妻)と相手に肉体関係があると断定、もしくは推測できうるという行動の事実を捉えたものです。

私たち興信所として立証できるのは、肉体関係があるに違いないと言える二人の行動を撮った写真、映像です。

例えば、ラブホテルに出入りしている二人。

人けのない場所で車をとめ車内で不貞行為に及んでいる二人。

また浮気相手の部屋に外泊したとか、長時間滞在していたとかも、不倫の証拠と言えそうですが、それ単体ではなかなか不貞の証拠として決定打に欠けます。


これについては浮気相手の部屋の出入りだけで不貞は認められますか?で解説しております。


とにかく、テーマパーク、行楽地でデートしている二人、レズトランで食事している二人を捉えただけでは、いくら手を繋いでいても、不貞行為に及んでいるとは言い切れないわけです。

もちろん、調査している探偵も、依頼人も、また第三者が見ても、「不貞行為があってもおかしくない感じよね」が心情です。

しかし、それで通るものではありません。

何度も言いますが、相手が認めれば「やはり不倫の関係だった」ってこと。

しかし多くの事例では、「それだけの証拠を叩きつけて、慰謝しなさい!」とか、「不倫だ!」って突っついても、「そこまでの関係ではない」と言い返してくるのがほとんどです。

ご自身の浮気夫、浮気妻をよく想像してみてください。

また浮気相手のことを知っている場合、相手のこともよく思い浮かべてみてください。

「無理だろうなあ、きっと言い逃れする、逃げるに決まっている」って感じる方は多いはずです。



千葉の興信所相談員不貞の証拠といえる調査報告書


肉体関係があるといえる証拠は絶対に必要です!



不倫関係をやめさせるために行動を起こす。

それなのに、デートだけの事実では、「それだけの関係なのに、なにか!?」「そういうところに二人で行ったけど、浮気していない」

こう都合よく返す夫(妻)がほとんどです。

となると、半ば開き直られ、「たったそれだけで会っていたのに、探偵つけてひどい妻(夫)だわ!」と、そこを責めてくる相手すら多い。

突っついた後、「認めなかったからまた調査するか」と簡単に考えても危険です。

探偵つけられたっていうことを知れば、その後は相当に警戒心が強くなるものです。

簡単には尾行させてくれないターゲットになるケースすらあります。

ですから行動を起こす際には、しっかり準備してやるわけです。
中途半端な状態であれば、失敗します。


幾度となく言ってきました。

相手にとっては、不貞行為に及んでる証拠までとられていないとわかった途端、より強気になるでしょう。


もう一度言いますが、不倫の証拠とは、肉体関係があるといえる行動の事実です。

他社で調査したなか、決定的な証拠までとれなく、単にデートだけ。それが二回あっても三回あっても逃げられる口実はあるわけです。

ですから不貞行為があるといえる証拠をとりましょう。

金銭がからんでくるのであれば、不貞の証拠が必要なのです。 

それが答えです。

当リサーチに相談されてきた場合、とれた証拠の内容を確認させていただき、どの程度の証拠があればよいか明確にして、ご相談を受けいたします。


よくあるご質問、ご相談メニューへ