本文へスキップ

部屋の出入りは認めたけど不貞行為の証拠となりますか?

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

不倫相手の部屋の出入りは認めたけど不貞行為の証拠となる?

浮気相手の部屋の出入りで不貞行為の証拠となるのか。
ご自身でつきとめた、興信所に依頼して事実を掴んだ方は必見です!

部屋の出入りを認めた、部屋の出入りの証拠がとれた。
不貞の証拠として有利に解決したい方は少なくありません。

このようなご質問、ご相談に具体的な事例をあげて解説します。



不貞行為を認めない浮氣夫浮気相手の部屋の出入りの証拠


男の部屋で暮らしているから不貞行為なはず!?



よくある事例ですが、このようなケースがありました。

妻は子供を連れて家を出て、その潜伏先は夫には秘密でした。

しかし夫が探っていたところ、妻がとあるアパートに入っていったのを目撃したのです。

そしてしばらく監視していたところ、一人の男性も入っていった。

妻は別居先から再三離婚して欲しいと言ってきていたのですが、夫は離婚する気持ちはありません。

まして妻が出て行く前、妻の浮気を疑うこともなかったようですから、妻が入っていった部屋に見知らぬ男性が入っていった事実に驚きました。

「妻がそこまで離婚したい理由って、男か・・・」と夫は確信し、興信所に依頼することにしたのです。

そして調査を開始したところ、妻とお子さんとその男性が入っていった夫が目撃したアパートに住んでいたのです。

端から見れば、お子さんのいる夫婦のようです。

毎朝、その男性は仕事に出ていき、お子さんも学校に行く。

妻は日中、一人でスーパーに行ったりして、部屋にいることが多かった。

夕方にはお子さんも帰宅して、また男性も帰宅する。

そのような日常の生活を朝、夜の出入りを4〜5回(出と入りセットで1回)捉えた調査でした。

あいにく妻とその男性が二人きりでデートする行動には遭遇できませんでしたが、夜に犬を連れて二人で近所を散歩していた程度は捉えたのですが・・・。

このような事実であれば、妻は男の部屋に転がり込んで暮らしているということは明白です。

さらにその男性は妻の不倫相手であり、ただの知人であるはずがない。

もちろん不貞行為まである関係なはず。

こう誰しも思うでしょうし、この夫も妻が不貞に及んでいる!と確信するはずです。

ですから夫は部屋の出入りの証拠で、弁護士に依頼したのです。


興信所の証拠を見る弁護士弁護士に相談した浮気妻



部屋の出入りだけでは不貞行為があったとまで認められなかった



夫が弁護士をたてたところ、妻も弁護士をたてて対抗してきました。

これもよくあることです。仮に夫が妻の浮気相手に慰謝料請求をした場合、浮気相手が弁護士をたててくる事例もよくあるものです。

さて夫と妻の決着はどうなったのでしょうか。

結論は、
「不貞行為があるとは言えない」ということでした。

妻は頑なに不貞行為を否定。その男性のアパートはメゾネットタイプ。つまり二階建てだった。

一階に男性、二階に妻と子供が住んでいたと言い張ったのでした。

いかがでしょうか。仮に裁判になっても不貞行為までは認められないという判断のうえ、和解したということでした。

つまり妻が不倫していたという真偽については、シロ。

不倫に関しての慰謝料はゼロで和解したということでした。


いかがでしょうか。

このような事例はよくあります。ただ、妻とその不倫相手、夫の浮気であれば夫と不倫相手が、認めてしまう場合も多いことは確か。

もちろん相手が認めれば、たった一回の部屋の出入りでも不貞行為の証拠となるわけです。

しかし、世の中思い通りに事が運ぶ相手ばかりではありません。

今回紹介した実例のように、頑なに不貞行為を否定してくる相手もいます。

となると、部屋の出入りだけで不貞行為の証拠となるか については厳しいものと捉えてください。

部屋の出入りがあと何回あれば不貞行為の証拠となるのか?

5回あっても6回あっても、今回のような流れだと厳しいと思われ、やはり部屋の出入り以外にどれだけ二人の親密な関係を立証できる事実を掴んでいるかにもかかってきます。

よく妻にばれたり、白状する夫もいます。

不倫相手の女性の部屋の出入りは認めたけど、それがイコール不貞行為のある関係です!と認めたわけではありません。

浮気していたけど、肉体関係までは断じてない!って意味不明な屁理屈を言う夫すらよくいるのですから。

不貞行為の有無。結局最後はそこです。


興信所MKリサーチでは、不貞行為の証拠といえるかまで判断し、調査を進めますので、ご安心してご相談ください。


よくあるご相談|教えて!探偵さん メニューへ