本文へスキップ

依頼後、失敗と気づいた|探偵・興信所の選び方

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

依頼した後、失敗かなと気づいたら|探偵・興信所の選び方

契約して調査依頼した後、「選んだ探偵社は失敗だったのかな」と感じたらどうしますか?
調査が始まった後、依頼先を変えようかと悩む方は少なくないようです。

慎重に選んだつもり、知人や先生に紹介されたから疑いもなく依頼したのに、現場が始まったら期待外れな結果ばかり。

この項は、「失敗しない探偵・興信所選び」なのですが、もし依頼した後に依頼先は失敗だったのか!?と感じたら、見極めをどうするかについて解説します。



探偵選びする妻再調査の相談受ける興信所


本当に結果がつかめるのか!?



かなり慎重に選んだ探偵社。費用も高くないし良心的料金。

相談員と面談した印象も、非常に親身で話しも通じよく理解してくれている。

「辛い私の立場をよくくんでくれている」と感じます。

しかし調査が開始されたら、夫と浮気相手が接触している様子なのに、証拠がつかめないときた。

一度ならまだしも二度目もダメだった。

とても難易度が高い現場だそうで、探偵さんも手こずっている様子。それは説明を受けると何となく理解もできる。

また探偵さん(相談員)に対しての印象が悪いとか、依頼した探偵事務所が酷いとかいうこともない。

ただ、「証拠がつかめない。」だけのこと。

調査が空振りもあれば、予想外の展開でうまくいかなかったこともありましょう。理由は様々です。

あなたがその探偵・興信所に依頼した理由は何でしょうか?

探偵社の見てくれ、相談員の人柄、そして良き相談相手、もっと言いますとカウンセリングを求めて費用を払った(払う)のではありません。

「そういう部分も求めたいです」というお気持ちはわかります。

しかし、探偵に依頼した理由は、まずはです。

あなたの「欲しい結果を得ること」だったはずです。ただそれだけのこと。

そこは絶対に忘れてはなりません。

もちろん依頼する前に、「まさかこんなことになるとは」、「大丈夫だと思ってたのにがっかりです」と、わかっていたらこんな悩みは起こりえません。

契約を済ませ、いざ調査が始まった後にわかったことです。


他の興信所に相談する依頼人


調査の進捗状況は都度確認するべきです!



「調査結果はすべて終了するまで教えてくれなくてけっこうです」という依頼人様はたまにいます。

途中で黒の結果がわかったら、「態度に出てしまうかも」という不安な方もいますし、

「ちゃんと結果はとれるだろうから途中知ったところで、、、終わってからちゃんと見せてくれるだろうから我慢します。慌てません。」という方もいます。

やはり共通することは、「浮気の証拠がつかめること」を信じています。

しかしです。結果報告のとき、「何も動きはありませんでした」とか、「接触した様子はありましたが、不可抗力で証拠が撮れませんでした」と言われたらどうしますか?

ありえることです。まれに耳にする事実なのです。

その時点で思いますでしょうか、「途中で言ってくれたらよかったのに」と。

調査は終わってしまったのです、完全に手遅れです。


ただ、実際には「調査した日にはその日の様子(結果)を教えてください」と言われる依頼人様が多いもので、他社様でも同じ傾向なはずです。

またその日、ターゲットが不倫相手と接触した様子かどうか、わかる依頼人様も多いご時世です。

だから、「ちゃんと証拠が撮れた!?」か、「どんな内容の収穫だった?」のほうに依頼人の関心は向けられます。

しかし、まさかのダメだったコール。撮れなかった返信メール、、、

良しと踏んで信頼して依頼した探偵社さんからのまさかの回答だったのです。

それが1回、2回と繰り返す。

もちろん浮気の証拠がとれなかった理由は聞いているが、2回目、3回目。

となると、普通はです、こう思ってもきます。

「このままずっと証拠が撮れなかったらどうしよう」と。

「この探偵(興信所)さんにこのまま調査を依頼していて本当にちゃんと事実がつかめるのか」と不安になります。

これはよくある例なのです。
ひとつの事例をあげますが、車の中で不倫している二人。いつも真っ暗なひとけのない公園に車で向かい、そこで不倫している様子。

探偵社さんの話では、あんな状態では証拠は撮れないとあきらめている。

違う動き(密会の仕方)のチャンスを待ちましょうと。

しかし同じ行動は繰り返すものです。

車中ばかりな二人は、その確率が大ですし、浮気相手の部屋ばかりの二人は、やはりその確率が大なわけです。

であれば、一番確率の高い不倫行動を想定して現場対処するしかありません。

依頼した探偵社の技術力なのか、単に失敗したのか。

まだはっきり言ってくれるだけよいのですが、納得がいく説明があっても、「証拠がとれないのでは」という疑惑は払拭できないのですから、現実的に捉えたほうが賢明です。

そうです、いったん打ち切ったほうが賢明だということです。


浮気の証拠をとった探偵


具体的に結果を途中で見ることも必要です!



依頼人様は結果にもっとシビアになるべきです。

探偵・興信所に期待するのは”頼んだ仕事をきっちりやる”ということです。
結果を出してもらうことです。

MKリサーチではたまにおられます、「途中ですが、どんな状況か伺ってお話し聞いてもよいですか?」と。

これはこの先の作戦を練りたい、相談したいことがあるのですが、探偵さんが「結果とれました!これこれこういう流れでの証拠です」と聞いているばかりでなく、見てみたい(確認したい)ということです。

もちろん信頼していない、疑っているわけでもありません。

でも探偵さんに依頼した理由は結果ですから気にはなります。

「時間合わせて事務所行くから、ちょっと見せてみー(苦笑)」は理解できます。


とにかくです。良しと思って依頼した後に、「失敗だったのかなあ」と感じることはあります。

クロ(二人が会った)のはずだったのに、まさかのダメだった結果。

これが二度起きたら、どんなに探偵社さんの担当がいい人でも、いったん打ち切ることをお勧めします。

シビアな方であれば、一回でも問題視されます。

しかし逆の理由。きちんと結果(証拠)は積み重なっているが、相談員(担当の探偵さん)と何かかみ合わない。意思の疎通が、、、。

きっちり仕事してくれているのであれば、お互い大人の対応で割り切るしかないでしょう。

調査を打ち切る場合、どのような契約内容で依頼されたかによりますが、ここで打ち切ったら返金はどうなのか。
消化している時間数はどうなのか、確認は必要ですが、

仮に調査時間数がまだ残っていたから、「じゃあその分、調査してください」はNGです。

返金が少しでもあるなら違約金をとられても、止めたほうが賢明です。

同じことの繰り返しは目に見えているわけで、よく受け止めてください。

また探偵業法が制定されていますので、依頼人様に莫大な不利益になることは起こりませんので打ち切ることに不安を感じることはありません。

はっきり言わなくてもよいのですが、「ここでいったん打ち切りたい、打ち切ってください!」とはっきり言うことです。

まっとうな探偵社であれば(ほとんど大丈夫です)、空気を読んでいるはずですから、「なんでよ!」「ダメだって」となりませんのでご安心してください。

せっかく依頼したのだから、何としても浮気の証拠をとってもらわないとと意気込むと負のスパイラルに陥ることもありますのでご注意ください。


失敗しない探偵・興信所の選び方へ