本文へスキップ

依頼の仕方を教えて!よくある興信所への相談。

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

依頼の仕方を教えてください|よくあるご相談

 面談は事務所にうかがうのか、予約制か、また何日前に契約したら調査に入れるかなど、興信所へ依頼を検討されている方から寄せられる質問にお答えします。

 お客様のご依頼の流れを浮気調査を例にとって具体的に説明します。

 相談時にご注意していただきたいことも解説しますので探偵・興信所選びの参考にしてください。


不倫調査を依頼したい茨城の妻


 
面談は事務所、電話(メールで)予約してください


 
まずはお電話かメールで簡単に相談したい内容をお聞きします。

 氏名、住所など個人情報はお聞きしませんが、相談者の居住地域(例えば、千葉県千葉市とか、船橋市程度)と、浮気調査であれば推測される現場の地域はお尋ねします。

 その際、お話を聞いた相談員は、依頼をお受けできるか、また調査の方法、料金の目安などをお答えします。

 電話相談中、「会って相談してみたいな」と思われれば、事務所に来所して面談することになります。

 面談は無料ですが、事前にお客様が来所できる日時を指定してください。

 相談員の予定と合えば(できる限りお客様の都合に合わせております。なお、土日祝日も可。また面談時刻も、朝早くても、夜遅くても構いません。とにかく事前にお約束していただければです)

 なお、まれに急に事務所に来られる方もいますが、他の相談者との面談中だったり、調査で不在の場合がありますので、事前アポは必ずお願致します。

 もちろん、当日でも「これから大丈夫ですか?」とか、「午後*時ころお伺いしたいのですが」でもけっこうです。

 お持ちしていただくものは、浮気調査であれば夫(妻)の顔写真(スマホに保存している画像でもかまいません)。

 認め印。そして情報です。例えば、車を使用する夫(妻)であれば、車種、色、車両ナンバー、勤務先の名称、住所など。

 また浮気の経緯について把握している情報です。

 例えば、不倫相手について知っていることはこれに該当します。

 簡単にメモを書いていただけたらなお良いですが。

 お持ちいただくものは面談の約束をする時点でも、お伝えします。


 
面談して納得したうえでのご契約です。


 
調査契約は、相談者様が納得したうえで成立しますのでご安心ください。

 依頼されなかった場合についても面談は無料です。

 また「いつから調査に入れますか?」と急いでおられる方もいますが、弊所としてはできるだけ依頼者様の期待に応える所存であります。

 が、東京など都心型浮気調査など、面取りなど事前調査が必須な場合とか、何かしら準備が必要な場合、「明日から開始できます」でなく、「二日後から開始できます」、「事前調査が終了してからですので数日待ってください」と答える場合もございます。

 なお浮気調査を契約された場合、夫(妻)の顔写真はお借りし、画像は転送していただくことになりますが、他の情報を含め外部には漏洩することはありません。

 守秘義務は厳守しております。

 面談時に、契約書を交わしたのであれば、契約は成立です。

 契約時決めた支払い方法で該当料金を、後日振り込みしていただきます。

 予測されそうな総額料金を面談時に準備していただくことはありません。

 あとは相談員と連絡を密にし、不明なことは質問しながら、事実を得るため(証拠収集のため)、現場開始を待つのみです。


 よくあるご相談に戻り、他の相談、質問を見る