本文へスキップ

契約の前後に依頼者が交付される書面について解説します。

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

契約の前後に探偵から交付される書面

 探偵業務を依頼される際、契約しようとする時と、契約締結した時に交わす契約書面が必要になります。

 契約書類不備の探偵業者にご注意ください。

 平成19年6月1日から施行された「探偵業の業務の適正化に関する法律」により、探偵・興信所が依頼人と交わす書面について明確な規制が定められました。

 今までは興信所個々の内容の契約書で対応していたり、契約書すら交わさずに依頼を請け負ったりするケースなども耳にしましたが、探偵業法第8条関係により、書面で明らかにするべき内容が明確にされたため解説します。


重要事項書面を交付する探偵


 
1.契約の前に必要な契約前書面

 これは探偵・興信所と契約を締結しようとするときに、依頼人が交付される書面のことで、契約前書面といいます。

 依頼をしようとする方に、探偵相談員は重要事項の説明を書面を交付しなければいけません。

 では契約前の書面で説明される重要事項とは何か解説します。

 ・依頼を受け業務を行う探偵・興信所の名称、住所(法人は代表者の氏名)を明確にします。

 ・秘密の保持を徹底するわけですが、守秘義務を厳守するにあたってどんな措置を講じるか。

 また、取得した結果や資料はどのような場合において、外部に通報、報告、証言できるか等を説明しています。

 ・探偵・興信所が提供することができる業務の内容を、収集できる情報、実施できる調査方法、人員体制等から必要な日数や時間数。
 そして結果報告の期限とか報告方法を明らかにしておきます。

 ・依頼された探偵・興信所が他の業者に業務を委託する場合、委託する業者の基礎的事項、委託する業務の内容、依頼人の氏名等を通知するか否か等を明らかにします。

 ・依頼人が支払わねばならない料金について、探偵業務にかかり得る最大級の総額料金、その算出の根拠となる個別の料金設定等を詳細に明らかにする必要があります。

 ・契約の解除に関して、依頼人が契約を解除することができる事由のほか、契約解除の場合の違約金に関する詳細も明らかにします。

 ・探偵・興信所が業務に関して作成、取得した資料は何かを明確にして、処分については時期や方法をどうするか明確にします。

 以上が記載された書面を交付され、依頼人の業務案件についてどのようになるか説明を受けます。

 そして、上記重要事項の説明に納得した後、契約に入りますが、契約を締結した時は、遅滞なく、契約の内容を明らかにした書面がさらに交付されます。

 これを契約後書面といいます。


契約前後書面を交わす千葉の依頼者


 2.契約締結時に遅滞なく交付される契約後書面

 契約後書面で明らかにする内容とは何か解説します。

 ・業務を請け負う探偵・興信所の名称など基礎的事項を記載し、担当した相談員(スタッフ)の氏名、契約した年月日も記載します。

 ・請け負う調査の内容から、調べる期間(日数、時間数)。そして調べる方法手段等も記載します。

 ・依頼人への結果報告の方法と期限等を明らかにします。

 ・探偵業務を他の探偵業者に委託する場合、委託先の名称など基礎的事項から委託する業務内容等明らかにして記載します。

 ・依頼人が支払う料金、支払い時期、支払い方法を明記します。

 ・契約解除に関する定めがあればその内容を明記します。

 ・探偵・興信所が作成した報告書、資料の処分についてどうするか決めます。

 今までの契約書の中にも記載されていた項目もありますが、この契約後書面で、必ず明らかにすべき項目が明確になりました。

 よって依頼者様の利益、保護に値するものですのでご理解いただきたく思います。

 そしてもうひとつ確認されるべきことがあります。

 「業務の実施に関する規制」ですが、

 探偵・興信所は、業務に係る調査結果が犯罪行為、違法な差別的扱いその他の違法行為のために用いられることを知ったときは、探偵業務を行ってならないというものです。

 つまり依頼人に約束していただく書面で、調査目的確認書とか誓約書という書面になりますが、調べた住所氏名などがストーカー犯罪に繋がる事件も世間を騒がしておりますことはご存じかと思います。

 浮気調査などほとんどの依頼者様の案件に関しては問題ありませんが、結果を違法な行為のために用いられることを確定的に認識した場合ばかりでなく、違法な行為のために用いられる可能性があると認識した場合(もしかして、そういう可能性があり、そうなっても仕方がないと踏んだときも認識したときである)、いっさいの業務をお引き受けできません。


 以上、現在は契約に関しては、契約前書面、契約後書面、そして調査目的確認書(誓約書)の3つが必要となっておりますので、依頼しょうかとご検討中の方は、念頭においてください。


 契約書の確認を|探偵・興信所の失敗しない選び方に戻る。

 
 探偵・興信所選びは契約書面の確認を
MKリサーチ探偵事務所
電話 0120−8383−42

千葉・東京・茨城で正しい業務

バナースペース

MKリサーチ探偵事務所|千葉

〒260-0032
千葉市中央区登戸1-16-1 5A

TEL 043-301-3735
FAX 043-304-5757