本文へスキップ

暗い現場でも浮気の証拠はとれますか?|よくあるご相談

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

暗い現場でも浮気の証拠はとれますか?|よくある相談

 浮気調査でよくある暗闇の現場を想定して、「夫と不倫相手はかなり暗い場所で会っているようですが、証拠をとれるものですか?」という質問です。

 その暗さってどの程度のものですか?

不倫現場に向かう千葉の興信所スタッフ


 この程度の暗さならまだ序の口です!

 幾多の暗い現場に遭遇してきた弊所として、相談者がどの程度の暗い場面を想定しているかは「暗い」という言葉だけではわかりませんが、

 相談者、「暗い現場でも探偵さんはちゃんと証拠撮影できますか?」という質問に対して、

 相談員、「どのような場所か教えてください」とお答えします。

 相談者が言う現場は下記の通りでした。

 ○コンビニの駐車場の隅の方の暗い場所。

 ○薄暗いアパートとかマンションの玄関口(出入り口)

 ○けっこう暗いラブホテル

 ○暗いスーパーとかショッピングセンターの駐車場のすみ。

 ○ぽつんぽつんと外灯のある公園の駐車場

 代表的な「暗いですが」という現場をあげましたが、よくある現場です。

 相談者によっては現場で撮影しようとされた方もいますし、何度か現場に行って実感した方もいます。

 ただ以上のような現場であれば、弊所の見解としては、暗いといっても少々暗い程度のものです。

 ぽつんぽつんと外灯のある公園の暗さがじゃっかん想像よりも暗い場合がありますが、この程度の暗さであればけっこう鮮明に証拠撮影は可能です。

 もちろん、一般のビデオカメラ、ハンディカム、デジカメ、一眼レフ(かなりISO感度の優れたカメラは出ていますが)では厳しいでしょう。

 しかし、通常のカメラでぎりぎり撮影できる可能性のある現場です。

 ただ、カメラによるナイトモードとか赤外線ショットを使用しているはずで、結果を見ると、かなり難がある映像(写真)になる可能性も大でです。

 つまり、暗視カメラ、赤外線カメラというものを使用しているか否かです。

 浮気調査を中心に活動している興信所であれば、標準装備であるはずが、まったく使用していない(所持していない)事務所もありますので、注意が必要です。

 白黒画像ですが、人物に残像とか走っていなく、姿カタチが鮮明に映っている(写っている)映像(写真)であればOKです。


証拠写真を解説する興信所相談員


 暗闇になるとお手上げか!?


 相談者、「真っ暗です。何も見えません・・・。証拠とれますか?」

 探偵、「想像がつきます。下記のような現場ですよね?」

 MKリサーチが想定する暗さは暗闇です!例えば下記のような現場なのです。

 ○真っ暗な河川敷。ターゲットの車両がどこに駐車されているか、肉眼ではよく見えなかった。

 ○田んぼとか畑のど真ん中。何も見えません。

 ○海岸沿いの駐車場。外灯なんてありません。真っ暗です。

 もちろん接近したら見えます。

 しかし、明かりがないから離れたら全く見えないのです。想像つきますよね?

 それに輪をかけて調査員が侵入していきにくい場所であれば難易度はさらにアップしますが、仮に遠方からでも証拠撮影する位置があったとしましょう。

 相談者、「大丈夫ですか?」

 ここまでの暗闇になると「うちの機材でやってみましょう、大丈夫なはずです!」と回答してくれる興信所はかなり少なくなるはずです。

 このような現場になりますと、こだわった機材が必要になってくるからです。

 弊所でいえば、暗視カメラに大口径のデイ&ナイト電動ズームレンズを装着して、かつかなり強力な不可視の赤外線投光器を照射させます。

 シビアな数字で言いますが100メートル程度であれば超真っ暗闇でも撮れます!

 ただ車内の様子となってくると、真横真後ろからだと理想は50〜70メートルくらい接近できれば、車中不倫の証拠撮影も可能になります。


 詳しくは、暗視撮影の方法で解説しております。


 このような現場で、最初にあげた暗い現場と同じようにただ暗視カメラだけとか、照射力の弱い赤外線カメラ、投光器ではかなり無理があるでしょう。

 よって、ここまでくると、「接近してぱしゃり」とか匍匐前進とか冗談みたいな証拠撮影という話しも出てくるわけで、探偵社によっては対応不可能な現場と化すわけです。

 探偵のよくある現場ではあるが、かなりマニアックな現場ともいえ、職人が仕事する領域かもしれません。

 しかし地方で浮気調査に携わっている興信所であれば、避けて通れない不倫現場であることは間違いありませんし、珍しくもないのです。

 よって、MKリサーチでは真っ暗闇でも対応できる機材を所持しておりますので、安心してお任せください。


 よくある相談|教えて!メニューへ