本文へスキップ

不倫は共同不法行為という壁|よくあるご質問。

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

不倫は共同不法行為だから慰謝料請求できないの?

 離婚するにあたって、ある程度の条件を提示してきている夫ですが、浮気相手に慰謝料請求をしたら、逆切れして夫の支払う気持ちが変わるのではと心配です。

 波風立てないよう、浮気相手には何もしない方が賢明でしょうか。私は後悔しそうな気がします。

不倫相手に慰謝料請求する依頼者の妻


 このようなご相談者のお気持ちがおわかりでしょうか。

 つまり、不貞行為という妻(夫)の立場を脅かす不法行為を行っていた二人のうち、不倫相手だけが一人蚊帳の外で、傷を負わないことに到底納得がいかないからです。

 夫の方にだけ慰謝料、財産分与を請求し、不倫相手に何もしなかったら後々きっと後悔すると思えてならない・・・
 そのようなお気持ちなのです。

 でも協議で何とかなりそうなのに事を荒立てたら、夫は逆切れして、条件を撤回してしまわないだろうかと不安です。いったいどうすればよいか。

 まず一度整理します。”共同不法行為”という言葉を耳にした方もいるでしょうか。不倫における共同不法行為とは、不貞・不倫行為を行った二人が連帯して損害賠償義務を負うべき行為という意味です。

 ですから、配偶者にも不倫相手にも慰謝料請求ができることは言うまでもありませし、不法行為を犯した二人はその責任の範囲内で損害賠償を支払わねばなりません。

 わかりやすい言葉で言いましたが、”二人の責任の範囲内で・・・”がポイントです。
 
 不倫は二人で行った不法行為ですから、配偶者と不倫相手の両方に慰謝料請求は可能です。また、どちからか一方だけに慰謝料請求することも可能です。

 しかし例えば、配偶者である夫が支払った慰謝料が責任の範囲を超えた場合、十分な慰謝料が支払われた場合、さらに浮気相手に慰謝料を請求することは難しいのです。

 ですから弁護士も、慰謝料請求について、”合算で***万円が相場でしょうか”みたいなことを言われます。

 旦那と不倫相手の女・・・合算で400万円、300万円とか。極端なこと言えば不倫は共同不法行為だから、旦那が責任の範囲である400万円を支払えば、妻はそれ以上不倫相手に慰謝料を請求できないということです。

 まあ支払ってくれるなら制限はありませんが、裁判所は責任の範囲以上の慰謝料までは認めません。

 やはり事を荒立てないよう配偶者の分だけで納得して、不倫相手の女には請求しない方がよいということか・・・

 ましてある程度の離婚条件を提示してくる浮気夫もいるものです。

 もちろん多少たりとも経済的な余裕がある人の場合ですが、それは早く離婚したい焦り、また多少の引け目という何とも理解し難い感情も持っているものです。

 それは自分の子供さんに対する情が捨てきれないところからくるものなのです。

 そうでなければ、離婚した妻や子供たちがどうなろうと関係ない!的なスタンスでまったく誠意のない回答ばかりしてくるはずです(そんな方も多いものですが)。

 ただ離婚問題で苦しんできた妻にとって、またそれが夫の不倫に絡んだ問題であれば、きっと不倫相手も許せない感情は湧き出てくるものです。

 そんななか、夫が十分な慰謝料や財産分与を提示してきたから、女は許そうか とは到底すんなり思えません。

 また、いくら夫が、「彼女に対して慰謝料請求することはないだろう。それは俺が払うから取り下げろ!でないと・・・」と、逆切れしても、”でないと・・・”の後に続く言葉に怯えても、”はいわかりました”といくわけがありません。

 つまり、このまま不倫相手に何もしなかったら、きっと後悔する からです。

 ですから、世間一般の慰謝料とか過去の判例とか、そういったことも大事なのでしょうが、支払ってくれるならそれも判例ですし、相場なんてあってないようなものだとも思えます。

 物事をシビアに固く考えていくならば、確かに”共同不法行為”だから、”求償権があるから”と頭の痛いものにがんじがらめになりましょう。

 もちろん、たとえ不倫相手の女から慰謝料をとれたとしても、そのお金は配偶者の旦那の財布から出ている可能性も大です。
 もはや何が起きても不思議ではありません。

 けれども、不倫相手にもそれ相応な対処を実践したことは、”何もしなくて野放しにしておいた”よりは気持ちの整理がつくでしょう。

 行動を起こさなかったことに対して、近い将来、もしくはずっと先になって、後悔してしまうかもしれません。

  不倫相手に”あなたのしてきたことは許されるべきことでないとしらしめたい気持ち”が取り除くことができない方に対しては、

 不倫における共同不法行為、求償権というもの(求償権を浮気相手に放棄させたいを参考にしてください)を解説したうえで、不倫相手に対してもきちんとケジメをつけた方が良いとのスタンスで、力添えしている次第です。

 
 よくあるご相談|教えて!千葉探偵に戻り他の相談事例を見る。

バナースペース

MKリサーチ探偵事務所|千葉

〒260-0032
千葉市中央区登戸1-16-1 5A

TEL 043-301-3735
FAX 043-304-5757