本文へスキップ

不倫相手に求償権を放棄させたいのですが。

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

求償権を不倫相手に放棄させることってできますか?


不倫の求償権を説明する探偵


 興信所MKリサーチの探偵相談員に、ある千葉県の奥様からのご相談です。

「浮気調査で不貞の証拠をとってから、夫の不倫相手に高額な慰謝料を請求したいのです。

 が、私が夫の不倫相手から慰謝料をとったら、彼女は夫に金銭を要求できると聞きました。それは絶対に嫌なんですが、できなくさせることはできるのでしょうか。」

 また、別の千葉県の相談者は、

「夫はもう不倫相手に慰謝料を請求するなと言ってきています。
 そんな夫ですから、私が夫の不倫相手から慰謝料をとったら、もしかして全額を不倫相手に支払うかもしれません。そんなバカなことは許せません・・・」

 いずれにせよ、
「夫から浮気相手にお金が流れるのが嫌」ということなのです。

求償権を放棄させたい夫の浮気相手

◆求償権とは

 不倫における求償権とは、簡単に説明しますと、不倫(不貞行為)は二人でするものです。

 つまり不貞行為を行なった夫と不倫相手の二人の共同不法行為となり、不倫の慰謝料も二人の連帯債務となります。

 よって、相談者の妻が、夫の不倫相手に慰謝料を請求し、彼女が相談者に慰謝料を支払った場合、彼女は相談者の夫にその責任の度合いに応じて請求することが可能なのです。

 これを求償権といいます。

◆浮気相手の女性に求償権を放棄させられるのか

 結論言いますと、
求償権の放棄を約束させることはできます。

 「本来は自分たち夫婦のために使われる大切なお金が浮気相手に流れるななんて絶対に嫌。」という思いの方が多く、
 「夫はお金がないから借金してでも彼女に支払うことになるでしょう。

 夫が借りたお金は夫婦である私にも責任がある」と不安になられる方もいます。

 不倫相手との示談の際に「求償権の放棄」を記載し約束させ、それによって、不倫相手が支払う金額の交渉が出てくると思われますが、不倫相手の方から相談者の夫に金銭の請求はできないようにすることは可能です。

 ◆求償権を放棄させて意味があるのだろうか

 さて、不倫相手に求償権を放棄させたところで意味があるのでしょうか。
 一定の効果がある場合もあれば、
「求償権を放棄させても意味がなかった」なんていうこともあるのです。

 どうしてか・・・

 「相談者の夫が不倫相手にお金を渡すのは自由で、それによって、不倫相手がお金を受け取るのも自由」だからです。

 よって、弁護士の先生によっては、「夫が相手からいくら請求されようが、夫が相手にいくら支払おうが奥様には関係ないのでは」と論すケースもあります。

 要するに求償権を放棄させてもあまり意味はないというのが根底なのです。

 結局、不倫相手にお金が流れることになりかねません。

 興信所MKリサーチの探偵相談員としては、「求償権にこだわらない方が良いのでは」との持論なのですが、

 それは、夫婦修復を望まれるという前提で、不倫という過ちを犯した夫の罪を自覚させるために、懲りさせた方が良いとの思いだからです。

 もしそれが誰からかお金を借りることになったとしても、返済義務=罪の償いという証ということで良いのではないでしょうか。

 求償権をおそれて、不倫相手への慰謝料請求を止めること・・・これは、不倫に終止符を打たせるという意味からすると、絶対にあってはならぬ対処だと思います。

 不倫相手から慰謝料をとる、きちんとけじめをつけることで、精神的な苦痛を被ってきたあなたの気持が一歩、二歩前進していくのです。


 共同不法行為だから不倫の慰謝料請求はできないのかもぜひ参考にしてください。


 よくあるご相談|教えて!千葉の探偵さんに戻り他の相談事例を見る


 夫婦間の問題は探偵・興信所MKリサーチにご相談を
年中無休 無料相談受付
電話 0120−8383−42

バナースペース

MKリサーチ探偵事務所|千葉

〒260-0032
千葉市中央区登戸1-16-1 5A

TEL 043-301-3735
FAX 043-304-5757