本文へスキップ

元夫に探偵つけられた!|興信所日誌

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

元夫に探偵つけられた!|興信所の調査日誌

元夫はストーカーか!?
復縁を迫る元夫が元妻の不倫を確信して探偵をつけたという経緯。
それなのに、なぜ、我が興信所が調査することになったのか。

妻は不倫していた。
離婚してから気づく元夫も意外といるものだ。

しかし、この事案,なんでまたうちが調べることになったのか。
世の中、探偵をつける理由もいろいろだ。

しかしこの元妻、また探偵つけられるとは夢にも思っていなかっただろう。



元妻の不倫調査の依頼人職場ダブル不倫している妻


探偵に不倫の証拠をとられた元妻



依頼人は元夫だったという。

なぜわかったのか。

元妻の不倫相手は、この元妻が勤務している会社の社員だったのだ。

相手男性も既婚。つまり職場ダブル不倫だった。

依頼人の元夫が離婚前にどこまで気づいていたかわからない。

不倫とは違う理由で追い詰められ、離婚に至ってしまう夫婦もいるから、元夫は元妻に男がいたとは知らなかったかもしれない。

ただ後になって、「おかしいぞ!」って気づくこともある。

元夫の心証としては、離婚はしたくなかった、納得がいかない感があるからアンテナは立ちっぱなし。

そんななか、男の気配を感じたのか。

多分、自分で家を見に行ったり、張ったりしておかしいと確信したのだろう。

で、元妻の不倫の証拠収集をうちではない興信所に調査を依頼したという。

離婚した元妻はノーガード、無警戒だったろう、その頃は。

まんまと不倫の証拠、しっぽを掴まれた。

で、その男は同じ会社の既婚男性だとわかったわけだ。

探偵の証拠を得た元夫は、妻を脅したらしい。

妻もまさかばれるとは思っていなかったし、職場に言いふらされたら大変だ。

あと、不倫相手の奥さんにばらされたらそれも困る。

そして元妻のとった行動は、

民間の一企業だが、どうもその会社の社長が、不倫とか曲がったことが大っ嫌いらしかった。

それはすべての従業員もそう感じていたなか、元妻は先手を打ったわけだった。



既婚の不倫相手がいる妻


会社に事実を先に暴露した元妻



彼ならやりかねないと踏んで、職場不倫が元夫にばらされる前に、ガチで会社の社長に言った妻。

不倫であったことは事実だけど、筋を通して離婚した。

そして彼のことは好きであり、交際を続けたいと。

本気感を訴えたわけだった。

しかし、その彼はまだ既婚だ。

妻子のいる家にちゃんと帰宅している男だ。

もちろん会社の社長もびっくりした。

けど、元妻が自分から覚悟を決めて言ってきたため、厳しき沙汰はなかった。

そのような経緯を経て、我が興信所に相談にやって来たのが、この社長。

表向き、「まだ不倫しているかどうか確認したい」ということだった。

社長にとっては、従業員どうしの素行調査という名目だったが、最初は、この元妻と関係しているか、気に入っているのかと思った探偵だが、

「そういう理由は断じてない」とのことだった(苦笑)。

「しかし、まだ続いているのであれば、よくはない。調べる必要があるかと。ちょっとした暇つぶしですわ」

そんな感じで言ってはいたが、元妻は探偵つけられたばかり。

それ相当に警戒していた様子ではあったが、二人の親密度は相当なもの、切れない二人だろうと思った。

一人住まいの元妻の部屋に招き入れるときも、やたらと周囲を気にしてたり、見知らぬ駐停車車両を確認していたり、

そしてラブホテル行くにも、別々に入っていく姑息な手段をとって、探偵に証拠をとられにくい方法を実践していた始末。

けど、出てくるときが一緒なら、警戒行動も水の泡だよね。

もう7〜8年も前の事案だけど、この二人はいったいどうなったのか。

探偵が思うに、いつまでたっても離婚しない彼との不倫だと感じてならない。



興信所の浮気調査日誌|メニューへ