本文へスキップ

探偵つけるのは離婚したい人だけ!?

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

「探偵つけるのは離婚したい人だけ」という意見にこう思う

「探偵つけるのは離婚する場合だけ。」、「離婚しないなら探偵の証拠まで必要ありません!」っていう見解に対して、MKリサーチはこう考えます。

探偵の不貞の証拠が一番必要なのは、夫(妻)の不倫で離婚したい方であると言ってきました。
ですから調査を迷っている方に対しては、「探偵をつける必要性」を伝えてもきました。

では、夫(妻)は不倫しているけど離婚はしたくない、離婚は回避したい。
そのような場合、いったいどうしたらいいのでしょうか。

火に油を注ぐことになるから探偵つけることはNGでしょうか?




浮気夫と離婚したくない依頼人夫と浮気相手の不貞証拠


「探偵つける必要はない人」はこういう方です!



離婚問題について解説してきてますが、ここでは逆の立場、「離婚はしたくない」「離婚されたら困る」という思いの方に対してお伝えしたいことです。

離婚したくないから、探偵つける必要はない。

興信所に依頼するのは、離婚を決めた人だけ。

そういう意見、アドバイスをよく耳にします。

つまり興信所つけて証拠までとった行為が、火に油を注ぐようなもので、さらに夫婦関係を悪化させる大きな原因となるリスク。

それを言いたいのでしょう。

だからどうするのか、、、と言うと、そのまま放置して様子見。もちろん夫婦関係を改善するよう頑張ること。

また、さらに浮気夫(妻)と向き合って話し合う努力を続けるということです。

中には、浮気相手がわかっていたら、冷静に話し合いに行く、そういう場をつくり不倫に終止符を打たせる努力をするという意見もあります。

浮気相手に会ってでの交渉は、ちょっと違いますが、いずれにしても波風を大きく立てないことが肝心だというのが根底にあります。

ですから、「興信所に尾行させしっぽ掴んで、そんな証拠を叩きつけたら大変なことになる!」という捉え方です。

離婚したくない、離婚は回避したいんでしょっ!?

ならば、そんなことしたら取り返しのつかないことになるわけです。

だから繰り返しますが、離婚したくないのであれば、探偵は必要ない!やめたほうがいい。

本当にそうでしょうか、、、、。


ではここからがそういう意見に対する反論であります。

もちろん私たちは調査する立場でありますから、利害を考えたら、「探偵つけましょう」というスタンスに決まっていると思われます。

それはないとは否定しません。

が、今回そういう探偵業者の利益とかは置いておいて、純粋に「離婚しないのであれば探偵・興信所は必要ないのか」について意見します。

幾多の浮気問題に遭遇してきた私たちからすれば、そういった意見、フレーズをこう置き換えます。

「離婚が嫌、離婚しないなら探偵つける必要はない」でなく、

「波風立てずに夫婦、家庭を維持、今の生活も維持しているなか、不倫を見て見ぬふりをず〜っとできるなら、探偵つける必要はない」

探偵までつける必要がない方はこういう夫(妻)であると断じます!


浮気夫と離婚したい妻探偵がとった不貞の証拠



本当にいつまでも知らないまま、できますか?



探偵つけてそれで叩くと、夫婦はより険悪になる、望まない離婚に発展する可能性もあるというリスクばかりをクローズアップする気持ち、意見もわからないでもありません。

でも逆に、そのまま見て見ぬふりができるのか、

この先も黙認したまま生活できるのか?

という問いに、「それももう無理」と言われる方がほとんどです。

そして、話し合っても無駄だった、何を言っても通じないも身に染みてわかってきています。

頑なに不倫を否定している夫(妻)が多いわけですから。

まして不倫相手のことまで知られていない状態であれば、嘘はさらにつきやすくなります。

離婚は嫌、離婚だけは回避したい のでなく、
離婚も回避したい、絶対に不倫も終わりにさせたい

ほとんどの方がそうであるはずです。

確かに見て見ぬふりをしていれば、夫婦は続く可能性は大です。

「もしかして切れたのか?」と錯覚するほどに感じる方もいます。

だって、過去浮気を問い詰めていたとき、突っついていた頃の浮気夫(妻)の悪態ぶりを知っているからです。その差は歴然です。

でも、そのまま放置してても見て見ぬふりができたとしても、苦しい日々を強いられることは間違いありません。

「どうして私だけこんな辛く苦しまなければならないのか、、、」と。

そして月日とともに、その不倫も変化ということは起きます。二人を取り巻く環境の変化も起きます。

ただ刺激を求めあっていた不倫が、いつしか、一緒になりたいという気持ちに変わる可能性も大です。

真実は浮気している方からは絶対に言うわけがない。

不倫を自分と相手だけの秘密として通していれる状態だから嘘もつき続けることができ、結果続けられる。

不倫はしていない、なぜ不倫と言えるのか?証拠もないのに、、、

まして相手のこともよくわかっていないのに、、、
そう思っている夫(妻)。

そういう思考であることをまずは認識してください。

そして結果、そのままにしたばかりに、どんどん発展し、末期症状になっていった。

それも不倫の行く末の一つのパターンであることも認識してください。

であるなら、放っておいてもよいのでしょうか?

できるのでしょうか?

そちらの方がリスクは大であると思えてなりません。


千葉の探偵相談員



探偵の証拠があったから不倫をやめさせた方も多いこと知ってください!



金銭的に慰謝させる条件を有利にもっていきたい。離婚を決めた方にとっては争点は条件です。

探偵のとった不貞の証拠が切り札となることは間違いありません。

では離婚しない方にとってはどうなのか。

ということは今真っ只中の不倫に終止符を打たせなければなりません。

終わらせるためには、誰と不倫関係であるのか、なぜそうはっきり言えるのか、、、を明確に舞台にあげる必要があります。

もう期待しても無駄です。

けっして自分の方から真実を言うわけがありません。

不安は、「探偵までつけて知った真実」であることのこちらの抵抗、そしてしている夫(妻)の逆切れが大きいのだと思います。

でもベールに包んでいても何も変わらない。

明確にはっきりした真実と証拠を盾に問い詰めなければまた言い逃れされる。

今度こそ今まで隠していたことを明らかにしたうえでのアプローチ。

うやむや、中途半端に把握していた疑っていた時とは違うはずです。

それは過去の多くの経験された方のその後の結果で明白です。


不倫をやめさせるためには、真実が必要。
はっきりとした真実が必要なのです。

探偵つけたから離婚、

探偵つけて証拠とったから離婚、

探偵の証拠で叩いたから離婚された。

そう直結した方はいません。

離婚した方は、された妻(夫)が自分の判断で、離婚はしたくなかったけど、もう離婚でいい そう気持ちが変化したケースの方が断然多いものです。

離婚したくないなら、探偵は必要なし!

短絡的に捉えないことです。


離婚問題は探偵MKリサーチへ