本文へスキップ

離婚したくなかったけど離婚でいいと変わった妻

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

離婚したくなかったけど離婚でいいに変わった妻

こんな浮気夫でも今までの絆があるし、家族でいたい。
だから妻は離婚を阻止しようと調停にも裁判にも臨んだ。
が、さらに悪態つく夫の本性を見るにつれて、、、

「私はこんな男と夫婦していたのか」「こんな男がこの子たちの父親なのか!」

変わり果てた夫の姿を見るたびに、妻はがっかりするばかり。

夫自身はまったく悪いと思っていなく悪態の限り。

妻はそんな夫を見ていくうちにこう思えてきた、「こんな夫はいらない!」と。




浮気夫と離婚したくない妻離婚を迫る浮気夫


夫と離婚したくないから妻は行動をとった!


私たちに相談されてくる方の60%程度は、夫との離婚は望んでおりません。

「いずれ」「もしかして」「相手のでかたによっては」と言われる場合も、離婚は望んでいないと私たちは感じます。

であればこのまま不倫を見過ごすわけにはいきません。

真実を知って不倫に終止符を打たせたいがため興信所に相談されてくる。

そして私たち興信所が調査し、真実を捉えるわけですが、不貞の証拠をとり、不倫相手のこともはっきりさせます。

そこで妻は今までみたいに感情に任せてとかでなく、しっかり計画を立てて夫と話し合うことができると期待して、実践される方もいます。

また夫に告知したか否かは別として、不倫相手に慰謝料請求される方もいます。

つまりどのようなアプローチの仕方であっても、妻は不倫を終りにさせるためにとった行動です。

弁護士をたてて行動を起こす方も少なくありません。

そしてその後、調停を申し立てて話し合う方も多いものです。

そもそも振り返ると、夫が離婚を迫ってきた。もちろん不倫のことはひた隠しして離婚を言ってきたわけです。

すでにその頃、夫の不倫を確信していた妻もいれば、あやしいと踏んでそれから調査を入れた妻もいます。

当然、結果はクロです、不倫相手は存在しました。

しかし妻はどうしても離婚に納得いかない。考えられない。

だからいろいろな方に相談したりもする。あらゆる情報をネットで収集したりもする。

そして不倫している状態だから離婚を言ってくる。女の存在があるから離婚を言ってくる、、、そういう結論に至ります。

だから妻はこの不倫をぶっ壊すため、不倫相手に矛先を向けた。

すると、予想外に不倫相手の抵抗(反論、反撃)、そして夫の女への加担と、さらなる妻に対する責めが酷くなった。

認めて詫びるどころか、さらに悪態をついてくることに驚くばかり、心底呆れてなりません。



探偵に依頼した妻


暴言、罵声と取り付く島もなくなる浮気夫


実際に妻が行動をとった後、大きく二つに分かれるものです。

一つには、確かに最初の頃、夫は切れますし、阻止しようとします。それはあくまでも不倫相手の保身のため。

しかし妻の覚悟を目の当たりにして、何も言わなく(言えなく)なる浮気夫たち。

離婚に至らないケース(夫自身、本気で離婚まで考えていなかった)が多いものです。

が、不倫の事実をおさえる前とか、妻が行動を起こす前から執拗に離婚を迫ってきていた夫の場合、その覚悟を決めた妻の一連の行動に、さらに悪態をつくものです。

さらに離婚を迫ってくる。
だから離婚なんだと。
そんなことまでするから離婚なんだと。

そして浮気夫がそうであれば、他人である不倫相手も同じのはずです。

二人は結託して無罪を主張、もしくは不利益を最小限にしようとします。

もちろん離婚を考えていない夫であっても、不倫相手が弁護士をたてることを指南したり経済援助したり、不倫相手が支払う慰謝料を工面してあげたりと、そんなのも多いのですが。

もっと酷い場合ですと、
もうまったく話になりません。

どういうことかと言えば、

不倫相手に請求した慰謝料に対して、不貞行為はないから払う義務はないというゼロ回答。

慰謝料を払う意思はあるけど、そんな額は支払わないという、ふざけた額の提示か、もしくは具体的に言ってこない(作戦!)。

さらに交際を絶つという誓約書を交わす要求に、答えない、書けない(書かない)とか、内容に難癖つけてくる。

これが不倫相手。まったく反省の意はありません。

そして浮気夫のほう。こちらもこうなったらほんと始末が悪いものです。

妻へ対する逆恨み!

女ともめている間、やたらと常に、横やりを入れてくる。

暴言、罵声は日常のこと、早く離婚しろ出ていけなんて呪文のよう。

あげくの果てには我が子に対しても辛くあたる始末。

夫の頭の中は、不倫相手以外すべて必要ない世界なのです。

妻が不倫を終わらせるため、夫婦を取り戻すため。こんな父親でもまだ慕っている子供のため、、、

すべての努力、がんばりが、無駄だったのか。

日増しに夫の悪態が目に焼き付いてきて、こんな本性の男だったのかと、目が覚めた。

「いらないわ!こんな旦那は」と、我慢の限界がきたわけです。

浮気問題が勃発してから、今まで見てきた夫の体たらくは並々ではなかったのですが、ここまで酷いとは。

調停も裁判も、夫婦継続のためだった。

でももういらないとある時期から、変わった妻。

こんな夫(男)のいない環境で、子供たちと暮らす気持ちになったという。

離婚問題が勃発して、長い月日を費やして、そう決心したことも、ひとつの選択ではないでしょうか。


離婚問題は探偵MKリサーチへ

そお