本文へスキップ

離婚を有利に進めるため探偵の証拠は必要です!

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

離婚を有利に進めるために浮気の証拠は必要です!

 浮気が原因で離婚する場合、相手方が不貞行為まで認めないケースはよくありますが、あなたが有利な条件で離婚するためには確たる不貞の証拠は必要です!

 ではその理由を解説します。

 夫(妻)が浮気をしているようだ。それを隠して夫(妻)の方から離婚を言ってくる場合もあれば、あなたの方が浮気を察し離婚を決心する場合があります。

 ただ相手はどこまで認めたのか。また、どの程度の離婚条件を提示してきていますか?

 まったく話にならない、そうではありませんか?

 このままだと離婚と騒いでいても堂々巡りです。


離婚するため探偵つかった依頼人


 
離婚をするにあたって、やはり最終的に離婚条件に行き着くものです。

 つまりお金、今後の保証とかです。

 お子さんが未成年であれば養育費の額や支払い方法、その他子供の福祉に対する件。面会に関する決めごとなど。そして財産分与も重要です。

 それに浮気に対するぺナルティとして慰謝料の額も決めなければなりません。

 それにプラス、不倫していた夫(妻)そして不倫相手に何としてもギャフンと言わせたい方も多いものです。

 ”不貞を認めさせたい”というのが正しい表現でしょうか。

 夫が浮気していて離婚を催促してきている場合、仮に妻は”離婚する際の妻の条件を提示”したとします。

 しかし、夫の反応はどうでしょう。ほとんどが、妻の条件は到底のめないとなります。

 夫を困らせるために法外な離婚条件を提示しているのであれば無理はありますが、ほとんどが常識(やや超えている程度)の範囲です。

 やはり支払う方は少しでも低く少なくというのが人の性です。

 自身の非を認め、十分な保証を約束して離婚しようとする夫は少ないものです。

 ただ、多くの依頼者様のお声をお聞きしますと、
浮気の事実をひた隠しして、普通に離婚してしまおうという魂胆な夫が非常に多いことに気が付きます。

 百歩譲って、以前ばれた、もしくは妻が問い詰めたら白状した、稀に何も問い詰めてもいないのに夫から自白してきたと、そんな経緯の方などもおられますが、いざ離婚の話になってくると、「もう会っていない」とか、「別に男女の関係があったわけでもない」などと手のひらを返したりしてくるものです。

 そのうち、「そこまで言うなら何か証拠でもあるのか!」と逆切れしたりして、とにかく夫婦だけでは堂々巡りなのです。

 ですから、
 浮気していることをひた隠す。
 今は関係ないと煙に巻く。

 そのうえで、離婚にもっていきたい夫たち。さらに必要最低限な離婚条件、できればさらに値切りたいと、そんな思考回路であるわけです。計算高いのです。

 浮気してもそんな程度のことで・・・
 不倫の慰謝料とか言っても、払う気持ちもないから、深く受け止めてもいない。

 どうせ不倫を立証できる証拠なんてないだろうし、まして相手がどこの誰かなんて把握しているはずがないと、高をくくっている夫(妻)がほとんどです。

 まれにばれたらまずいとか、以前にばれていて相当に警戒している夫(妻)もいますが、とにかく夫が離婚のために頭の中で用意している条件なんてたいしてなく、

 私は浮気なんてしていません。

 まあ家族のために一生懸命今までやってきました、なのにおまえは(妻)こうだった!とか、

 究極、妻との性格の不一致が離婚原因ですとごちゃごちゃ細かなことをあげてくる。

 浮気でなく⇒性格の不一致にすり替えです!

 夫婦間で浮気は周知の事実だったとしても、どうでしょう、離婚条件で追い詰められたら、過去のことは撤回したり、”記憶にない!”、”不貞まではない!”などとしらを切る可能性も大です。

 だから、必要なのです・・・浮気の証拠。

 やはり決め手は証拠なのです。

 浮気の証拠があれば、さらにどんなにとぼけても通用しません。

 言い方は乱暴ですが、
 とるものとって、とれるものとって別れたいという方×浮気をひた隠ししている夫(妻)

 *ある程度とれる資産はあるだろう。もしくは、あまりないけど、1銭も払いたくない態度の夫

 これに該当するケースの方、探偵を一番必要とされる方々だと断じます。

 はっきりとした証拠があれば、(裁判までいったらある程度の期間を覚悟しなければなりませんが)、「浮気なんてしてないですよ〜」と、とぼけながら離婚と騒いでいる状態より、早期解決は可能です。

 ただ、まれに浮気まで認めて離婚と追い詰める。

 慰謝料はどの程度払うのか?他にどう条件を考えているのか不明ですが、自身の不倫を否定しない、開き直っている夫もいます。

 もちろん、この場合でもいざというとき、どう手のひらを返してくるかわかりませんが、不倫相手のことははっきり確定しておくべきです。

 証拠収集については、それぞれの経緯によって個別にお話させていただきます。

 もう一度、お聞きします。以下に該当しませんか?

 夫(妻)が離婚を迫ってきている(その予兆がある)

⇒浮気していることをひた隠し、または認めない。性格の不一致の方向で離婚しようとしている魂胆みえみえ

⇒こっちも離婚でいい、けどとれるものはがっつりとって離婚する、もちろん不倫相手にも慰謝料請求しないはずがない!(夫(妻)との合算ですが)

 これは私だ!俺だって感じているのであれば、

 浮気(不貞)の証拠、不倫相手を知ること、一番必要な部類の方々です。

 一番探偵を必要とする相談者です。

 これ以上様子を見ている場合ではございません。


 離婚問題は探偵MKリサーチへに戻る。

バナースペース

MKリサーチ探偵事務所|千葉

〒260-0032
千葉市中央区登戸1-16-1 5A

TEL 043-301-3735
FAX 043-304-5757