本文へスキップ

スマホに保存している浮気写真|興信所日誌

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

スマホに入っている証拠写真|興信所の浮気調査日誌

 スマホに不倫相手の画像、もしくはツーショット写真を保存している夫(妻)たち。

 中にはスマホの待ち受け画面の女が相手だったこともある!

 スマホの中身を見ることができたなら、そこは浮気材料の宝庫だ。

スマホ証拠写真を見る夫スマホに保存した浮気相手の写真


 探偵は多くの相談者から電話を受けたり、依頼を受けるわけだが、近年非常に多くなってきたのは、夫(妻)のスマホに浮気相手とのツーショット写真が保存されていたケース。

 以前はパソコンの中に保存されていた画像を見てしまった妻(夫)が多かったが、今やスマホがほとんどだ。

 もちろんほとんどのケース、スマホにロックがかかっていて見れることは難しいが、ひょんなタイミングで見れちゃった。

 暗証を推測してロックを解除した方もいることはいる。

 調査をするともちろんスマホに入っている画像の不倫相手が現れるわけで、中には、待ち受け画面にしており、「俺のお好みの女」とか言って、人に見せていた夫すらいた始末。

 だから調査結果の証拠写真を見た妻は、「あ!待ち受け画面の女です!」と驚いていたケースもあったほど。

 不倫相手を自分のスマホの待ち受け画面にしているわきの甘さって相当なものだろう。普通ありえないことだ。

 開き直っている?というよりも、その程度ではあやしまれない、浮気とばれないと踏んでいるわけだ。

 もちろん、ロックすらせず、スマホの中身を見られている夫たちもいるが、自身を守るため、罪の意識は捨てて、少しでも有利になるように、浮気の材料の蓄積はやったほうがいい。

 仮に興信所に調査を依頼することになった際には、何も所持していない方の場合より費用対効果があるに決まっている。

 (費用対効果のある興信所料金とはを参考にしください)

 画像を見れた方より、ラインやメールのやりとりを見ている方のほうが断然多いが、もちろんそれも親密なやりとり、しっかり保存しておこう。

 ラブホテルに行ったことがどう読んでもわかる内容の文もあった方、過去何人もいる。

 こんなこそこそスマホを見るなんてことしたくない。という感情はあろうが、浮気問題に直面して解決したい一心で、情報収集してきた方は非常に多いのだ。けっして自分だけでない。

 今までの事例をあげると、ホテルの部屋で写した単独の写真、もしくはツーショット写真って意外と多い。

 他は飲食店でパシャリっていうツーショット写真。

 今やスマホも高画質なので、不倫の二人の顔もほんと鮮明、確たる証拠写真になるだろう

 依頼人によっては面談時、「これが相手女性の顔です」とか言って、スマホの中の画像を見せて(転送して)くれる方も増えてきた。

 ただ、これ単独だけでは決定的な証拠とはいえないことは、弁護士先生もよく言われるはず。

 具体的に不倫している興信所の証拠はあったほうが良いと促されすはずである。

 しかし不貞行為の動画まで保存していた夫もいるが、もしそれが出てきたのなら言い逃れのできない不貞の証拠だろうね。

 ただ、相手はどこの誰!?という話しになってくるので、やはり二人が接触した証拠から相手の居住先、氏名などの調査を必要とされる方は多い。

 怖い、不安、そして罪悪感。それを一旦捨ててチャレンジしてみてはどうだろうか。

 浮気夫(妻)のスマホの中に必ず情報(ヒント)は隠されているものだ。


 興信所|浮気調査日誌メニューへ