本文へスキップ

相談員とは必ず事務所で面談を!|探偵・興信所の選び方

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

相談員との面談は必ず事務所で!|探偵・興信所の選び方

失敗しない探偵・興信所の選び方で、必ず守ってほしいことがあります。
「相談員とは必ず探偵事務所で面談してください!」ということです。

「相談員とは探偵事務所で必ず面談しましょう」が、外すことのできない選び方、まずはここからだという理由を解説します。

依頼に値する興信所とは、「親身ないい感じの相談員(探偵)さんだね」だけでの判断では失敗します。

事務所で会えるのか、その事務所はどうなのかに敏感になってください。



事務所での探偵と相談者


オープンに安定的に探偵業務を行ってきている証です



探偵さんに相談するとか、探偵つけるなんてまさかのことです。

初めてのことですし、どう選んだらよいのか、わかりません。それは皆さん同じです。

信頼のおける第三者からの紹介とか口コミでない限り、スマホでサイトを閲覧して、イメージとか何となくで選んだりしている方が多いはずです。(もちろん検索結果で出た上から順に見てたうえで)

どのような視点でその探偵・興信所を選んでみたかは相談者それぞれですが、選択されたところが、いい探偵社さんでもあり、あまりよくない探偵社さんでもあります。

いい探偵社さんか、あまりよくない探偵社さんかは、最終的には調査結果というカタチを見るまでわかりません。

依頼人様が欲しい事実、証拠を、依頼人様の許容範囲の費用の中で、高品質な結果で提出してくれる探偵・興信所であれば、選んで正解だったわけです。

それが事前にわかれば、、、

ですから、まずは基本的なことですが、「探偵・興信所の事務所で面談できるか」ということを絶対に意識してください。

この探偵業界に関しては、弁護士事務所、不動産事務所、一般の会社さんと違い、必ずしもオフィッスを構えている探偵・興信所ばかりではありません。

皆さんが想像されているように、繁華街の雑居ビルの一室にとか、駅近くの(**通りの)**ビルにテナントとして入っているところは、数ある探偵社のなか、ほんのごく一部なのが現実です。

つまり相談者と面談できる事務所がなくても運営できるというか、なんとかやれる業界でもあるからです。

もちろん、きちんとした事務所がある=いい探偵さんとは言い切れません。

また、相談者と面談できる事務所がなくても、いい探偵さんはいることはいます。

ただ、初めて探偵・興信所選びされる方々にとっては、どこにいい探偵さんが潜んでいるかわかるはずがありません。

ですから、判断はどうしても誰に対しても公平に見れること確認できることになるわけです。

それがここで言ってます、
「きちんとした探偵事務所が実在する」ということです。

また、それは少なくとも、探偵業務を軌道にのせて活動している証です。
また意外と業歴も長い探偵・興信所が多いものです。

プロとして探偵業務に専念しているからこそ、事務所を構えて積極的に活動しているわけです。

そうでない社に比べれば、安定的に依頼もあるはずです。

安定経営できていないのに、探偵事務所を設けることは、なかなか難しい(実現性がない)業界であるともいえます。

面談は必ず事務所で!してください。

電話でどんなに相談員の対応がよくても、事務所にお伺いできますか?は曲げないでください。

まずそこを絶対条件に捉えることは、失敗しない興信所選びでは必要なことです。


興信所事務所に訪れた夫婦


その面談場所はどのような場所でしたか?



さて電話相談を終えて、実際に探偵事務所で面談することになりました。

わかりやすい場所でしたか?迷わないよう、「あ!探偵事務所だ!」とわかりましたか?

失敗しない探偵・興信所選びで、もう一つ肝心な点です。

訪問した事務所が、なんか胡散臭かったと感じましたか?

よくあるケースですが、レンタルオフィスである場合です。
その場所はそこで相談者と面談する際に使用するだけのオフィスです。

あまりにも殺風景なはずです。

つまり探偵事務所らしくないただの個室とでも言いましょうか。

東京都心の方に本拠地がある探偵・興信所が、広範囲から依頼をとるために、借りているわけです。

また、今までにそのようなオフィスで面談したことのある方にお聞きしますと、けっこうな高額料金を提示された方ばかりです。

それに輪をかけて調査を執拗に勧められたり、営業モードがすごかったとも耳にします。

面談する場所はただの談話室ではありません。

依頼しようと思っている探偵・興信所の姿勢を表すものです。

外見だけで判断するものではないとの例えもありますが、探偵・興信所選びは初めてのことですし、失敗したくないわけですから、目で確認できることしか今は測るものさしはないのです。

狭い広い、新しい古い、ごったがえしている、すっきりしていると、探偵社さんによって違いますが、うさん臭く感じず、「らしくやっていますね!」と感じるのが普通です。


探偵・興信所の選び方へ