本文へスキップ

至近距離での証拠どりの醍醐味!|興信所の調査員日誌

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

至近距離での証拠どりの醍醐味!|興信所の調査員日誌

遠距離から望遠でパシャリとターゲットを撮影する探偵をイメージする人は多いだろうが、わずか数メートルの至近距離での証拠撮影だってする!

そんな至近距離からの接写(苦笑)に”証拠撮影の醍醐味”感を感じるのは、もはや職業病だね。

「すごいアップですね!」と不倫する二人の顔写真を見て驚く依頼人。
常日頃やっている探偵にとってはいつものことだが。

デジタルズームなんて使うはずがない、5〜10メートル、場合によって数メートルからの撮影なわけだ。

そんな距離でズームしたら、顔のパーツがくっきりと・・・。
撮られるほうは気味悪いだろうなぁ。


茨城の浮気調査調査員


探偵が撮るターゲットの顔、姿のアップの写真や映像だが、その多くは50〜100メートルほどの距離を置き撮影しているものだ。

現場によっては数百メートルからの証拠撮影もなくもないが、そう頻繁には出くわさない。

田舎でも市街地でも、見失わない程度、邪魔になる障害物が入らない程度の距離で証拠撮影している調査員。

それでもわかっている調査員であれば、要所要所をわかりやすく大きく撮り、かつ斜め前方、真正面からのショットは自然と多くなるものだ。

あとは、使うカメラやレンズをよく考えて仕事しているはずだから、距離をおいても画質はわりと鮮明になる。

だから、探偵の証拠写真(証拠映像)を見た依頼人が、「こんな近くから撮ってばれないものですか!?」と質問されることって多いはず。

ただ、写真(映像)では近くから撮っているように見えているが、実際は、絶対にあやしまれない距離、また依頼人が想像している以上の遠距離から撮っていることが多い。

そんななか、どう見てもすぐ近く、すぐそこから撮っているような写真(映像)、

とても100メートル離れた位置から撮っているとは思えない写真(映像)、

そんな証拠撮影をする現場もある!

そう、至近距離からの接写とでも言おうか、それに探偵は証拠撮影の醍醐味を感じてしまうのだが。


証拠写真を見る茨城の探偵


ターゲットである夫がちょくちょく出入りしている不倫相手の家が判明した。

あとは不倫相手宅付近で張り込み(待ち伏せ)して、夫の出入り、不倫相手の出入りを証拠撮影するのが流れ。

さて、探偵は基本離れた場所をぐる〜っと見渡したり、歩いて見たりして、どの場所から証拠撮影すればよいか決めるわけだ。

つまり何度も出入りをばれずに撮り続けることが課された一つの任務だから。

離れた位置だとどうしても間に障害物があって邪魔ときた。

その現場では程よい距離をあけた場所がない。撮れない・・・。

「近くだ!」

探偵は、ターゲットの出入りを撮るのに非常にリスクがあるのだが、家のすぐ近く(斜め前や両隣など)に探偵車両を路駐させ無人車両を装うことにした。

実は後部座席には探偵一人潜んでいて、入っていくところも出ていくところも、かなりの至近距離から撮るわけだ。

もうこうなってくると、ターゲットが探偵車両の横を通過した際、車の方を見るだろう。

もちろん探偵も車内からカメラをターゲットに向けているわけだから、車の窓を挟んで約1メートル間隔でにらめっこ。
こんな接写もできるわけだ。

カーフィルム、またカーテン装着で車内の探偵が見える、ばれるはずがない。

これが日中であればもう緊迫感のある写真(映像)が出来上がる。

これぞ、リアルに至近距離から撮った証拠写真なわけだ。

車両内からの証拠撮影もだが、都心の現場など徒歩尾行の際、不倫の二人の前方に回り、すれ違いざまに撮影したり、飲食店内で近い席から撮影したりと、これもけっこう臨場感あふれる結果になるもので、100〜200メートルから望遠でアップを撮った結果とは迫力も違うはず。

もちろん、高レベルな300〜400mmクラスの望遠レンズを一眼レフにつけて撮るカメラマン的おたく探偵であれば、望遠でも迫力のある証拠写真を撮るのだろう。

しかし一般のビデオカメラやハンディカム、デジカメを多用しているのが実際であるから、距離をあければあけるほど、迫力が欠けることは間違いないだろうね。

年間通して数多くの現場を受けて一に撮影、二に撮影っていう感じでやっているけど、接写というか至近距離からの証拠どりは、「してやったり!」と撮った感を感じてしまうのは職業病だ。


浮気調査日誌|興信所調査員メニューへ