本文へスキップ

調査で得た証拠、写真、映像の保管、消去について教えて!

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

証拠写真、映像、知り得た情報の保存、消去について教えて

 証拠保管と消去に関するよくあるご質問に対して項目別に回答しますので参考にしてください

「探偵社がとった証拠の写真、映像は外部に漏れませんか」、
「証拠の原本はどういうカタチで保管していますか」、
「とった証拠は何年間保管しますか」などから、

「第三者から証拠の提出を求められたり、消去指示があったらどうしますか?」に至るまでよくある証拠保管についてのご質問にお答え致します。



証拠保存を説明する探偵 証拠保管と消去に関するよくあるご質問に対して項目別に回答しますのでご参考にしてください。

 ○証拠映像、証拠写真の保管はどういう方法か

 調査過程でとった映像は基本的に弊社のブルーレイディスク/DVDレコーダーのHDDの中に一時保存し、報告書に添付する提出用DVDを作成後、USBメモリーに保存します。

 なお、映像の消去の要請があればすみやかに完全消去致します。

 調停、裁判では基本的に証拠写真を使用するため、撮った映像についてはDVDをお渡しした後、すみやかに消去する方向でお話しますが、長期保存のご希望があればお受けしている次第です。

 なお、今現在(平成26年1月時点)、DVテープを使用したカメラは使用せず、カメラの内臓メモリー、32GB〜64GBのメモリカードですべての映像、写真は記録されます。

 そして証拠写真(静止画)につきましては、ウィルス侵入の危険がなく第三者に見られることもない安全に設置された事務所内のパソコンに一時保存されます。

 その後依頼者様に証拠写真付き報告書を提出した後、静止画はUSBメモリーに保存し外部の侵入者の危険のない安全な場所で保存しております。

 なお静止画についても消去のお申し出があればすみやかに消去しています。
  
 また保存希望があった映像、静止画につきましては、原則3〜5年間保管していますが、それ以降は随時消去される場合もございます。


千葉担当の興信所相談員 ○第三者からの開示請求、消去依頼があった場合

 依頼者を装ってとか、依頼者の身内からとか、調べられた対象者本人から得ている情報の開示とか、証拠写真、証拠映像の消去(証拠隠滅のため)依頼があった場合の対処は?

 そのような意味あいのご質問なのですが、ご心配されることはまったくありません。
 
 いかなる請求につきましても、依頼者様本人のみの対応とさせていただきます。

 仮に弁護士と称し保管証拠の提出、消去を求められてもいっさい応じません。

 また依頼者様の身内であって身分を証明された場合でも、応じることは不可能です。

 証拠の開示請求、消去依頼に応じるのは、弊社が依頼者本人に間違いないと確認できた状態(なりすまし防止のため)の依頼者様からか、警察からの要請があった場合のみとなります。

 ただ探偵・興信所が基本的に扱う案件は民事の範囲がほとんどですから、警察からの要請も極端な事例であるため、やはり依頼者本人でなければなりません。

茨城担当の興信所相談員
○すべてにおいて永久に依頼者様の秘密は守られます

 第三者が、「**の調査をしたか」とか、「**という者から依頼されたことはあるか」とか、実際に当探偵事務所に依頼された方を特定して聞いてくる場合も過去あります。

 また調査された本人から、「調べたのはおたくか?」という問い合わせも稀ですがありました。

 もちろん依頼者に提出した報告書には、当探偵事務所の社名、事務所印が押されていますから、「違います」とも言えません。

 そのように事実と違うことを言う道理もありませんが、適切にお答えする義務もありません。

 そのようなご質問にお答えできるのも、間違いなく本人と確認された依頼者本人からのお問い合わせのみです。

 つまり依頼者様が口外しない限り、すべての秘密は永久に漏れることがないのです。


 よくあるご質問、ご相談|教えて!探偵さんに戻り他の質問を見る。


 公判を有利に進める証拠収集はMKリサーチへ
年中無休 無料相談受付
電話 0120−8383−42

バナースペース

MKリサーチ探偵事務所|千葉

〒260-0032
千葉市中央区登戸1-16-1 5A

TEL 043-301-3735
FAX 043-304-5757