本文へスキップ

探偵・興信所の料金費用の相場を解説します。

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

探偵・興信所の料金|適正な相場料金とは

 探偵・興信所の料金について適正な相場を解説します。

 浮気、素行調査、人探しを相談されるお客様にとって、探偵料金の安さだけを追求せず料金の根拠をしっかりと把握され、きちんとした内容か目と耳で見極めていくことが大切なのです。

 探偵・興信所の料金も時代の流れとともにある変化があらわれてきております。

 それはインターネットのサイトが普及してきたことと関係があるようです。

 では、いったいどのような変化があらわれているのか。
 これからの料金に対する考え方、注意点も含め解説します。


興信所料金を見積もる相談員


今までの探偵・興信所料金とは


 
近年インターネット人口の増加に伴い、通販で物品購入をされるお客様が飛躍的に増えてきていることはよく耳にします。

 旅行に関してももはやネットでの予約、購入が前年比5割増しペースで増えてきているとのデーターも出ています。

 パソコンだけではなく、スマートフォンの普及が追い風となっているようで、これからもネット通販の比重はあらゆる業種で高まっていくでしょう。

 これが電子商取引の時代の流れなのです。

 では、探偵・興信所の業界はどうでしょうか。

 お客様もお気づきのように、探偵・興信所のサイトは非常に多く目につきますでしょう。

 「たくさんの探偵社のサイトがあり過ぎて、どこが良いのか本当に迷ってしまう」という声も耳にするくらです。

 今までは、紙面(電話帳、地域情報誌、新聞折り込み広告、看板など)での広告を中心とした探偵業界ですから、社名、電話番号と、調査項目とかセールス文句程度しか書けませんでした。

 よって、お客様は探偵・興信所料金のことがわからないまま電話するしかありませんでした。

 電話したお客様は、探偵社の相談員のセールスに負け面談することとなり、面談で高額な料金を提示されたにもかかわらず、

 「探偵・興信所の料金ってそんなものかな・・・」

 「もう早くすっきりしたい」

 という思いで高額な料金で契約をしてしまうという流れだったのです。

 面談して高額な料金を提示され、「そんな高額な興信所料金が払えるわけがない」と、毅然として断った相談者は、再び何かの紙面で探偵・興信所を探し、電話して確かめるということが必要だったのです。

 要するに、相談者は料金について掲載されているものを見るすべがなかったので、浮気調査にしろ人探しにしろ料金の相場とか基準はあってないようなもので、不透明きわまりなかったのでした。

 ですから、一部探偵社での超高額な料金がまかり通っていたのです。


興信所料金を比べる依頼人


インターネットのサイトが普及してきた結果


 
ご存じの通り、サイトでは探偵社にとって、いろいろな項目を発信することが可能になりました。

 調査料金であるとか、浮気調査の料金詳細とか実際の調査の料金事例とかを多くの探偵社が公表しております。

 それは今まで紙面でしか探偵社の案内を見れなかったお客様にとってはメリットであります。

 探偵・興信所料金のことが記載されているのですから。

 よって、お客様はサイトに記載されて料金を比較検討し電話する探偵社を選ぶということが可能となりましたし、依頼したいと考えてる方にとっては有益な情報です。

 では、非常に多くの方が探偵・興信所を探す入口となってきているサイト。

 そのサイトも含めて探偵・興信所料金の適正な相場ということを考えていく必要があります。

 そうです、ネット探偵とかサイト探偵とか言われますが、そういう探偵社の出現が顕著になってきました。


サイトだけで料金の高い安いを判断していくことの危険性


 
そのような流れの中、いまだに時代に逆行してるかのようなサイトのどこを探してもきちんと数字として料金が書かれていない探偵・興信所は問題外なので今回、説明を省きます。

 まず探偵・興信所料金は超高額(高額ではありません。「超」がつきます)に違いありません。

 探偵社はインターネットを利用することで、不特定な広範囲(要するに全国)からお客様をひろうことが可能。

 またその経費は紙面での宣伝に比べはるかに低費用ですむのです。

 「激安探偵料金」とか、「格安料金」とか、お得なパック料金とか、様々なお得プランと安さをアピールしたサイトも目にしてきます。

 例えば浮気調査では「1時間〜千円」とか、「一日かなりの時間数で*万円」とか。


低料金を見積もる相談員

 
 
本サイトでも浮気調査の料金相場って良心的な探偵社では、調査員2名車両1台で、1時間×¥15,000前後であると繰り返し解説してきました。

 
では、その料金の相場は高いのでしょうか。時代の流れでは相場はもっと安くなっているのでしょうか。

 答えはノーです。全国見渡してもです。

 地域地域で長年正しい業務を行なってきた良心的な探偵・興信所であれば、浮気調査の調査員は必ず2名(そのうち1名は10〜15年以上のベテラン調査員が必ず入ること)。

 公判でも使用できる高品質な証拠写真付きの調査報告書提出。

 面談も報告もきちんと会って行なう。

 要するにちゃんとした浮気調査を行い、ちゃんとした結果を提出するうえでの料金相場が、上記料金であると言えるのです。

 ですから、何の手抜きもないこと、要するに調査員は1名だけだった。

 調査員は経験の少ない人だった。証拠写真がお粗末だった。文書だけの行動記録しか提出しない。

 料金が料金だからこの程度でいいかと勝手に都合よく調査をする。

 それが絶対ないと保証されれば、いかにお得でお客様の利益を考えた探偵社か一目おかれるでしょう。

 しかし、反面、格安料金を設定したから、お客様が2倍3倍になるのか・・・ということを考えた場合、商品販売と違い、探偵・興信所業界に限ってはそれはないものと思えます。

 むしろ、ちゃんとした浮気調査を相場より明らかに安すぎる料金で受け続けることによって、探偵社の経営を圧迫していくと思えてなりません。

 
格安料金、激安料金で本当に受けることは、先に述べたちゃんとした浮気調査の条件の中で、ひとつでも二つでも欠けている(手抜きしている)ことがあると思えてなりません。「料金が料金だからこの程度の範囲の調査です」とか。

 よって、最終的には、お客様はサイトの料金の数字ばかりに惑わされす、きちんと相談員と会って、料金が安い根拠をしっかりと確認することは必須です。

 例えば、話題になっています格安航空会社の料金。

 はっきりとうたっているのです、安さの根拠を。

 「機内サービスはしておりません」とか、「座る場所は狭いですとか」

 低料金の根拠をはっきりと説明されて、それでも良いから納得してお客様は乗便するのです。

 探偵・興信所の調査とは、お客様のプライベート、秘密を扱う業務です。

 また、探偵社はお客様にとってグレーでよくわからない業界です。

 もっと確認しなければ心配ではないでしょうか?

 
安い料金だけにとらわれて探偵・興信所を決めることの危険性をよく念頭においてください。


 浮気調査の料金|費用のこと教えて!へ戻り浮気調査の料金の相場について参考にする。


 また探偵料金についての考え方をこちらでも解説しております。

バナースペース

MKリサーチ探偵事務所|千葉

〒260-0032
千葉市中央区登戸1-16-1 5A

TEL 043-301-3735
FAX 043-304-5757