本文へスキップ

探偵の証拠と弁護士の力|私の浮気解決

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

探偵の証拠と弁護士の力、それが決定打だった!|私の浮気解決

いつまでたっても不倫を認めない夫。
妻がどんな証拠を握って追い詰めても堂々巡り、解決は程遠しだったのですが、、、。

決定打は不貞の証拠だった。
そしてその証拠をどうやって使うのか、つまりどういう方法で対処していくのか。

浮気問題の解決はどちらも重要なものです。

探偵の証拠と弁護士の対応が功を奏したひとつの解決事例です。




東京の興信所に相談した妻興信所の証拠を見る弁護士


妻が把握した材料、握った証拠と探偵の証拠との違い



MKリサーチへ相談に来られる方も含め、夫(妻)の浮気に遭遇されている方の中には、自身で握った浮気の材料(証拠)をもっている方もいます。

そしてその内容に対して、「これで浮気といえる証拠ではないのでしょうか」と言われる方も少なくありません。

しかし実際、その材料で、浮気夫(妻)はもちろんのこと、浮気相手にも問い詰めた方もいますが、認めなかったのです。

つまり親しいという間柄は認めたとしても、不貞行為のある関係までではない!と言い返してくるのがほとんどです。

不貞行為があると認めさせるだけの決定的な材料、証拠ではなかったということです。

とくに現代、浮気相手と繋がっていられ、いつ何時でも連絡がとれるラインを利用する人は多いものです。

このやりとりを見てしまった妻(夫)は少なくありません。

また外出時にツーショットの二人に遭遇した妻も意外といます。

ラインやメールにしろ、現場を目撃したにしろ、妻にとっては決定的な浮気なのですが、相手によってはやはり煙に巻きます。

ですから相談者も、状況証拠の積み重ねだけでは「うちの旦那は認めない」と、感じてきてもいます。

そんな夫でもこんな事例もあります。

「私がぶち切れして問い詰めたとき、真っ白な顔をして謝ってきました。

そして今すぐ彼女に電話してきちんと話す!と言ってきた、、、。」

そうおっしゃった妻もいました。

ただその後はどうでしょう。また時間の経過とともに、「まだ会っている!」と確信した現実。

また元に戻っている夫だった。

そしてまた繰り返す言葉、、、

浮気じゃない、不貞行為はない。

そんなに信じられないのであれば離婚でいい。早く出ていけ、俺が出ていこうか?

だからと言ってすぐに出ていくわけでもない、離婚と言っても、どういう条件で離婚するつもりかも話さない。

財産は?親権は?家はどうするのか?

これでは堂々巡り、、、こんな感じで何か月(何年という方が多い)きたのか。

だから妻は探偵をつける決心をしたのでした。


千葉の探偵相談員



天を仰いで身震いした夫



夫の浮気調査については、不貞の証拠を複数回とることに成功しました。

ただ問題はこれから先。
浮気問題を解決するにはこれから先が大切です。

妻の気持ちは「こんな夫でも離婚はしたくない」というものでした。

ですから不倫に終止符を打たせることです。

しかしとうの夫としては、「浮気はしていないし、そういう関係ではない。」ということで、相手との接触は認めています。

というか妻がぶち切れしたとき、一度だけ認めた程度です。

でも、ただそれだけのことで、その後何も変わらない。

妻は浮気相手への慰謝料請求と、夫との関係をいっさい断ち切る誓約をさせるつもりでいました。

ですから、MKリサーチが紹介した弁護士に相談にいき、そのまま依頼することにしたのです。

弁護士はすぐに浮気相手に内容証明を送付しました。

彼女に内容証明が届いたらすぐに夫に連絡がいったのですが、しかしそれは想定内です。

それを知った夫としては、自分が不倫を認めないから、妻はとうとう彼女に矛先を向けた!と思っていたのです。

だから、そんな脅しにひるむな、放っておけ、妻は俺が説得し、取り下げさせると言ったようです。

これもよくあることなのです。

「弁護士までたてて、おまえバカか!?」とまで切れて言ってくる夫すらいます。

そのとき、妻は迷ったのですが、いざとなったらするしかない!と踏んでいたことをやりました。

そうです、探偵が撮った証拠写真を夫に見せたのです!

そこに写っているのは紛れもなく夫と彼女との決定的な不貞の証拠(不貞を推認できる証拠)でした。

しばらく黙って写真を見つめた後、

天を仰いで身震いしていた夫だったと。


弁護士を紹介する探偵



力になってくれた弁護士の頑張りもあったから解決できた



今までどんなに突っついても不倫を認めなかった夫が認めた!という話しは実際、よく耳にします。

当然の事、私たち探偵は、どんな証拠をとるべきか、またどのような内容がベストなのかを知り尽くしているからです。

もちろん、それでも認めない相手はいます。

でもそれは無理のある抵抗というもので、夫婦の間だけ、身内の中だから言っていられる戯言です。

そしてその証拠を材料にしてどう対処するか。

弁護士をつけて内容証明を送りつけるという至ってオーソドックスな方法で、言う人によっては、あまり意味がないとまで捉えている方法です。

ただこれも繰り返し言いますが、ただ送りつけただけではありません。

ただの宣戦布告ではありません。

浮気相手を弁護士事務所に呼び、依頼人の妻と弁護士と彼女とで協議するという方法がとられました。

また中には、依頼人の妻は出向かず、浮気相手と弁護士だけでの協議もあります。

このように決定的な不貞の証拠があること、それが条件ですが、親身になってくれる弁護士に委任したこともが功を奏した事例といえます。

どの興信所でも同じような決定的な証拠をとれるとは限りません。

また弁護士も同じように依頼人の気持ちを汲んで動いてくれる先生ばかりではありません。


私の浮気解決|事例メニューへ