本文へスキップ

他社で失敗した調査を依頼したい|よくあるご相談

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

他社で失敗した調査を依頼したい|よくあるご質問

「他社に依頼したが失敗でした!」、「証拠がとれませんでした」と、わりとよくある相談です。

 原則、お受けする方向でお聞きしていますが、その失敗の内容は何でしょうか。

 他社で失敗した調査を引き受けることはどの興信所でもあるものです。「再調査大歓迎!」をうたっている社もあるくらいです。

 ただ前回の結果がどのような失敗か。それと依頼人様の再調査の条件によって簡単にお引き受けできない場合もございます。

 MKリサーチでの回答をお伝えします。


再調査を千葉市の興信所に依頼したい妻


不倫の証拠をとれないはずがなかった


 「依頼した期間で事実がわからないのはおかしなことです。」

 ターゲットは間違いなく行動を起こしていたはずなのに、興信所の結果では収穫がなかった。それを立証してくれる証拠でもあればまだ納得もいくでしょうが、結果報告も非常にあいまいであった。

 いくら尋ねても、「それが結果ですから仕方ありません」との回答。

 疑心暗鬼な依頼人は、「依頼したのは失敗だった」と身に染みる方がいることは、この業界にいるなか、非常に残念なことです。

 結論を言いますと、このような流れで「調査依頼したけど失敗でした」という方。さすがに近年は減ってきておりますが(探偵業法ができてから淘汰されてきているので)、いまだにあるようです。

 相場より高い料金で依頼したという失敗でなく、きちんとした調査が行われていなかったという、最悪のケースのひとつに陥ってしまったと言わざるおえません。

 そうです、悪徳な調査事務所に依頼してしまった事実です。

 夫は不倫相手と会っていた形跡は、ラインとかメール、もしくはレシートとか、浮気行動起こしたときと同じ状況だったことで、依頼人は二人の接触はあったはずと踏んでいます。

 が、探偵社の結果はまさかのシロ。
 そればかりか、あいまいな報告だった。

 その調査報告書の中身内容によって、クレームを申し立てることは可能ですが、依頼人様にとっては、お金を捨てたようなものです。

 何もしていないも同然ですから、ターゲットにあやしまれていることもない。まったく一からやり直し同然です。

 該当される相談者が、納得して依頼されるのでしたら、できる限りサービスをしつつ対応は致しますので、ご相談ください。


不倫調査専門の相談員


とれるはずの証拠がとれない(中途半端)、あいにく浮気行動を起こさなかった


 
再調査の相談者の場合、依頼した興信所の調査報告書を見せていただくのですが、とれるはずの不倫の証拠がとれていない、とってはいるのだが中途半端な結果はあるものです。

 そのため、「これじゃあ、いまいちですよね。依頼したところ失敗だったかも。」となるわけです。

 あと、きちんとした調査は行われていたが、調査を決行した日に行動を起こさず何ら証拠がとれなかったとなり、失敗だったと後悔される依頼人もいるはずです。

 いずれにしても、冒頭のように悪徳事務所ではありません。

 単なる力不足。また調査員2〜3名は必要だった現場なのに、1名で行っていたなど、力のある探偵社が引き受けたら、違っただろうということです。

 多少の収穫はある方もいます。であれば、あとどの程度の証拠が必要か判断できます。

 まったく一から再調査という位置づけではありません。また、幸いばれてもあやしまれてもいない状態のケースが多いものです。

 いくら低料金であっても力不足の社に依頼し続けてても効率はよくありません。

 線を引いてぜひご相談ください。ただ、打診はかまいませんが、はっきりと契約を終えてからでないと、私どもと具体的に進めることは不可能です。


他社の失敗調査を受ける探偵


探偵つけられていたことがばれた


 
他社に依頼して失敗でした!のケースのなか、実は、調査がばれたこと。

 これは依頼人にとってもこれから受けようとする探偵社にとっても最悪中の最悪です。

 我々探偵も人間です。姿も車両もずっと隠し通せるわけでありません。

 本来、あやしまれもせず、上手く現場を押しと引きで進めていくのですが、尾行、張り込みが完全にばれてしまったわけです。

 しばらくの間、警戒することは間違いありません。

 もちろん探偵をつけたことのばれ方にもよります。

 その社のスタッフが尾行して完璧にばれてトラブルになった。張り込み時もありましょう。

 探偵つけられていると踏んだターゲットが超警戒行動をとりつつ、配偶者しか依頼する人はいないだろうから、配偶者を責めるなど。

 とにかく、見事にばれちゃったという感じです。

 ただ、証拠をとって後々依頼人が行動を起こした際、初めて「探偵つけていたんだ」ともう後の祭りですが、気づくターゲットや不倫相手のケース。

 まだこちらのほうが再調査での成功は期待できます。
 が、これもターゲットによりほんとそれぞれです。

 一度つけられていたわけです。やはり相当に警戒したり、多少の異変に神経質になって非常にやりにくい場合もあります。

 とにかく、探偵つけたことがばれたときの経緯、そしてその後をよくお聞きして、最悪のケースですと、当面調査はしないほうが賢明と判断する場合もあります。お客様の費用が無駄になるからです。

 他、期間をもう少しあけましょうとかもあります。

 相談者の事例ごとに慎重な判断をさせていただきます。


 よくあるご質問、ご相談メニューへ