本文へスキップ

妻が家を出て行った理由は?|妻の浮気、不倫調査事例

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

妻が家を出て行った理由は!?|妻の浮気、不倫調査事例

突然家を出ていった妻。その居場所はわかりません。
浮気を疑っている方もいますが、どこまで本当のことを知っているのでしょうか。

突然家を出て行った妻に混乱する夫。
ちゃんと話がしたい、もう一度話がしたいと思うばかりです。

妻はいったいどこで誰と、どんなつもりで暮らしているのか、、、

家を出ていった妻について解説します。



家出した浮気妻


帰ってこない妻ではない、出て行った妻の覚悟とは



妻が家を出て行ってから慌てふためく夫は少なくありません。

さらに妻が家を出て行った原因が、妻の不倫であることすら思っていなかったという夫もいます。

また妻が家を出て行く前にはほとんど共通した経緯を経ていることは確かです。

つまり妻が離婚の意思表示をしていたこと。

しかし夫としては突然の発言ですし、理解できません。もちろん離婚なんて考えてもいませんでした。

だから問い詰めます、離婚したい理由を。

妻は冗舌に発するでしょう”私が離婚したい理由を”です。

夫のことを悪く仕立てて、いかに夫婦はカタチだけか、また破たん状態かを言ってくるはず、言っていたはずです。。

本当のことはベールに包まれ隠され、言うわけがありません。

ただ、この段階で(以前から)妻の浮気を確信している場合、その把握している内容にもよりますが、夫が問い詰めたことによって、浮気を自白してくる妻もいることはいます。

それとは反対に、どうして離婚したいのか?ほんと意味不明で、混乱してしまっている夫も多いものです。

いくら話し合っても、同じことの繰り返し。

妻の気持ちは変わらないようだ。

そしてその果ての行動が、妻の突然の失踪、いや家出だった。

妻のその行動にはそれなりの覚悟があるわけです。


離婚を迫る浮気妻



どこにいるか居場所もわからない浮気妻



「妻がどこで暮らしているのかわかりません」という相談者は多いものです。

ただ妻の勤務先であるとか、立ち寄り先は把握しているし、そうそうすぐに変わるものではないはず。

だから妻の職場で接触できるかもしれない。

妻とちゃんと話をしたい。もう一度話がしたい。

そう言われる夫たち。

ただ現実はどうでしょう。

妻が本当のことを言うはずがありません。
いくら話をしても、「私の気持ちは変わらない」ということです。

理由を聞いても、同じことの繰り返し。

出て行った理由も、離婚したい人と一緒には居られないし、精神的に苦痛であると言うばかりです。

そしていったいどこに居るのかと尋ねても、「知人女性のところ」などと嘘を言う始末。

妻にとっては夫ははっきりしたことは何も(あまり)知らないと感じていますから、言いたい放題なのです。

家出して帰ってこない妻に段々と本気度を感じ、さらに焦る夫。

やっとこの段階で妻には男がいるのか!と確信し始める方もいます。

子供が生まれたばかりの20代半ばの浮気妻ですら、突然帰ってこない(家出)妻になります。

小中学校のお子さんがいても引き連れていなくなる妻もいます。

お子さんがいない(成人して独立している)50代の浮気妻もいます。

ずるずる帰ってこない夫とか妻と違い、それなりの覚悟はあるはずですから、こんな愚行をとったわけです。

が、私たちから言わせれば、勝手に不倫していて、自分の思い通りにならないことにしびれを切らせ、出て行ったということです。

当然背後には妻の不倫相手である男の指南、手招きがあります。

やはり女性である妻は、それなりに信頼、信用とか安心がなければなかなか行動に起こせません。


千葉の探偵相談員



真実がはっきりしないまま何を話し合っても無駄です!



長年の過去の事例に照らし合わせても、妻が勝手に出て行った原因は、やはり妻の不倫だったというのが実状です。

いったいどこまで把握していますか?

多分そうだろう、おそらく相手は誰々だろう。

それでは解決は程遠しです。

妻はどこの誰とどこで暮らしているのか。

そして相手は誰かもですが、どういう背景の男なのか。

またどうしたいつもりなのか。

何もわからないまま、どこかで妻を捕まえて話をしようとしても意味がありません。

おそらくですが、いずれ妻の方から離婚調停を申し立ててくるはずです。

本来は、妻が家出する前に(これは夫の浮気についても言えますが)、ベールに包まれ隠されている事実を暴くべきでした。

出て行かれた後ですと、解決する難易度はさらに高くなることは念頭においてください。

しかしそれぞれの事情がありますから、仕方がなかったことでもありますが、何も知らない状態、はっきりしたことがわからず中途半端な段階で、一対一で話そうとすることは賢明ではありません。

それで解決することはありませんから。

まさにこのような状況の方、MKリサーチにぜひご相談ください。


妻の浮気、不倫調査事例へ