本文へスキップ

真実を知り妻を浮気相手と別れさせた夫の事例。

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

真実を知り妻を浮気相手と別れさせた夫|妻の不倫事例

 同じ勤務先の男性と浮気していた妻。本当のことを知った夫は妻と浮気相手を別れさせる解決策に至りました。

 探偵・興信所MKリサーチで過去にお受けした千葉県での妻の浮気調査の事例をご紹介します。

 同じ勤務先の上司と不倫していた妻。真実を知った夫のとった行動とは・・・

  
探偵つけられた不倫してる妻


夫が妻の浮気を疑った原因


 
千葉県成田市に住む夫からの妻の浮気調査のご相談でした。

 相手の男性は、どうも妻の勤務先の上司に違いないとのこと。

 かれこれ半年前に妻は今の会社にパートとして勤め始めたそうで、ここ3〜4カ月ほど前から、「会社の新人の歓迎会」だとか、「退社する社員の送別会」だとか、「会社の飲み会」だとかで、帰宅が遅くなることが増えてきたそう。
 でも、妻はお酒は一滴も飲めませんが。

 その頃から、携帯電話を肌身離さなくなり、家でもメールをよくしていたそうです。

 ある日妻の携帯電話を一度だけ見てしまったら、着信履歴に男性の名前が。
 
 たまたま妻の会社のシフト表がテーブルの上に置いてあったので、何気なく見たらその男性の名前が載っていたそうで、妻はこの男性ときっと何かあると感じ始めたそうでした。

 夫は、もしかしたら妻は浮気をしているのかもという疑惑。

 いや、俺の考えすぎかも、妻が浮気をしているはずはない。こんな夫婦の問題は恥ずかしくて誰にも相談はできず・・・悶々とした日々。

 しかし、妻の浮気の疑惑が確信に変わった原因がさらにあったそうです。

 妻の下着の変化です。今まで身に付けたことのないような下着でした。ぜったいあやしいと。

 次に夜の夫婦生活のこと。妻は時折、激しく求めてきました。

 それも、今までしたことのない積極的な体位で。まるで、何かの余韻にでも浸っているかのように。

 もうこれ以上、疑惑の日々を送っていたら自分自身おかしくなってしまいそう。浮気相手はいったいどういう男なんだ。いったいどういうつもりなんだと。

 それが妻の浮気調査を探偵に相談しようと思った原因でした。



浮気している妻


妻の浮気調査を依頼した夫の目的は


 
この千葉の夫の妻の浮気調査を依頼した目的とは、浮気相手はいったいどのような環境の男性なのか(同じ勤務先であるということは分かっていた)。

 いったいどういうつもりで妻と浮気をしているのか知りたかったこと。

 いずれにせよ妻との離婚は考えていないので、浮気相手の男性とは別れさせる決意でもありました。

 よって、それには妻の浮気調査をして動かぬ証拠をとるということが必要で、証拠がなければ、ただの勤務先の相談相手ということで逃げられると考えたからです。


妻の浮気調査を決行した結果は


 
妻の行動予定は事前に夫には言って外出するそうでしたので待ちました。(最近は週一は何かあるそうでした)。

 ある月曜の夜に妻は会社の飲み会との申告が夫にあり、探偵・興信所MKリサーチは、その日勤務終了前から妻の張り込み調査を開始しました。

 定時過ぎに退社して車で出ていく妻。調査員は追跡を開始したところ、妻は成田空港付近のシティホテルの駐車場に到着。しばらく車内で座っていました。

 しばらくしてから男性が運転している車が現れ、妻の車から少し離れた位置に駐車。妻は自分の車から出てその男性の車の助手席にすばやく乗り込みました。

 すぐにその男性の車はホテル駐車場を出て行き、隣の市のある飲食店へ。

 妻とその男性はその店で夕食をとり、車で付近のラブホテルへ入っていきました。

 ホテルでの滞在時間は約3時間。その後、帰路に向かい二人は別れました。

 非常によくある浮気の密会パターンでした。探偵調査員は、一部始終を撮影記録したことは言うまでもありません。

 後日、その夜に妻と密会した男性は、夫のご指摘の勤務先の男性に間違いないことも判明しました。


妻の浮気調査で得た真実をもとに夫はどのような行動をとったのか


 
妻との離婚は望んではいないこの夫は、浮気の証拠をもとに相手の男性に会いに行きました。

 どういうつもりで妻と浮気をしているのかを問いただしたいようでしたが、浮気相手の男性が実際に本当のことを言うかは分かりません。(浮気相手の男性はバツ一で実家に親と住む男性でした)

 最終的に「妻とのいっさいの連絡、接触を断つこと。であれば、慰謝料請求とか法的な措置はとらない」という約定を書面で交わし解決したそうでした。

 浮気の動かぬ証拠があったので、相手の男性はまったく受け身で言い訳もできない状態だったそうです。
 また、妻にはその会社を辞めさせたということでした。

 このように、妻の浮気調査によって本当のことを知り、解決に至るケースは多々あります。

 どうせうちの妻は何をやっても無駄かもしれないとか、そんなうまく解決できるわけがないとあきらめる前に、きちっと行動を起こすことが大切なのです。

 今回、ご紹介した解決の方法ばかりではないのです。

 妻の浮気問題はほっておいたり、様子を見続けているともっと深みにはまってしまいます。

 妻の浮気問題でお悩みの方、妻の浮気調査をご検討されている方、勇気をだしてMKリサーチにご相談ください。


 
妻の浮気、不倫調査の事例一覧に戻る


浮気調査の探偵相談員


 妻の浮気・不倫問題でお悩みなら 調査実績が豊富なMKリサーチへ
年中無休 無料相談受付
電話0120−8383−42
千葉・東京・茨城は探偵・興信所MKリサーチにご相談ください


バナースペース

MKリサーチ探偵事務所|千葉

〒260-0032
千葉市中央区登戸1-16-1 5A

TEL 043-301-3735
FAX 043-304-5757