本文へスキップ

夫の不倫相手は知ってる女だった!|探偵に依頼した要因。

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

浮気相手は知ってる女だった!|探偵に依頼した究極の要因

「浮気相手はよく知っている女性」とか、「親しくお付き合いしている女性」とか、そんな事実にあなたはどう向かいますか!

 知っている女性だからショックだし、許せません・・・

 探偵に浮気調査を依頼する引き金、決定打となった原因は様々ですが、夫(妻)が浮気している相手が「身近で親しくしていた人」と知ったことによる精神的ダメージは莫大なものであるといえます。

 MKリサーチへの相談者様から浮気、不倫の経緯をお聞きすると、意外に「浮気相手はよく知っている女」とか、「親しくお付き合いしていた女性」であるという方は少なくはございません。


夫の浮氣に悩む妻妻が知っている夫の不倫相手


≪浮気相手は私と同じ職場の女性だった≫

 40代の船橋市の妻

 「私は、夫もですが相手の女性にもきっちりとケジメをつけてもらいます」と、離婚を前提とした浮気調査を弊社に相談されてきました。

 お話を聞くと、この依頼者の妻はここ数年夫の浮気を疑ってきていたのでした。

 浮気相手がどこの誰かはまったくわかりません。

 興信所にも相談したのですが、費用が合わなくて断念していたそうでした。

 そんなとき、同じ職場の同年代の独身女性が相談にのってくれていて、妻は彼女に夫の愚痴やら浮気の疑惑やらを話していたのでした。

 実は、親身になって聞いてくれていた彼女こそ、夫の浮気相手だったのです。
 妻は、そんな事実はまったく知りません。

 「彼女のことは信じていましたし、よく励ましてくれていましたから。でもあれは全て偽りだったと思うと、悔しいっていうか悲しいのです。人間不信になってしまって・・・」

 夫と彼女の浮気の発覚はある日突然やってきました。

 会社の別の同僚が、彼女のアパート前に駐車されている夫の車を目撃したのでした。妻は、その同僚から「ねえ、あんたの旦那さんの車が**さんちの前に停まっていたわよ」と聞かされたのでした。

 妻は驚きでした。しかし、まさか彼女が・・・という思いだったそうでしたが、翌日自分で確かめたところ、この日も彼女のアパートの前に夫の車が停まっていたのでした。

 「夫が帰ってこない(帰りが遅い)のは、彼女と一緒だったから」と今までの疑惑が全て払拭された瞬間だったそうです。

 そして妻は、とにかく証拠を固めて「夫と彼女がしたことの非」の償いをさせようとそう思うばかりだったのでした。

 この依頼者の妻は「とにかく、相手が彼女だったからこそ許すことができないのです。もし知らない女だったらここまで思いません。

 探偵さん、言いわけのできない不貞の証拠をとってください」と強調されておられました。

 それからすぐに一週間に及ぶ夫と彼女の不貞を立証させるための調査に入りました。

東京都の夫の浮気相手


 ≪夫の浮気相手は近所に住む私の友人女性だった・・・その結末とは≫

 30代の鹿島市の妻

 今までお受けしてきた中で、依頼者の妻にとっては非常に心痛ましい出来事だったと思えてなりません。

 妻は近所に住む一人の既婚女性と親しく交流があり、夫も含めよく3人で食事したり飲みに行ったりしていたそうでした。

 妻はその友人女性が「**ちゃん(妻の夫のこと)って、ほんといい男だよね。**ちゃん(妻のこと)がうらやましいわ」などと本気な顔をして冗談を言っていたり、

 妻が都合が悪くて出かけられない夜、「そう、じゃあ**ちゃん(妻の夫)と二人でデートだね、じゃあ借りるね」とか言って楽しそうにしていたことが、ちょっと気がかりだったとか。

 その後、妻は夫と彼女の浮気を疑うようになってきており、夫に問い詰めることも多く、「ばかか!俺が彼女と浮気するか?」と返されるばかりだったそう。

 しかし夫と彼女の不審な行動を目のあたりにするばかり。

 夫が出かけると言って出て行った時間に限って、彼女に電話しても出ない。

 メールも返ってこない・・・

 専業主婦でいつだって連絡がつく彼女だったのにと。

 それからも妻が夫に対する彼女との関係の追求はとどまりませんでした。
 
 そんなある日突然、夫が失踪したのです。

 実はその数日前に弊社に浮気調査の依頼をしてきており、前日から調査を開始していた矢先だったのです。

 やはり「私の知らない女ならまだしも、浮気相手が友人なんてありえない!頭おかしくなってしまいそうです。」と言っておられました。

 夫が妻に「もう何もかも嫌になった。俺のことは探すな。もう放っておいてくれ。」とメールが一通入っていたのでした。

 が、運よく探偵調査に入っており、妻の許可をいただいて夫の車にGPSが装着されていたことによって、居場所が判明。

 何と、浮気相手の友人女性と一緒だったのです。ラブホテルに泊まり、不動産を回ったりしており、住まい探しもしていたのです。

 夫の浮気調査のはずが夫の失踪という展開になってしまった事例でしたが、浮気の証拠もとれ、夫の居場所もわかったものの、夫と妻の間の深い溝は埋まる様子はなく、夫も開き直っており、修復の道は閉ざされた様子でありました。


 浮気調査を依頼するに至った究極の原因事例 に戻り他の事例を見る。

バナースペース

MKリサーチ探偵事務所|千葉

〒260-0032
千葉市中央区登戸1-16-1 5A

TEL 043-301-3735
FAX 043-304-5757