本文へスキップ

浮気相手に会いに行っても問題ないですか?

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

浮気相手に会いに行っても問題ないですか?

 浮気相手に会って顔を見て話したいと考えている方って意外と少なくはないのですが、探偵・興信所MKリサーチはこう答えております。

 夫(妻)の浮気の証拠をとってから不倫相手に会いに行っても法的な問題はないのか。

 場合によっては相手から何かされることはないだろうかと心配される方もおられますので解説します。

夫の不倫相手


  浮気相手に会いに行くタイミングを間違えないことです

 すべての方にいえることなのですが、確たる浮気の証拠がない限り浮気相手に会いに行くことはやめたほうが良いということは過去の事例をみれば一目瞭然です。

 浮気相手とのメール、ラインのやりとりを見てしまったとか、たまたま二人が一緒にいる現場に出くわしたとかであれば、誰しも親密な関係であると推測するはずです。

 まして夫(妻)の浮気を疑ってきていた方であれば、その事実が何よりの物的証拠です。

 「もう言い訳はできないよ」と言わんばかりの勢いで浮気相手に会いに行った方の話を弊社探偵は多く耳にしてきました。

 でもその結果はどうだったでしょうか。

 多くの方が、「おたくのご主人(奥さん)とは何もありません。」、「よき相談者としてです。それ以上の関係とか浮気?そんなはずがありません」などと言われたというのです。

 夫と不倫相手とのメールのやりとり。

 夫の携帯から頻繁に発信されている不倫相手の番号がのっている通話明細。

 偶然、街で見かけた二人。

 駅前で見てしまった浮気相手の車からおりてきた旦那。

 人づてに耳にした「二人は浮気している」という情報。

 まだ他にもありますが、どれも冷静になれば浮気は事実なのが間違いないはずです。

 しかし、たとえこのような浮気の証拠材料があっても、浮気相手に責め立てても言い逃れされる可能性は大なのです。

 もちろん、そこまでの浮気の材料があるわけですから、あなたの方もすぐには引き下がれないお気持ちもよくわかります。

 しかし、「それ以上言うのであれば、名誉棄損で訴えます」とか、「こちらにも考えがあります。

 弁護士に相談するとか強行な手段をとりますよ」とまで言い返す浮気相手も少なくありません。

 そこであなたはそんな理不尽な話があるかと、困り果てて法律相談に行く。

 そして、弁護士、司法書士の先生に必ず言われるフレーズは決まってこうなのです。

 「あなたが持っている証拠も材料にはなりますが、決定的なものではありません。不貞を立証できる目で見る浮気の証拠写真がないと厳しいでしょう。」

 いかがですか?「これだけの材料があれば何も恐れることはありません。がんばりましょう」と期待されましたか・・・?

 これは探偵・興信所MKリサーチに相談されてきた方の多くの方が口にしたお言葉ですから非常に信ぴょう性がある事例なのです。

 自分で弁護士を見つけて会ってきた、知人の紹介で弁護士に会ってきた、市区町村の無料法律相談で弁護士に会ってきた方などいろいろですが、やはりどの先生もおっしゃることは同じのようです。

 ですから、「浮気相手に会いに行っても問題はないでしょうか」というご質問、ご相談ですが、「このような段階で会いに行くことはやめた方が良いです」とお答えせざるおえないのです。



千葉の不倫調査員


  浮気相手に会いに行くのなら・・・

 ということであれば、もし浮気相手に会いに行くのならいつ?ということですが、それは確たる浮気の証拠を握ってからにするべきです。

 だからといって、探偵・興信所の調査報告書を手にして会いに行けと言っているわけではありません。

 場合によっては何枚かの証拠写真を抜粋して会いにいくこともありますが、あなたは確たる浮気の証拠を手にしているのです。

 もし浮気相手が強硬に反論してきたり、事実無根だと主張してきても、何ら恐れることはありません。あなたには浮気の証拠という切り札があるからです。
 これは二人のメールのやりとりを見ただけとか、二人で歩いていたのを見ただけとは雲泥の差があると思いませんか?(「だけ」とは失礼ですが)

 これからどのような展開になってもしっかりと対応できるのです。

 一度目は携帯電話での証拠だけで浮気相手に会いに行き、言い逃れされたある奥様は、弁護士にも促され探偵に依頼。

 そして不貞の証拠写真を得たのですが、

 
「探偵の証拠があるのとないのとでこれほどまでに違うとは思ってもいませんでした。」と言っていたくらいです。

 たかが証拠かもしれませんが、浮気問題の解決にはかなりの効力を発揮してくれるのです。

 そして、最後にこうお聞きしております、

 
「本当に浮気相手に会いに行きたいのですか?」と。

 「そんな相手に会いたくもありません」

 「そんな女(男)に会ったら何をしてしまうかわかりません」、

 「あんな低俗な人間に会いたくもありません。時間の無駄です」とまで言う方もいます。

 また、親兄弟、知人、特に弁護士の先生などは、「そんな人、相手にしない方がいいですよ。」とまで言う方も多いでしょうか。

 でも、
「会いたいのであれば会えばいい。そして言いたいことがあれば言ってくればいい」と興信所MKリサーチはそう思う所存です。


 しかしそれには注意点はありますので、その一部をあげます。

 ○会うのは一回です。どこでいつ、何時に会うかしっかりと計画すること。それには不動の覚悟と行動力が必要とされます。基本は不意打ちでしょう。

 ○不倫相手との話し合いに会うのではありません。あなたの意見をしっかりと伝えてくることが大切です。

 この期に及んで相手の気持ち、経緯を聞いてどうなるのでしょうか。その瞬間から相手のペースに巻き込まれます。

 ○脅かすような言葉。もちろん恐喝、強要はだめです。怒りをぶつけたいお気持ちはわかりますが、「**しなければ、**するわよ!」みたいなフレーズはやめましょう。

 ○そして覚悟してください。それはあなたの配偶者にまず知られます。知られなかった事例も確かにありますが、微々たるものです。

 配偶者の耳に入ったら、逆切れします。大丈夫でしょうか。
 怖いけど、もういいです!くらいの気持ちで向かっていった方ばかりです。

 他にも、こうしたほうが良いといえることはあるのですが、探偵・興信所MKリサーチでは浮気の調査後におきまして、電話でもメールでもご相談があれば依頼者様には無料でアドバイスしている次第です。


 なお参考ですが、サイト内で、私の浮気解決事例集をよかったら参照してください。浮気相手に会ってきた事例も入っておりますので。


 よくあるご相談|教えて!千葉探偵さんに戻り他の相談事例を見る。

バナースペース

MKリサーチ探偵事務所|千葉

〒260-0032
千葉市中央区登戸1-16-1 5A

TEL 043-301-3735
FAX 043-304-5757