本文へスキップ

夫の浮気相手が挑発してきた|探偵に依頼した要因。

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

浮気相手から受けた屈辱、挑発|探偵に依頼した究極要因

 不倫相手の挑発的な行動によって受けた屈辱により、妻は調査を依頼すると決めた非常によくある事例です。

 浮気調査を探偵・興信所に依頼すると決めた決定的な出来事を紹介するコーナーです。

 今回は、不倫相手の挑発的な行動によって受けた屈辱により、妻(夫)は調査を依頼すると決めた非常によくある事例です。


夫の浮気相手に悩む妻夫の不倫相手


 ≪浮気相手の言動、態度のひとつひとつが挑発的で≫

 50代の佐倉市の妻

 夫の浮気相手は近所で小さなスナックを経営しているママ。
 夫は毎晩のようにその女性のスナックに通いつめていたそうでした。

 依頼者の妻は自宅で美容室を経営しているのですが、ある日お客様として浮気相手の女性が来店したのでした。

 妻と浮気相手のママは初対面だったのですが、浮気相手から自分の身分を明かし「いつもお世話になっております」などと切り出してきたので、妻はすぐにこのお客が誰なのか理解できたそうです。

 浮気相手はお店で接客されている間中、口が止まることなく喋り続けてきたそうで、言葉の節々にとげがあったそうでした。

 妻は「この女性はきっと探りにきたんだろう・・・」そう感じてままならなかったとか。

 その後妻は夫に頼んで「私も一度そのお店に連れて行って」とせがみ、嫌々夫は妻と一緒に浮気相手のお店に入った日のことでした。

 妻がお店に入った途端、浮気相手からの刺すような視線を感じたのです。それからというものの、浮気相手のママは、

 「旦那さんはランチまで食べにきてくれている・・・奥さんお店、お忙しいようで作れないから大変ですわね」とか、

 「昨晩は**をつくって食べてもらったので、今晩のおかずに奥様もいかがかしら。お皿に盛ってきますわよ」などと、

 事あるごとに、痛いところを突かれ続け、妻はいたたまれなくなり一人でお店を飛び出して帰ってしまったのでした。

 この前、お客さんとして妻のお店に来たときの言動もしかり、今日の視線、言動は浮気相手の妻に対する挑発以外なにものでもないと妻は受け止めたのです。

 「浮気相手がどんなにひどいことを私に言ってきても夫は黙ってただ聞いているだけ。まったくフォローなんてしてくれませんでした」と夫に対する失望も大きかったようです。

 「どんなに屈辱的なことだったか・・・思いだすと夜も眠れません」

 浮気相手から受けた屈辱。これが妻を調査に駆り立てた決定打となったのです。

 その後、調査によって夫とママの不貞の証拠をとり、身内内だけで協議を続けてきたそうですが、まったく進展がなく、法的措置をとることになったそうで現在は係争中であると弁護士の先生から耳にしました。

 非常に長い期間を要している事例であります。

不貞認めない不倫相手


 ≪浮気相手に追いかけられた妻≫

 30代の東金市の妻

 非常にまれな事例です。
 浮気相手から挑発的な行動を受けるまでは、探偵・興信所に頼むなんていうことはまったく考えていなかったと言っておられました。

 妻は夫の浮気は確信しておりました。そのうち夫婦間の口論が絶えなく、「浮気などしてはいない」と言い張っている夫は、実家に帰ってしまったのです。

 妻は夫の浮気相手がどこに住んでいるかを偶然つきとめたそうでした。

 「きっと夫は浮気相手の家に転がり込んでいるかもしれない」と踏んで、浮気相手のアパートを監視しに行った夜のことでした。

 張り込みなんて慣れているはずはありませんが、妻がアパート近くで立っていると浮気相手の部屋の窓が少しあいて浮気相手が外をうかがっていたそう。

 妻も浮気相手もお互い顔は知りません。すぐにどこかの部屋の玄関があいた音がしたのです。

 すると一人の女性が早歩きで妻の方に向かってきたのでした。

 妻は、はっとしてこちらに向かってくる女性は浮気相手に違いないと確信したそうです。

 妻は、早足でその場を立ち去っていったのですが、後方から浮気相手が追いかけてきていたのが見えました。(途中で断念したそうですが)

 距離にしてはたいした距離数を追いかけられたわけではないのですが、普通ではありえないことです。

 「あの女性は私のこと(顔)を知っているのか・・・」と、思えてならなかったとともに、「なぜ、私があの女に追いかけられなければいけないのか!?」と、どんなに屈辱を味わったか

 「妻の立場を脅かす不法侵入を犯している(要するに不倫している)のは、浮気相手であるのに追いかけてきていたときに見たあの態度は許せない。」
 そう思えてならなかったそうでした。

 この夜、浮気相手から受けた挑発的な行動によって、「もう探偵に頼む!」「浮気相手を裁きたい」と固く決心したのでした。


 浮気相手の家で夫を目撃した事例もご覧ください。


 浮気に悩み探偵に調査を依頼させるに至った究極の原因事例 に戻り他の事例を見る。

バナースペース

MKリサーチ探偵事務所|千葉

〒260-0032
千葉市中央区登戸1-16-1 5A

TEL 043-301-3735
FAX 043-304-5757