本文へスキップ

浮気を解決した対処事例を探偵・興信所MKリサーチが紹介します

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

私はこうやって浮気を解決した!|夫(妻)の不倫

 夫の浮気に悩む方にとって、浮気の真実を知ったところでどうしたら解決に導けるのか心配と不安は尽きません。

 では過去、実際に浮気問題を解決された方はいったいどのように行動を起こしたのでしょうか。その成功した事例を紹介していきます。 

 「夫の浮気不倫をこうやって解決しました!」を事例で紹介していきます。

 証拠を得た後、どのように行動を起こしたら良いか。ぜひあなたの浮気問題に照らし合わせて参考にしてください。


浮気問題に悩む東京の妻

浮気解決は真実を知ってからです


 
長年、浮気問題に携わってきた探偵・興信所の相談員の率直な意見をまず述べさせていただきます。

 浮気問題を解決するための行動を起こす前には、必ず浮気の証拠、確たる真実を手にしてください。

 真実をきちんと把握しているのとしていないのとではその後の展開において雲泥の差が生じますことは明らかです。

 浮気の証拠の有無は浮気調査サイトでも、当サイトでも幾度となく言ってきました通り、浮気する夫に対して、確たる事実を示さねば言い逃れされたり煙に巻かれたりされる可能性が非常に高いからなのです。

 もちろん夫の浮気相手に対しても同様です。まして浮気相手は他人です。むしろ夫より対処が難しいでしょう。

 つまり浮気問題を解決するための行動はタイミングが大切であって、動くタイミングを誤ったばかりに、何の解決にも至らなかったケースは過去の事例を見ても明らかです。

 要するに十分な材料を準備してから動きましょうということなのです。

 繰り返します。あなたが確たる浮気の証拠をお持ちになり、その材料できちんと認めさせることができるのであれば構いませんが、やはり迫力不足であることがほとんどなのが現実です。

 真実をきちんと知るということは、きちんとした浮気の証拠をおさえるということです。

 ご自身で時間をかけて浮気の証拠集めをされている方もいますが、最後の総まとめは探偵・興信所に依頼されてくる方が多いのも現実です。

 けっして探偵・興信所調査を勧めているわけではありませんが、浮気問題をきちんと解決したいことを願うのであれば、プロが収集する浮気の証拠写真、及び調査報告書は絶対不可欠であると今までの事例を見てきて本当に実感する次第です。

 「証拠があって良かった」、「探偵さんの写真がなければどうなったことか・・・」そんなお客様の声は多いのです。

 
浮気の事実なんかより、妻が変われば夫も変わる。

 多くの事例を見てきましたが、浮気解決ってそれほど簡単なものでないと肌で感じます。

 これは弊社の持論ですが、「妻も変わる努力をする」のであれば、それは完全に浮気相手と切れた後ではないでしょうか。


浮気解決は夫とあなた、二人だけの問題ではありません


 
夫の浮気に悩む方の多くは、夫との話し合いだけで解決されようと試みる方をよく見受けられます。

 誰か忘れてはいませんか?

 「ご両親などの身内ですか?」などと聞こえてきましたが、違います。

 それは夫の浮気相手です。

 夫の不倫であれば、女の排除は諦めないことです。いかに重要か解説しております。

 もちろん浮気不倫問題が勃発すると、「浮気相手はいったいどこの誰よ!」となります。

 しかし、浮気問題の解決にあたって、結局浮気相手に対しては放っておいてしまったり、途中で制裁を加えることに精神的にも肉体的にも疲れてしまい、「もういいや」と投げ出してしまう方も少なくありません。

 やはり夫の浮気相手まで巻き込んで行う浮気解決って、相当な気力と体力が必要なんだなと痛感する次第です。

 最後まで貫くことって奥様方にとってはかなりの根気、精神力がいるものなのです。
 
 また浮気問題を長引かせたり、こじらせたりする原因は、不倫相手によってもかなり影響されます。

 先ほど言いましたように、確たる浮気の証拠があったとしても、思った通りに問題が軽決する方向に進むとは限りません。

 要するに再発する不倫、別れたふりをしていて実際は別れていない不倫ということですが、そうならないためにもどうしたら良いか、どのように考えていったら良いかのヒントとなれば幸いです。



浮気問題で信頼ある興信所相談員

最後まで強い気持ち、毅然とした態度で投げ出さないで!


 
浮気問題に悩んでいる方の多くは、ネットであれやこれやと問題解決の方法のヒントを得ようと検索していたりします。

 探偵・興信所サイトを閲覧する方もやはり多くの方が、浮気解決ということを念頭にご覧になっているのではないでしょうか。


 浮気問題を解決することは、夫と二人だけで解決するものではない。

 そこにはもう一人、舞台に引きずりあげてこなくてはいけない不倫相手の存在もある。

 ですから、精神的にも肉体的にもかなり体力が必要なのです。

 であるのにネガティブになってしまったり、この期に及んでさらに様子を見てしまったりと・・・

 そうなっていませんか?

 浮気問題解決の方法は人それぞれな部分もありますが、それほど何十通りもの行動の仕方があるわけでもありません。

 根本となる考え方、ポイントはそれほど違わないとも思います。

 とにかく最後まで強い気持ちを持ち続け、毅然としたぶれない態度を貫き通すのだという気持ちは捨てないでください。

 また浮気解決に向かうための行動を起こせば、望まない離婚になってしまうかもという恐怖を抱くものです。

 それは多くの方がそう感じてしまうようで、これからやろうとしていたあなたの行動を阻止する原因にもなってしまいます。

 でも弊社が見てきた限りでは、離婚を恐れてひるんでいては、堂々巡りですと言わざる負えません。

 実際にはお客様が不安がっているほど離婚にはならないものなのです。

 それはあなたが・・・妻だからです。

 その意味をよくご自身でお考えください。

 そして今はまだ、ご自身を責めることはせず、この段階で非を認めて行動を改めなければいけないのは夫と浮気相手なんだと考えるようにするべきです。


千葉の興信所調査員


 では、過去、実際にどんなふうに夫の浮気問題を解決していったのか事例をあげていきます。

 少しでも参考になれば幸いです。

 
なお事例は都度新しく更新してまいりますので「私はこうやって浮気問題を解決した!」にご訪問ください。


 
夫の浮気相手にとった妻の怒りの行動


 弁護士に相談した妻でしたが、「法では私の望む浮気解決には至らない」と悟ったのでした。

 そして自分で解決することを決心し、夫の浮気相手に対して徹底的に行動を起こしたのでした妻はいったいどのように動いたのか。


 
夫の不倫相手と調停前に示談

 想像以上に強気だった夫の浮気相手。妻は毅然とした態度で民事調停を申し立てる次の一手をとった。

 しかし調停の日が近づくにつれて、妻の不安は募るばかりだった。いったい何がそうさせたのか。また最後に講じた解決策とは。


 
自分が変わっても放置しても解決しないと気づき

 浮気の原因の矛先を自分自身に向けて自己反省、自己改革に努力してきた奥様。

 しかしいっこうに変わらない夫。むしろ段々とエスカレートしているようだ。

 このまま放置したままでいいのか。このように気づいた方の相談は多いものです。


 浮気が再発しても何度でも戦うと決めた妻の行動

 2度不倫相手に慰謝料を請求して終わらせた妻の事例です。

 終わらない不倫に嘆いたり、八方塞がりだと悲観し続ける、またついに放置してしまうのでなく、この浮気をぶっ壊すために何度でも立ち向かった妻もいるのです。


 夫の改心(態度の変化)を信じよう

 「証拠をとって夫、不倫相手を叩くことはせず」、「もう浮気をほじくることはせず」と依頼されてから言われる妻。

 いったい夫との間に何が起きたのか。あれだけあやしかった浮気は本当に終わったのだろうか。

 そこには妻の変化もあったはずです。


 浮気に終止符打つまで不倫相手を許さなかった妻

 もはや自身で浮気を終わらせることができない夫。

 妻はそんな夫をさしおいて浮気相手に直接会って解決したのでしたが、その先はどうなったのでしょうか。



 浮気問題の解決は興信所MKリサーチへ
年中無休 無料相談受付
電話 0120−8383−42

バナースペース

MKリサーチ探偵事務所|千葉

〒260-0032
千葉市中央区登戸1-16-1 5A

TEL 043-301-3735
FAX 043-304-5757