本文へスキップ

とち狂っている浮気者どうしの会話|興信所日誌

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

とち狂っている浮気者どうし|興信所の浮気調査日誌

浮気している二人のラインや会話、はたまた一人の時の行動に、探偵は心底呆れながらいつも思う、「とうとう行くところまでいっちゃったね!」って。

これで当人同士は至って普通の思考で会話が成り立っているから摩訶不思議。

あんな行動も至って真剣にとっているようだ。

探偵が対峙する不倫の二人の愚行には最後まで呆れてならない。



浮気相手と電話する夫夫の浮気相手


こんな会話が成り立っているw不倫の二人



「ところで彼氏とはうまくいってるの?」

浮気夫が不倫女に車内で聞いた質問だった。二人の会話の中で浮気夫が振ってきた。

”女は独身なのか?しかし、酷い女だわ、彼氏がいるくせにうちの旦那とよくもまあ、二股か!”と妻は腹立たしく思った。
もちろん常識のある方なら誰しもそう感じよう。

が、事実は違った。

ボイスレコーダーに入っている会話を聞くにつれ、「この女、旦那の会社の**じゃねっ!?」って妻は思えてきたのだった。

であれば、女は既婚だ。お子さんもいる、家もわかっている。

やはりその後の調査で、不倫女は夫と同じ会社のその女だった。

「彼氏とはうまくいっているの?」に対して既婚の不倫女の返事は、「最近会ってない。」と。

でも「三日前かな?会ったの」って言っているし(汗)

ほんとお盛んなようで、こんな会話が普通に成り立っているから摩訶不思議。


と思えば、違う事案では浮気夫とw不倫している女とのラインだった。

あっちの女(人妻)のほうは、この浮気夫に、「彼女とは**へ行ったの?」だとか、「彼女はどうなの?」とやたらと聞いている。

普通は違うだろう、「あなたの奥さんは**なの?」とか、妻に対するけん制とか探りじゃないのか。

それが彼女ときたもんだ。

”なんのことか?、彼女でもいるんか、この夫は?”と思ったが、調査して蓋を開けたら、やっぱりその”彼女”っていう輩が登場する始末。

浮気夫は平気で二股していたということ。

あっちの人妻も普通に知って不倫が成り立っているし、「私、離婚はしないよ」なんてライン送っているし、、、。

そんでもって、あなたが一番、お前が一番とラブメッセージ三昧ときた。

さて問題は、妻じゃなくその浮気夫の”彼女”って女性が、このw不倫を知っているか?

探偵は思う、知らね〜だろうな。と。

やはり妻と、その彼女にはばれたくないはずだし、二人のやりとりでそうとれる。

しかし妻はもう知っているんだけど、、、ばれてるし。

彼女かぁ、その不倫女も知っているかもね。

で、その不倫女も色好きっぽい男受けするタイプだから、彼が何人かいるかも。おおいに考えられる。

こんな世界の人たちの会話を聞いたり、ラインやメールを読んだりしている奥様方は、自分の夫やあっちの女たちがどんだけおバカさんか身に染みてわかって、ほんと気の毒で同情してしまう。

もちろん探偵さんだって同じ思いですぞ。


夫とダブル不倫している同じ会社の女


もう張っても追ってもいないって!大丈夫かあんたたち



浮気して迷惑かけたほうは、されたほうの苦しみや痛さはわからないだろとよく言っているけど、調査されて尻尾つかまれたほうの苦しみ?なんてわかりっこない。

苦しみっていうか、怒り、悔しさ、無念の思いだけだって。

まあそこはどうでもいいけど、よくいるこんな浮気夫や浮気妻たち。

調査終わって夫婦でさんざんすったもんだした後の出来事。
浮気夫は探偵つけられて証拠をしっかりとられたことも知っている。

そんななか、夫の車の中に盗聴発見器の空箱があった。

探偵ってけっこうあやしいことしてるな?なんて思わないでほしい。

たまたまとある駐車場に浮気夫の車があって、ここに彼はいないと確信していたから、車の横を通ったとき、後部座席をチラ見したら、そんな箱が転がっていたということだ。

「そっちかい、、、」と思った探偵だけど、本人は相当なトラウマとなって、警戒態勢をしいているのだろうね。

そんな浮気夫もいれば、こんな浮気妻もいた。

いきなり夫にラインがきたという。

「いつまでも追いかけているんじゃねえ!」だと。

「・・・・」なんのことか?意味不明だ。

どうも、あっち行っても、追けてきているし、そっち行っても、張ってるし?

探偵たちの調査はとっくのとんまに終わっている。

「いったい誰が尾行したり、張り込んだりしてるのか?」

いやいや、これぞ被害妄想の域なわけで、とうとういってしまったんだね!と探偵は思った瞬間だった。

そういえば、かなり昔、いきなり依頼人から電話があって、「探偵さん今も、追けてます?」と(汗)

もう終わって報告も済んでいるのに?

やはりこれも帰ってきた浮気夫が、「追けるのもいい加減にしろ!」と切れて迫ってきたので、まさかと思いながらも聞いてみたと。

この夫の時も、妻は探偵の証拠のことはどや顔で叩きつけ、女にも制裁加えたケースだったので、浮気夫も尾を引いていたんでしょうな。

ほんとどこまでもとち狂っている人たち。

頭の中が正常モードに戻るまでけっこう時間がかかるだろうと常々感じてならない探偵だ。


興信所の浮気調査日誌|メニューへ