本文へスキップ

浮気した夫(妻)に家を追い出された!?|興信所日誌

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

浮気されて家を追い出された!?|興信所日誌

浮気したほうが追い出すという理不尽なこと。これってなに!?
実際、浮気問題真っ只中の夫婦の間では、そんなことすら起きるもの。
その実態に迫った。

浮気をひた隠ししつつ、追い出しにかけてくる輩。

浮気がばれた後、行動を起こされ、それに対して逆切れして追い出しにかけてくる輩。

浮気している方が主導権を握っている理不尽なことが夫婦の間で起きている。



夫を追いだした浮気妻浮気されて家を出た依頼人の夫


浮気妻がなんで夫を追いだすのか!?



世の中にはすごい浮気妻っているものだ。

自分が出ていけばいいものを、ご主人を追い出してしまうんだから。

とある浮気妻がいた。

もう凄いのなんの、浮気し始めてからの変化は酷かった。

家のことはろくすっぽしなくなる。仕事だと言って帰りは遅い。

帰ってきてはため息ばっかつき、子供たちにもそっけない母親状態。

もちろんお子さんたちも、母親の変化に気づいているし、おかしいと言っている。

こんな状態のなか、夫はなるべく早く仕事を切り上げ帰宅し、夕ご飯の支度などしていたのだ。

仕事だと言って遅くなる妻の分も用意していた夫だった。

しかし、こんな変わり果てた妻を見てきて、浮気を疑わないはずがない。

夫は妻の浮気を確信した。

仕事だと言って、相手と会っているのだろうと予測はできた。

こんな状態では困ると危機感を感じていた夫は当然妻を問い詰めた。

でも突っつくと、ありえない妄想をするんじゃない!とぶち切れ状態。

さらに突っつくと、「離婚でもいい。もうこんなのまっぴら御免だわ。」と離婚を言ってくる始末。

その後、なにをどう聞いても、答えない。怒るし、「私には自由がないのか!」とまでほざいていた。

家での表情は常に仏頂面、そして口からはため息ばかり、、、。

話をしてもまともに話ができない三重苦。


これ以上、見過ごすことはできないと夫は真実を掴むため興信所に依頼した。

結果、やはり一人の親密な関係の男が出てきて、二人はお花畑状態であることもわかった。

そしてその証拠をもとに夫は不倫を壊すことを決意した。
興信所に依頼したのもそれが目的だったわけだ。

妻のやりたい放題にはもうさせない。

はっきりしたことを掴んで責めれば観念するだろうと。

だから夫は不倫の慰謝料を請求するため、相手男性に行動を起こしたのだ。


やはり妻は激おこだった。

取りつく島がないほどぶち切れ状態。

なんと自分の親兄弟を味方にしてきて、夫を追い詰めてきたのだ。

自分の身内には上手い事言っていたんだろう。

まるで夫に非があるかのように、追い詰めてくる妻。

出ていけ、帰ってくるなの精神的な追い詰めに、夫は耐えきれずに一旦家を出て行った。

そして弁護士をたてて、相手の男との係争に臨んだのだ。

ほんと理不尽なことではないか。

この妻は、ただの浮気妻を通り越し、鬼の浮気妻と化している。

本来は決着がつくまで踏みとどまったほうが良いのだが、身内も味方にしてプレッシャー与えてこられては無理っていうものだろう。


夫に離婚しろと迫られた妻不倫を隠して離婚を迫る夫


浮気をひた隠しして妻を追い出す浮気夫たち



実際、こっちのほうが圧倒的に多いものだが、浮気夫の両親と同居でもしていたり、同じ敷地内に住んでいるものなら、さらに最悪だ。

じいさんばあさん、とくに夫の母親が加担して、追い詰めてくるケース。

当然夫は浮気をひた隠し。

親は親で、浮気しているはずがないと信じている。

仮に浮気は事実と認識したとしても、「嫁のあなたのせいでもある」という理屈。

こんなのは決定的な事実を掴まないとさらにプレッシャーを与えてきますぞ!

どうして離婚しないんだ。

離婚届に早くサインしてくれ。

中には、親権までとろうという魂胆か、妻一人で出て行けばと言ってくる夫もいるが、多くは「子供連れて実家に帰れば!」とか、「アパートでも借りれば」と簡単に言ってくる夫たち。

実際にこういった場合、仮に妻が”夫の浮気”を確信していなくても、蓋を開けたらやはり女の存在あり!がほとんどで、

その多くはもてない独身不倫女か、やっと春が来たバツイチ不倫女だ。

こんな場合も決着がつくまで踏みとどまった方がよいのだけど、なかなかそうはいかないもの。

夫はもういらない、離婚でいいとその方向に覚悟ができていれば、問題ないが(言い方に語弊があるけど)、「離婚はしたくない!」であれば、出て行かされると、けっこう面倒な展開になるかもしれない。

ただ、そのうち浮気夫のほうが勝手に出ていくことも多いし、それは突然暴走するからどうにもならない。

もちろんその場合でも、潜伏先をつきとめておくことは当然だけど、問題解決の難易度は高い状態だということは認識して欲しい。

問題解決とは、女と切れて離婚を回避できたということ。

離婚は回避できたけど、女とは切れてない、、、

そんな状態が続くリスクが高いということだ。

ほんと悪いことしている方が主導権を握っている理不尽なことと探偵はよく言っているけど、それぞれの状況に応じて、最適な対処は指南していきたい。


興信所社長の言いたい放題|メニュー

バナースペース