本文へスキップ

浮気していないという状態のままだから終わらない

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

浮気していないという状態だから終わらない|興信所日誌

なぜ浮気し続けるのか、なぜいつまでたっても終わらないのか。

しかし「浮気していない」「不倫とかそういうことじゃない!」という夫婦の状態のままではないですか?

いくら問い詰めても、浮気はしていない、浮気じゃないと言い張る夫(妻)。

どうしてちゃんと認めて反省の態度を出さないのか。

お願いだから真実を言って!と願っても、「してないものはしていない」と。

これではいつまでたっても堂々巡りなわけです。



夫の不倫を確信した妻浮気はないと煙に巻く夫


浮気を認めない夫は絶対に認めない



浮気がばれる時って、ある日突然やってくる。

夫の浮気であれば、妻が「あれっ!」「んっ?」って感じる瞬間だ。

なんとなく感じる様子、気配の場合もあるけど、やはり決定的な事実を見てしまったことが多いはず。

夫の携帯、スマホのライン、メールの中身を見たら、浮気相手とのやりとりのオンパレード。

外で偶然に見ちゃった夫と浮気相手?とのツーショット

とにかく妻にとっては、夫の浮気は間違いないと確信できる決定打だった。

浮気を確信した妻は、もちろん夫を突っつく方が多い。

しかし一瞬青ざめた顔をしたり、しどろもどろになる夫もいるが、ワンテンポ遅れて、「浮気ではない!」という類の返事。

嘘をつくな、そんなはずがない!と妻は問い詰め続けるが、、、

ありえない言い逃れをしつつ、とにかく不倫とかそういう関係ではない!と言い張っている。

もうこうなってくると、肯定したら負け。

妻にばれてしまった原因がわかってきたなか、これ以上は何も証拠的なものを出してこないと踏んだ夫は、さらにのらりくらりと逃げるものだ。

夫婦の間だから、そんな言い逃れができたわけだ。

とにかく、初めて突っついた時から、

浮気はしていない。
浮気じゃない。
相談ごとをしていたけど、不倫とかいう関係ではない。

結局、俺は浮気なんてしていない夫のままでその場を切り抜けられたということだ。


水面下で不倫している夫


一度へまこいた浮気夫はまた繰り返すが、、、



やはり緩い夫はいるもので、また妻にしっぽを掴まれるようなへまをこく。

一度ばれているし(しかし夫は認めてない)、それ以降妻のアンテナはぴんと張っている。

よく浮気がばれたら終りにするでしょうよと思っていた妻もいるが、妻にばれてやばし!と思っていただけ。

いずれにしても、「俺は浮気なんてしていない」とか、「彼女とはそういう関係じゃない」のままきているわけだから、夫婦の間では浮気はしてないっていうことになっている(と、本人はね)。

なんで浮気をやめる必要があるのか!?

そこが妻と浮気夫の脳みその違い。

だから、続けられるし普通に続いていたってことだった。

そんな過程を経て、さらに見つかった。

それでも頑なに認めない夫もいるが、妻があり得ないくらいブチ切れて、迫ったら、やっと認める夫もいる。やっとだ。

でもそれはなんとか妻を静めるため、その場を乗り切るためだ。

この状況になって「夫が不倫を認めた!」ってなるケースもあるけど、時間の経過とともに、まずうやむやになると思って欲しい。

となると、それでも浮気は続いている!?ってことか。

探偵さんははっきり言うが、「そういうことです!」なのだ。

一度、二度、さらに三度という方もいる。

それだけ浮気を確信できるだけのものがあったのに終わらない。

あまりにも問い詰めたり、突っついてきたから、妻が怖い、睨むとか言い出す始末。

帰ってこない、帰りが遅いのも、そんな私のせいだと言ってくる。

あまりにも私のせいにするわ、浮気はない、肉体関係とかそういう間柄じゃないを通すものだから、「私がおかしいのか!?」と思ったときもある。

浮気はしていない、彼女とは不倫ではないという夫とは、いつまでたっても同じことの繰り返し。

身も心もどんどんずたずたになっていく。


浮気解決する探偵


身震いしながらやっと認めた夫たち



いかがでしょうか。

このように浮気していない夫×浮気だ!いい加減に白状しなさい!認めなさい!と迫る妻

ずっと繰り返してきた夫婦。

探偵さんのところでもけっこう多いものでした。

これでは、妻はいつまでたって身も心もずたずたです。

浮気している夫だから苦しい、辛い のではなく、こんな堂々巡りなことを繰り返してることが苦しい、辛いのです。

しかし、こんな夫にとうとう不倫を認めさせた、ぎゃふんと言わせることは可能です。

妻が何度も何度も突っつてきた浮気の材料が、やはり逃げきれる材料であって、決定打とは言えなかったのです。

確かにこの段階で弁護士をたてて浮気相手を排除しようとした方もいる。

けど、腰の座ったしたたかな相手であれば、やはり絶対に認めない。

それは数々の事例が物語っています。

そうなってくると、妻がたてた弁護士といえど、不貞を決定づける材料がないから、撤退です。

どういう事実、どういう証拠なら夫をぎゃふんと言わせられるのか。
やはり今までではダメだったのです。

そこに気づいた妻は、興信所に相談しています。

その後依頼人の妻の多くは言います。

「あの俺様夫が、身震いしながら不倫を認めました!」と。

どうしたらぎゃふんと言わせられるか
どんな内容なら身震いさせられるか

探偵は心得ています!

つまり浮気問題を解決する為、まずのスタート地点は、そこからなのです。

浮気なんてしていない、浮気じゃない とそんなこと言われ続けているうちは、ずっと続きます。

夫と不倫相手にとって、どんな危機が訪れても、続きます。

それを理解して、興信所を利用する。

浮気夫に天を仰ぎさせ、身震いさせる、、、

探偵たちはこのためにも仕事しているわけだから。


興信所社長日誌|記事メニューへ