本文へスキップ

張り込みと探偵|浮気調査のこと教えて!

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

張り込みと探偵|教えて!探偵の浮気調査

一に張り込み、二に張り込み。現場での仕事の多くを占めるのが張り込みです。
探偵の浮気調査は張り込みがメイン。
過酷の環境に置かれた長時間の張り込み、、、できますか?

地味に張り込み、無駄に長い時間張り込みと、探偵の浮気調査は”張り込みに始まり張り込みに終わる”と言っても過言ではありません。

依頼人が受け取る証拠写真(映像)も、長い張り込みをしたからこそとれた結果なのです。



張り込み証拠撮影機材張り込み調査映像を見る探偵


こんな張り込みはきついって!


探偵のお仕事のなか、とくに浮気調査、行動調査をメインとしている興信所であれば、やはり張り込みをしている時間が一番長いものです。

探偵=張り込みと言ってよいくらいです。

では探偵の長い張り込み実例をあげますが、こんなことを懲りずにやってのけなければ、とても探偵は務まりません。

ただきついことは相当にきついです。

辛いときはけっこう辛いです。

まさかここまで長い張り込みを強いられるとは思っていなかったのも事実で、ある時点から、「早う出てこい。動かんかい!」と念仏を唱え、次第に「もうこうなったらいつでもいいぞ!いつかは出てくるんだから。」と投げやりになっていることも(苦笑)。

ただどんなに愚痴をこぼしても、複数台のカメラはターゲットが出てくる場所を向いている。

出てくる場面を証拠撮影するために、こんなに長い張り込みをしているのですから。


浮気相手と妻の証拠写真


浮気相手のアパート駐車場で二泊三日を強いられた!


過去の事例をひとつ紹介します。

出会い系で男と知り合ったらしい妻が、男に会いにいくことがわかった。

妻は一泊すると踏んだ依頼人の夫。

浮気相手の男の素性はまったくわからない。いったい妻はどこへ行くのか。

浮気相手の家に行くことはわかっている。

調査開始の日、妻の退社後を尾行した探偵。

妻は県道をひたすら走行し続け、依頼人が予測していた「相手の男は**町らへんに住んでいると思います」って言っていた町もあっさり通過。

どんどん北上し、かれこれ2時間は過ぎた。

そしてとある田舎町の古びれたアパートの駐車場に入っていく妻。

探偵は妻がどの部屋に入っていくか確認しなければならない。

すると妻の車が入っていくやいなや、浮気相手の男らしい人物が1階の一室から出てきて妻を出迎えている。

アパート駐車場の隅に車を停めた妻は、そそくさ浮気相手のほうに歩いていき、二人は部屋に入っていった。


このような調査の場合、入りと出を撮り、どの程度の時間、浮気相手の部屋に滞在していたかを立証します。

浮気相手の住所が判明し、そこに外泊したという事実を立証するわけですが、深夜に出てきて帰っていくよりも、一泊したという事実の方が証拠能力としては高いわけです。

ただ翌日、妻は勤務が休みであるため、出てくる時間が読めない。
そこが気がかりでしたが、どこかデートに出かける可能性もありますから、気を緩められません。

また浮気相手の車がどれかもわかりませんし、とにかく探偵はアパート駐車場の空いている(その駐車位置の住人が帰ってきてガン見されたら、移動するつもり)位置で車両張り込みをしたのです。

しかしまさかそうなるとは・・・。


探偵に張り込まれた不倫相手


なんとこの妻が浮気相手の部屋から出てきたのは、翌々日のお昼過ぎであった。

ということは2泊、探偵は妻の出を張り込んでいたわけだ。

もちろん、途中、コンビニとか行ったりしたが、それは夜中のもう出てこないだろう時刻。

さすがに飲まず食わずで二泊は無理だ(汗)。

一泊での推測だったから、軽食とペットボトル程度は買っていた。
無駄に食べたり飲んだりするとトイレという問題も出てくるわけで、そこは想像に任せるが、たまたまその調査は二名体制でなく、単独で実地したから、気兼ねなく違った意味でこんなに長い時間張り込めた感もある。

確か冬場の寒い時期だったので助かったが、真夏であれば厳しかっただろう。

まずこんな場所でエンジンはかけられないから。


極端な例ですが、このように想定よりもさらに長い張り込みを強いられることはよくあることで、引き揚げたくてもそれは無理。

「いつまで張り込むの?」と聞かれたら、「出てくるまで!」に決まっている。


他、よくある事例としてはラブホテルの駐車場にひっそりと張り込むことはよくあることで、低料金でフリータイムの超ロングのプランはどこのホテルもあるから、ほんと迷惑だ。

夏場でも8〜9時間張り込み!もあるわけで、我慢できない人であれば、1時間ももたないだろう。

「いや〜私には無理だわ。絶対にできないでしょう」とはっきり言われた依頼人様もけっこういるし。

ある意味忍耐力がないと無理だけど、それは苦しいきついとは探偵も感じてはいるが、証拠をとるために気が張っているから、なんとかやり遂げてしまうのでしょう。

こういう張り込みばかりやっている慣れもあるし、寒い暑いの感覚も違うんでしょうね。


探偵の浮気調査のこと教えて!