本文へスキップ

法律から紹介された興信所|こんな探偵を選んだらNGです!

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

複数の法律家から紹介された興信所|失敗しない探偵選び

興信所を探している際、複数の法律家の先生から名前を出されたり、紹介された興信所が同じだったなら、、、問答無用安心して相談しましょう。

稀なケースではありますが、MKリサーチでもそんな偶然の一致か必然か!?はあります。

それに個人の方のお口添えも入る場合もありますが、とにかく複数の方からの口コミっていうことです。

とくに地方、田舎であれば、他社様でも耳にしますし、意外とありえることかもしれません。




興信所選びする東京の相談者成田市の探偵相談員


ネットでサイトを見て電話してきた相談者



MKリサーチは千葉市〜成田市がホームで、土地勘があり一番強い地域です。

そんななか、成田市に居住する40代の妻から一本の電話がありました。
夫の浮気調査の相談です。

電話でこれまでの経緯や料金のことなどお話しをして、その時は電話を切られた相談者でした。

後になってお聞きしたのですが、「おたくに相談していいのか、夫の不倫で悩んでいた最悪の頃だったので、疑心暗鬼にもなって判断がつかなかったんです」と。

親兄弟しか信用できなくなる方もいます。

ですから相談者の妻は、親を介して知人やら様々な人に「どこかいい興信所を知らないか」と尋ねていたそう。

実はこんな方法も正解ではあります。

「興信所を探している」ことが知られても良いのであれば、人脈がどれだけあるかにもよりますが、「いい探偵社さんを知っている」方がいる場合もあるからです。

この相談者も成田市という地方(田舎)でしたし、父親の仕事関係の人脈が広かったこともあり、

地元の司法書士の先生に尋ねたのです。

すると、「MKリサーチっていう探偵事務所があって、**さんっていう方に電話してごらん」と。

またそのとき、商工会議所の知人にも聞いていたところ、そのまた知り合いが、「この辺ならMKリサーチさんがあるよ。ちゃんとやってくれるはずだよ」と以前、弊所に依頼されたことがある方を知っていたようでした。

よってこの段階で妻は、司法書士と、会社関係の知人から、同じ興信所の名前を言われたということです。

実はこれで興信所選びが終わったわけではなかったのです。

夫の不倫調査をした後、やはり弁護士を立てたほうがいいと両親と話していた妻は、弁護士にも相談してみようということで、相談に行ったのです。

そしてその相談のなか、「不貞の証拠は必要です」と、弁護士からも当然言われました。

これまで弊所の名前を聞いていた妻でしたが、弁護士事務所でも、「ちなみに先生のところでどこかいい探偵社さん知りませんか?」と尋ねたという。

すると、弁護士は、弊所の名前をあげたという。

それはそうでした。これまでも様々な依頼人の事案を紹介しあったりしてきて、弊所の仕事内容は熟知していたわけですから。

妻は、「そういえば、以前一度電話したことがある、、、」と言ったそうですが、疑心暗鬼のほうが勝っていたので、わからなかったと。

その時、弁護士が妻の前で弊所に電話をかけ、面談してくれないかと、打診されてきたわけでした。

それが最終的に弊所に相談することになった決定打だったのですが、かなり慎重に興信所選びを進めていたことは確かです。

やはりご両親が「興信所に依頼して想定以上に高額請求されることがあるのでは?それが怖い。秘密も握られるわけだし、、、」と、そういうイメージを抱いていたようです。

ただ、現状、探偵業法が制定され、以前に比べ悪徳探偵社さんは淘汰されている(はずな)ので、法外な費用請求とか、秘密をばらすような事例は改善されているはずです。

しかし、人脈を駆使して興信所を知っていそうな方がいれば、内密に尋ねてみるのも一つの良い方法ではあります。


弁護士から紹介された探偵社の相談員


地方であれば口コミ、紹介は安心です!



このように一人の法律家だけでなく、複数の法律家からの口コミほど安心なことはありません。

これに実際に過去依頼したことがある方のお口添えがあればさらに信頼大です。

手前自慢な内容となりましたが、地方、田舎で長年、安定的な活動をしている興信所であれば、ありえることでもあります。

たまたまこの成田市の妻が慎重になり過ぎていて、あっちこっちに同時に尋ねていたから、こうなったとも言えましょうが、慎重になり過ぎることは悪いことではありません。

むしろこのくらい慎重に面談する興信所を選ぶことも必要なのです。

今や、スマホでインターネットを見て興信所を探される方が非常に多くなってきています。

書かれていることだけでは「安心できない」というのもごもっともです。

この相談者の良かったところは、相談者及びその身内にとって、よく知っている方からの口コミだったということです。

それがネットで初めて知り合った法人、事務所、**の先生からではないということです。

冷静に捉えれば、その紹介、お口添えに、「商売の臭いはしない」ということです。

なかには過去、それもかなり昔でも、かかわったことのある弊所の名前を出していただけることもあります。

弁護士や司法書士ばかりでなく、税理士さんもいれば、会社の経営者さんもいます。

もちろん個人の方もいます。

MKリサーチがとく営業をしているわけではありません。

もちろん挨拶くらいは行かなければいかがなものか?と思う時もあります。

が、日々現場に追われているなか、紹介されたお仕事をきちんと遂行して結果だけを見ていただく、、、

それが何よりの営業だとの思いです。

だから、これからも営業は、、、しないでしょう(苦笑)。

とにかく、ネットの世界で貼られたリンク、自社サイトに誘導してくる紹介サイトにはご注意ください!