本文へスキップ

夫の居場所と不倫の証拠をつかんで!|探偵料金事例

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

夫の居場所はどこ?浮気していないって言い張ってるけど

家に帰ってこなくなった夫の居場所の特定と、不倫の証拠の収集です。

連絡はとれるが、帰ってこれない、浮気していない!と言い張る夫は少なくありません。

浮気相手の家に転がり込んでいると確信している妻。

多分相手はあの女性だと踏んでいるけど、住所はわかりません。

帰ってこない夫を調査して真実を暴きたいという妻からの依頼でした。




帰ってこない浮気夫に悩む妻浮気をやめない夫


浮気調査に至るまでの経緯



千葉県旭市に居住する40代の妻からの依頼でした。

一か月前から夫が帰ってこなくなったという。それまでに数日帰ってこない時が度々あって、妻もさすがに突っついた。

すると切れて一週間帰ってこなくなったりと、エスカレートしていくばかりだったとか。

実はかれこれ1年ほど前に、スナックのホステスと浮気している事実が発覚したという。

つまりばれたということですが、

夫は本気なわけがない。
浮気だと思っていなかった。
もちろん夫婦、家族を壊したい気持ちはない。

どこの浮気夫も言うのと同じ台詞を言いながら、この件については終り!と手仕舞ってきて煙に巻いたそうでした。

けどそれからも怪しい行動は目に入るようになり、「きっと終わっていないのだろう」と妻は確信していたのです。

そのような状況のなか、夫は夫で、帰ってこなくなったり帰宅が深夜午前様になるのは、

俺に帰ってきて欲しくないようだ。
俺を睨んでお前が怖い、、、

などと、いつしか妻のせいにしてくるようになったという。

そのような状態であれば、夫婦関係はさらに上手くいくはずがありません。

浮気を隠し通して、こそこそしている夫。

それを疑っている妻。

二人の距離はどんどん離れていくものです。

そしてある時期から、帰ってこない。その次の夜も、またその翌日も。

夫とはラインでやりとりしていた。

妻が帰ってこない夫を問い詰めると、「会社に泊まっている」と言うばかり。

「じゃあ、今会社にいるという写真を撮って送って!」と送ると、その後無視。

たまりにたまりかねて電話すると、

「今、運転中だ!いったい、おまえは何がしたいんか?」と逆切れしてくる始末。

ほんと、これは妻の台詞なのですが、、、。

帰って来るわけじゃない、浮気すら認めない、帰ってこないのでなく、帰りたくても帰れないとほざいてくる始末でした。

「おそらく成田市周辺に居て、あの女と一緒なはず!」と踏んでいる妻は、MKリサーチに依頼されてきたのでした。


千葉の探偵相談員



2週間程度の期間をもらい浮気調査した方法と料金は



調査目的は、会社のはずがない現在の夫の生活場所と、不倫といえる証拠の収集です。

夫の潜伏場所(苦笑)は、勤務先から尾行してつきとめる。

そしてその場所は浮気相手の居宅であるはずだから、二人がそこで一緒に生活していることを立証するため、出入りを複数回捉えることです。

このような場合、女性宅にお世話になっているが、不貞の関係ではない。

女性宅に例えば女性の彼氏とか、他の人物が居た。

そのような嘘、言い逃れをしてくる人もたまにいますので、4〜5日の出入りはおさること。

そして外出して食事をとったり買い物をしたりする親密な様子を捉えられればなおよいということです。

よって、MKリサーチは調査目的を達成するために、2週間の期間をいただきました。

私たちの中では、2週間でかけられる時間の目安というものはあります。

が、夫の生活パターンがわかっても、浮気相手のほうはわかりません。

まずは夫を勤務先から尾行して、居住場所をつきとめ、そこから状況で対応していくわけです。

調査を夕に開始して深夜終了。

そして朝から再開して二人を確認(出勤)した時点で終了。

二人が休日だと判断した日は、終日張り込み、外出デートにそなえる。

このように、2週間のなか、調査実地日や時間帯は調査員2名が臨機応変に判断して実地しました。

大手探偵社、また業務委託している先にそういう対応を求めて難しいはずです。

依頼人にとっては、ある意味
「超お得なお任せプラン」なのです。


結果、4泊の証拠。
2回の外出でそれぞれ食事、買い物デート。

それは誰がどう見ても、夫と浮気相手が二人で部屋で暮らしている事実というもので、ただの同居人ではない、親密な間柄であるといえる結果でした。

以上のプランで、浮気調査の料金は、

¥600,000円 

でした。


浮気調査の料金事例|メニュー