本文へスキップ

感情任せで離婚を言う夫(妻)|離婚問題はMKリサーチへ

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

感情任せで離婚を言う夫(妻)|離婚問題は探偵MKリサーチへ

短絡的といえましょう、感情的になって離婚を口走る夫(妻)たち。
後先のことなど考えずに離婚を迫ってきます。

夫(妻)は本気で離婚を迫ってきていると感じたものの、それ以来、言わなくなった。

ただ衝突した際、また急に思い出したかのように、離婚を言ってくるときもある。

夫(妻)は本当に離婚したいのか。
またどう向き合っていけばよいのか、相談員の視点から解説します。




浮気を自白して離婚を迫る夫


離婚という発言は衝撃的です!

浮気していると全く気がついていなかった方にとっても、なにかしら異変を感じていて変だなと思っていた方にとっても、「離婚」という夫(妻)の言葉は衝撃的です。

当然、その前後には、
夫婦はうまくいっていない、このまま一緒にいる意味がない。

愛情はない、気持ちはないなど、突き刺さるような言葉が飛び交っていたでしょう。

そしてさらに自白する夫(妻)もいます。

「誰か好きな人でもいるの?」とか、「浮気!?」という問いに対して、始めはぐらかしていた夫(妻)が、開き直って自白するわけです。

それは聞いた方は驚きです、浮気していたのですから。

ただ、彼女(彼)がいるから離婚してくれと言っているわけじゃない。

夫婦の問題と彼(彼女)との関係は別問題だ!が常套文句です。

では、夫婦が衝突しているとき、夫(妻)が発した「離婚して」は本気なのでしょうか。

覚悟を決めて言ってきた言動なのでしょうか?

探偵さんから言わせれば、本人は本気のつもり。
なのだが、その本気が感情的な思考に左右されたうえでの本気というのが正解です。

非常に短絡的なのです。

つまり物事の分別をわきまえる頭の状態でなくなっています。

だからただ単に今感じている理想、妄想を追い求め、その過程、筋道なんて飛ばしちゃって結果だけ、それもありえない結末(本人は本気感ありありだから始末が悪いのですが)はこうだ!と勝手に決め込んでいるだけです。

理性、常識、筋道、本質なんて無縁の境地です。

浮気を疑われた妻(夫)が、おまえ(あなた)の被害妄想だ!と、よく言うじゃないですか。

その言葉ってまさにこういう浮気夫(妻)に投げ返したいものです。

とにかく妄想が先走っしている、

不可能、可能なんておかまいなし、こうなるなれるという妄想が頭の中を占めているのです。


不貞の証拠をとる探偵を探す妻


離婚してどうこうできる相手じゃないのに!

「夫は離婚を言ってきています!」とか、「妻は離婚を迫ってきています」という過程を経てきた夫婦。

すでにあまり離婚を言わなくなっているケースも多々あります。

が、あれは冗談だったとか離婚は引っ込めたわけではありません。

やはり浮気している夫(妻)も、夫婦が衝突していないときは、幾分「そうは言ってもなあ」と現実的なことが脳裏によぎることもあります。


さて、このような浮気夫(妻)の相手はいったいどうなのか?

MKリサーチで不倫の証拠から、不倫相手の身元まで調べていきますと、見えてきます。

w不倫の場合、相手にも配偶者がいるわけです。

最近も何人か妻の浮気調査を実地したのですが、すべてw不倫でした。

妻は感情的になって離婚を口走っています。

しかし相手の男のほうですが、どう見ても、離婚するようには見えません。

そういう見解に至った根拠はあるのですが、いずれにしても「この不倫相手の男性が、妻や家族をとるか、女(この浮気妻のこと)をとるか究極の選択を迫られたら家族をとる!」はずです。

もちろん、自分の夫に離婚を迫っている妻も、そう感じているときもあるかもしれません。

けど、夫婦で口論、議論、話し合いが始まってしまうと、冷静な判断なんてできなくなり、何度も言いますが、感情が支配しちゃって、短絡的に発言してしまうものです。

なんとなく脳みそのメカニズムがおわかりでしょうか。


離婚問題の相談を受ける探偵


真に受けない、同じレベルにならないことです!


「本気で離婚を言ってきています」と今までにないくらい変貌した夫(妻)であっても、とにかく冷静でいてください。

同じレベルに熱くなって議論しても、ただ衝突して終りです。

つまり今は、かみ合わない相手なのですから。

また、「本気か!?」という不安も払拭してください。かなり妄想も入ったうえでの戯言でもあります。

本当の本気度とは、筋道をたてて離婚を言ってくる場合です。

例えば、離婚するにあたって、どういう流れで決めるのか、また離婚するにあたってどういう条件を考えているのか、またその後は?など。

でも実際はそうでない場合が多く、ただただ、別れて、離婚して!なだけ。

真に受けることはありません。

とうとうとち狂ったか、、、でけっこう。

ただのんびりせずに、相手はどういう人なのか明確にすること、そしてこれから起こりうる危機に対して不倫の証拠収集です。

とにかくこちらとしては感情的にならず、常に冷静でいることが肝心なのです。


離婚問題をどうするか|メニュー

千葉の探偵・興信所

MKリサーチ探偵事務所|千葉

〒260-0032
千葉市中央区登戸1-16-1 5A

TEL 043-301-3735
FAX 043-304-5757