本文へスキップ

興信所にばれない浮気密会!?

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

興信所にばれない密会!?|興信所社長の言いたい放題

「興信所にばれない密会」
つまり浮気がばれない方法を知りたいのだろう。
世の浮気者のなかには、「浮気がばれない方法」を必死に検索している輩たちがいるけど、無駄な抵抗だ。

興信所にばれない浮気密会だとか、真剣に知りたがっている輩たちってけっこういる。

また、それ相当に警戒しているね、ばれたくないんだねと探偵が現場で感じるターゲットもいる。

しかしどんな浮気調査であっても、どんなに難解な現場であっても、黒の行動をしているならば、時間の問題だ。




浮気調査する興信所の探偵


視界に入るところに探偵が張っている、尾行しているとは限らない



浮気調査を例にあげるけど、不倫密会がばれたくないのは誰しも同じだけど、一度や二度ばれている輩たちの中にはそれ相当に警戒しているお方たちはいる。

だから必死にばれないように行動するわけだけど、まずは周辺に自分を監視している(張っている)追っ手がいるか?

興信所業界では、調査起点という言い方もするけど、ターゲットが出てきて尾行開始する地点ということだ。

ターゲットの自宅とか勤務先などが多いけど、そこを出ていく時点から異変、違和感を感じ取ろうとしているわけだ。

まあそこでお粗末な探偵であれば、ターゲットの目につきやすい、ばればれな場所で張っていたりするし、そのままそこで張っていた探偵(車両)が追跡するからさらにばれやすくなる。

その後、追っ手は本物か!?を確信するまで警戒行動をとるだろうが、その空気を読めないとか、感じ取っても無理して追けていくから、ばれる探偵になる。

となると、「やっぱり探偵つけてたのか!」と、警戒しているターゲットをさらに太刀打ちできない状況にさせてしまうものだ。

まあここまではよく聞く話でもあり、探偵のところでも、尾行開始したら、「あらら、けっこう警戒しているね、なにか過去にやらかした?」と判断できる輩もいるので珍しい話でもない。

「興信所にばれない密会」を検索しているようなお方たちにとっては、してやったりだ。

しかしだ、

ふ〜ん、それで安泰に浮気ができるのか?と思ったらそうはいかない。

尾行って必ずしも後ろから追けてくるものじゃない。

居場所を張り込みされる場合、追っ手や追っ手の車両が必ずしも視界に入るところにいるわけじゃないから。

尾行は同じ人物が、また複数の人物が交代交代で、追けてくるものといまだに思っている無駄に警戒している輩がいる限り、シッポは掴まれる。

つまり本気の警戒態勢をしいた興信所を巻くことはほぼ不可能だ。

どうしてもばれない方法を聞きたいのであれば、

後ろじゃね〜ぞ、前を見ろ! これでいいだろうか。

でもその前の視界に入った人物はどうだった?一般の通りすがりの人かもよ?


不貞の証拠をとった興信所調査員


ばれない浮気密会、こんな方法も無駄だよ



家の周りをキョロキョロ、勤務先周辺をキョロキョロとしたり、後ろばっか振り返って確認してても無駄!っていうことは今言った。

けど、たいしたことない興信所であれば通用する手法だろうけど。

さらにこんな方法をどこかのマニュアルか?何かから?知識を得たのだろうけど、無駄であること、そのいくつかをあげておく。

〇地方などの浮気密会で、自分の車はばれやすいから、浮気相手の車に乗る。相手の助手席、もしくは後部座席に乗って移動。

もしかしたら自分の車にはGPSか何か仕掛けられてて(盗聴されてる?なんて意識している輩もいる)、足がつきやすい。

相手の車に乗っかって遠くに行っちゃえば、尻尾は掴まれないだろう。

そんな警戒行動はもはや初期レベル。たいしたことじゃないんだ。


〇尾行されているかもしれないからと、あるデパートに入ってエレベーターに乗った。
最上階を押して、降りずに間違えたふりをしてもう少し階下で降りる。

もしくは、売り場に出て移動するたびにエレベーターを使う。
そのエレベーターも閑散としてて他の利用者は少ない、、、。

確かに面倒なことやっているな!感あって、嫌な行動だけど、先も言ったけど、探偵は視界に入るところで尾行しているとは限らない。

甘いよね、無駄だ。そんな時間がもったいないことやめて移動したほうがいいって(苦笑)。


〇ラブホテルはプライバシーカーテンが完備しているところしか使わない。

もちろん入っていくとき,後方も前も相当に注意した。
他に目に入った他人(追っ手かもしれないし)、車両(追っ手の車両かもしれないし)がいれば、踏みとどまったり、一回出ていくなど徹底ぶり。

中に入ってしまえば見つからない。
まして「どうやってこの状況、不貞の証拠をとるのか?」とまで思う。

これも甘い。
やや上級者が考えることだろうけど。
@*#で浮気してくれるよりずっとましだ。(@*#は言えないね)。


〇ラブホテルの出入りを一回でもおさえられたら不貞の証拠として立証されることは学習した。

またラブホテルに駐車している車を見られたり、とにかくラブホテル、モーテルはまずい!と、警戒している人たちもいる。

確かに間違っていない、それはその通り。

だから、車の中で不貞に及べばわからないはず。

中で話していただけだと言い逃れできる、、、。

これも甘い。確かに興信所に決定的な証拠はとられにくい現場であることは確かであるが、撮る力のある興信所ならば、撮ってしまうから、これも無駄な抵抗だ。

車両二列目座席、窓ガラスに一番真っ黒なフィルムを貼っていても、撮られますぞ。

撮れる興信所にとっては、「むしろ服を着て出入りするとこしか撮れないホテルより、こっちのほうがリアルだよね!」と思っている。


やはりこうなってくると、ばれたくなければ、密会をしない。

まったく答えにはなっていないけど、しょせん素人さんが考える回避行動なんて探偵にとっては想定内なんだから。


興信所の社長日誌|メニューへ