本文へスキップ

離婚問題は探偵MKリサーチへご相談ください。

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

離婚問題は探偵MKリサーチへご相談ください

 離婚を有利に進めたい、この先離婚もなくはないとお考えの方、MKリサーチは、浮気不倫している相手とスムーズに離婚ができるよう力強い味方となります。

 また離婚は阻止したいという方も問題は同じ!ぜひご相談ください。

 浮気している夫(妻)とは離婚したい。それは今すぐか、この先かと依頼人それぞれです。

 お任せください!MKリサーチは、浮気問題にも調査にも豊富な実績がある離婚を有利に進める証拠を掴む探偵、また離婚を阻止する探偵です!


離婚に詳しい探偵


 
有利に離婚を進めるためは探偵選びは重要です!


 
夫(妻)は、自身の浮気を隠しながら離婚を迫ってきている。

 でも私は夫(妻)が浮気していることを確信している。

 きっと離婚理由も彼女(男性)ができたからに違いない。

 いかがでしょうか。離婚を催促してくる夫(妻)の中には、離婚調停を申し立てる相手もいます。

 さらに弁護士をたててくる相手もいます。

 「このままでは夫(妻)の言うがまま、あちらのペースで離婚になってしまう。私は納得がいかない。」という思いの方は少なくありません。

 夫(妻)によっては、浮気のことなどまったく気がついてないと高をくくってる相手もいます。

 気づいているだろうけど、どうせ立証できるだけの証拠なんてないとなめているかのような相手もいます。

 かつ、ほとんどの相手が、”まさか探偵をつける?”とまで思わないのも事実です。

 もちろん、夫によっては、「探偵でもつければいいいじゃないか!」と言ってくる人もいますが、ある意味牽制と、どうせ探偵までつけることはしない(できない)だろうと思っている人が多いものです。

 有利に離婚を進めるためには、浮気している夫(妻)の嘘を暴くことです。

 もちろん、いくら問い詰めても真実は語りません。

 中には、白状したという夫(妻)もいますが、結局、ただ気になっている女性(男性)という程度の内容であり、相談者だったと言ったり、時間の経過ととに、自白した夫(妻)も学習してきたのでしょう、「もう彼女(彼)と関係はない」などととぼけた態度に変換する人も多いものです。

 ですから、慰謝料だとか、財産分与の離婚条件の話。そして不倫相手に対して行動を起こされようもなら、必死に抵抗してくるはずです。

 よって何が大切かというと、夫(妻)の浮気が確かなものであれば、その嘘を暴く本当のこと、真実が必要ということなのです。

 浮気を頑なに隠している、否定してる相手の嘘。

 有責配偶者にして主導権を握るのです。

 夫(妻)は一刻も早く離婚したい。

 でも、あなたは真実を握っている以上、自分が納得できるまで無理に決断することはありません。

 自分のペースで決めることです。

 世の中、本当に簡単に離婚ができると踏んでいる夫(妻)は多いものです。

 有利に離婚。もしくは離婚も想定して納得してから決断をする。

 そのために、主導権を握れる証拠、事実をとる探偵選びは重要となっていきます。





 
これからの対処、生活もあるのだから探偵費用にもっとシビアに。費用対効果をよく考えてください!



 これから離婚に向けて、仮に今は離婚を阻止するスタンスでいても、弁護士を活用される場合も多いでしょう。

 弁護士費用もかかるのに、そこまで高額な料金を探偵に費やすのも疑問です。

 ということは、”低料金で安心です”とか、”業界安値”とかうたっていながら、ぜんぜん低料金ではなく、むしろ相場より超高額料金な探偵社に依頼してよいのでしょうか。

 相手方に不貞を認めさせ、その慰謝料としてお金をとって離婚する。

 シンプルに言えばそのために探偵に依頼したわけです。

 依頼者様によっては、弁護士をたてる方も少なくありません。

 やはり慰謝料請求の交渉をスムーズに少しでも有利に進めるために、法律家の手を借りることは賢明な選択だと思えます。

 なかには、不倫相手が弁護士をたててきたとか、夫(妻)が弁護士をたててくるケースもあり、だからこちらもたてたという事例も少なくありません。

 ということはです。探偵費用がかかり、ここでさらに弁護士費用がかかるわけです。

 どの程度の浮気でどれくらい慰謝料を払わせられるかはケースバイケースですが、思った以上に低い慰謝料で決まることもなくもありません。

 また、問題は離婚をした後です。その後に待っているのは、妻であれば、夫のいない生活です。

 住居の問題、仕事の問題、子供の問題とお金はかかります。

 よって、探偵費用と弁護士費用でどれくらいまでかけられるのでしょうか?

 少しでも低料金な探偵・興信所に依頼するという費用のこともシビアに考えなければなりません。

 よく耳にするのは、信頼のおける人、信用できそうな機関に探偵社を紹介された。確かにきちんとした仕事をし、信頼性はある。

 しかし、料金が相場以上で超高額料金だった。
 このような事例は多いものです。

 ですから、紹介されて良しと思っても、料金まで信頼できるかはもっとシビアに検討する必要があります。

 とにかく気持ちに余裕がなく、早く何とかしたいため、飛びついてしまう。

 悪く言えば、「衝動買いしてしまった」と言われても仕方ありません。

 まして、相談員が言うほど、高額な慰謝料が本当にとれるものか。

 「とった慰謝料から探偵費用を差し引いても十分プラスですから」と言われても・・・。希望的観測です。そういった事例もあったのでしょうが、そこもシビアに捉えたほうが賢明です。

 よって、弊所は思うのですが、離婚を前提として探偵に依頼する場合、

 探偵料金は40〜60万円の範囲がベストであり、状況にもよりますが、その範囲から3割程度の上下でおさまる設定が平均ではないかと思えます。

 費用対効果もよく考えれば、超高額料金な探偵に依頼するのはおかしな話なのです。



離婚の為の証拠をとる興信所


 離婚と探偵というテーマで、豊富な浮気離婚問題に携わってきた探偵が、浮気と離婚にリンクする様々な情報を事例を紹介しながら発信していきますが、

 有利に離婚したい方、

 今は離婚は考えていないけど、いずれ離婚はすると覚悟している方、

 それと、夫(妻)は離婚を迫ってきている(離婚まで言ってきていない)が、あなたは離婚を考えていない方も含め、参考にしてください。



 ・感情任せで離婚を言う夫(妻)の短絡的さ


 ・離婚を急に言ってくるのは浮気が原因、あなたは悪くない!


 ・離婚を有利に進めるためなぜ探偵の証拠が必要なのか


 ・離婚を切り出してきて水面下の浮気


 ・「離婚届けにサインしてくれたら何々する」は早く離婚したい夫の常套文句!


 ・不倫相手に慰謝料請求したら離婚する!ってホント?


 ・なんでもかんでも証拠とって慰謝料請求する!のではない!


 ・離婚したくなかったけど離婚でいいと気持ちが変わった妻



 こんな言葉を耳にされたことはありませんか?

 離婚しないなら探偵つける必要はないと。

 つまり探偵つけるのは離婚したい人だけであると。

 本当にそうでしょうか。詳しく解説しておりますので、参照してください。


 離婚を有利に進める探偵
年中無休 無料相談受付
電話0120−8383−42

探偵は離婚問題に実績あるMKリサーチ

千葉の探偵・興信所

MKリサーチ探偵事務所|千葉

〒260-0032
千葉市中央区登戸1-16-1 5A

TEL 043-301-3735
FAX 043-304-5757