本文へスキップ

これからの探偵のあるべき姿、姿勢とは。

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

これからの探偵に必要なこと

 業界の展望は解説してきた通りですが、これから探偵・興信所を運営していくにあたって、個人でも組織でも探偵として活動していくのに一番大切なことを持論でありますが述べたいと思います。

他社との違いを明確にする姿勢・・・それは何か


業界の展望は解説してきた通りですが、これから興信所を運営していくにあたって、個人でも組織でも探偵として活動していくのに一番大切なことを持論でありますが述べたいと思います。


千葉の興信所相談員


会社形態として興信所を運営していくにも、個人で探偵事務所を開き活動してくにも、重要なノウハウのひとつに”営業力”をあげました。

どんなに高レベルな機材を所持していても、どんなに調査力が優れている探偵がいても営業力がないばかりに、宝の持ち腐れ状態で、仕事が少ない状態に追い込まれるのが落ちであるとも言ってきました。

そんな事実は、たいした機材も所持してなくて、経験の浅いスタッフが現場に入っているにもかかわらず、優れた営業力とマーケティングに長けているおかげで、賑わっている探偵・興信所はあるのですから。

しかし営業力、マーケティングというフレーズに高い壁を感じたり悲観することはありません。

もっと、シンプルに簡単に考えていけばよいのです。

今や、この探偵・興信所業界においても、通販と同じように、インターネット経由で探してくる相談者が非常に多くなっています。

全依頼件数のうち70%程度はネット経由で(弊所の場合)、もはや90%以上ネット経由である興信所もあることでしょう。

それだけ業種の垣根もなくなり、世の中の流れが、瞬時で情報を得られるネットでの取引が多く行われているのです。

この傾向は今後ますます増えていくとも言われています。

確かに興信所が自社のホームページを開設することはWEB上に出店することであり、消費者に広く”いらっしゃいませ〜”と勧誘しているといえます。

そして興信所選びをしているお客様たちは、いろいろなワードから、様々な入口から興信所のお店(サイトのこと)に入店してきます。

ワードというのは、お客様が自身で打った検索文字、検索フレーズのこと。

様々な入口とは、表示された広告か自然検索表示、またはどこかのリンクをたどったりとか。

探偵・興信所選びをしている様々な方が、入店してコンテンツを見て出ていったり、さっと入店したもののすぐに出ていったり、店の前だけ見てすっと去っていったりとやはり様々なアクションを起こします。

これからの探偵・興信所、ずっと将来のことはわかりませんが、まだまだ本日解説している流れは続くと思えてなりません。

ではお店を繁栄させるため、いったい何が必要とされるのか・・・


茨城の探偵スタッフたち


答えはひとつとの持論です。

それは、
「カラーを出せ!」ということです。

つまりこれから活動していくにあたって、今まで避けて通れなかった紙面での広告(具体的な名称は省略します)、看板等は期待できません。

それだけ世の中が、ネット、ネットとなってきています。

それはほとんどの探偵社、興信所は気がついているわけですから、ネット上にお店は出店しますし、力も入れるはずです。

しかし、来店するお客様たちからすれば、”どこも同じ感じでわからない”と、まあ本当に同じ会社が何社にも化けて出店している場合もありますが(汗)、探偵・興信所選びに苦労するわけです。

確かに一般の方からすれば、どこの社も店構え(ホームページの入口)は立派ですから、迷うはずです。

であれば、他社との違いを明確に発信することが一番重要なことだということなのです。

でなければ、何十、何百ものサイトの中に埋もれてしまいます。

もちろん、目立つ場所、上位位置、1〜2ページ目に表示されることも重要なポイントですが、

浮気調査なら浮気不倫問題に対して徹底的なこだわりと発信力。

人探しであれば、人探しについて奥深いところまで発信するとか。

お店に入ってきたお客さんに専門性をより発信する。

何をアピールするか、どう共感をもってもらうか、自社のカラーはどうなのか わかりやすく発信していくことだと思います。

わかりやすく発信する方法なのですが、
サイト内に代表者やスタッフブログ、コラムを設けて思いを綴ったり、ユーザーに役に立つようなページを設け発信したりしていく素の姿です。

弊所の経験、実感からすればです。

サイト内のページよりも、こういったブログ、コラム等を閲覧されている方はけっこう多いと肌で感じます。

つまりこの探偵さんは何をどう考えているかから、この興信所の姿勢はどうなのかを感じとってもらう格好のツールなのです。

それに共感してきた方が、「この探偵・興信所に相談してみたい」と思う。

その姿は、ただ”少しでも料金が安くて安心なところはどこ?”と懸命に探されている姿とは違うはずです。(もちろん安心な料金であることも重要です)

いかがでしょうか。
ひと昔前みたいに、経費がかかる紙面での宣伝が一世風靡していた大手探偵社の独占場みたいな頃と今や違います。

中小規模でもかなりチャンスに恵まれてきた時代ではないでしょうか。

ですから、経費を莫大にかけて、消費者の目に強引に触れさせることより、
経験を生かして、カラーを打ち出し、得意とするところをしつこいくらい発信していくことによって、段々と消費者の目に触れていくことが、どれだけ自然で効果を生んでくるかきっとわかることと思います。

千葉の探偵・興信所

MKリサーチ探偵事務所|千葉

〒260-0032
千葉市中央区登戸1-16-1 5A

TEL 043-301-3735
FAX 043-304-5757