本文へスキップ

探偵・興信所の選び方|失敗しない選び方を解説します。

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

失敗しない探偵・興信所の選び方

探偵・興信所の選び方はどうすればいいいの?そんな悩みを解決できる情報を提供するコーナーです。

 

ここでお話するポイントを実践することが浮気調査であれ、素行調査であれ、人探しであれ、失敗しない探偵・興信所選びの秘訣です。


○○○○○○○○イメージ

どうしてお客様は探偵・興信所選びに神経を注がねばいけないのか?

結論言いますと、この業界ほど調査料金の幅と調査結果の違いが唐突に現れる業界はないといえるからです。

冷静に考えてください。ある相談者の浮気調査の案件が、A社では30万、B社では50万、C社では200万と言われてみれば、D社では何だか成功報酬やらで1万だか5万だかでやってくれそうな案内だったりします。

おかしくないでしょうか?

こんなに社によって提示される調査料金の差がある業種は探偵・興信所業界くらいなものです。

このコーナーでは、難しいこと専門的なことは抜きにして、とにかくどんなご相談でも通用しすぐに実践できる秘訣だけを解説しますので最後までお読みください!

なお、浮気問題に精通しているカウンセラーや弁護士から紹介された探偵・興信所なら安心か!?ですが、お墨付きの探偵を紹介されたことは相談者にとっては何よりです。

ただこの選択が必ずしも良かったとも言い切れないケースはよくあります。


カウンセラー、弁護士からの紹介|探偵・興信所の選び方を参照してください。



要するに、お客様が気をつけなければいけないことは簡単に言えばこれから解説することです。

それは信用のおける第三者からの口コミや紹介でもです。


お客様はいろいろな事はできませんので、これだけでも実践してください。
そうすれば探偵・興信所選びは失敗はしない
のです。


興信所選びを解説する探偵


〇相談員とは必ず事務所で面談すること!です

以下のあげる項目をクリアーできたとしても、できることなら事務所で面談してください。「お伺いしますので、事務所で面談できますか?」を前半に聞いてもよいくらいです。

とにかくお客様がお電話した探偵・興信所の事務所で面談してください。
その理由を説明します。

面談は探偵・興信所の事務所で!


〇探偵社は大手が安心だと思っていますか?探偵選びで大手とか規模にこだわるところではありません

調査報告書を提出してくれるまで何週間(何カ月)もかかった。

調査が終わったら、簡単な報告書をさっと郵送してきた。

進捗状況の連絡は、探偵社の方からはない。こちらから電話してやっと通じるっていう感じで不安だった。

営業された、追加依頼を勧めれた。(入金も催促された)

調査料金が相当な高額料金だった。(よってこれ以上追加依頼なんて無理と断念される方も多い)

そのような声を耳にするのは、大手探偵社に依頼された方ばかりです。



〇お電話のご相談時に、お客様がお願いしたい内容に対する調査料金の目安を話してくれましたか?

かつ、その出てきた目安に対してしっかりと的確にその根拠を話してくれましたか?



〇今、あなたが面談して契約しようとしている探偵社の調査員が、現場をやってくれますか?

面談の際でも、お電話の際でも構いませんが、ひとこと確認するだけです。

「私が依頼した現場はおたくの調査員でやってくれますか?」

これは非常に大切なことであり、自社で現場までやらない興信所であれば、まず依頼料金がかなり高くなることは間違いありません。

つまり下請けに業務委託するケースがほとんどだからです。

実際に現場を行う調査員がいる個人事務所の手前にブローカー的な探偵会社を介することも多く、そのたびにマージンが発生するわけです。

料金が割高になる弊害もですが、もうひとつ大きなデメリットがあります。

自社で現場に携わっている場合、今あなたが面談している相談員、もしくは在籍している調査責任者の指示で現場が行われます。

依頼人がメール、電話で情報を伝えたりする場合、リアルタイムに近く迅速な対応ができます。実は不倫調査にはこういった調査期間中の情報提供もあるものなのです。

それを現場が知っているか聞いているかで結果に影響が出ることも多々あります。

面談して契約した社の調査員が現場を行っていれば、素早い対応が可能です。

しかし、間にブローカーが介入し、A社、B社にふられた調査現場であれば、貴重な情報が現場に迅速に伝わるのでしょうか。

「今夜は調査しても無駄かもしれない。明日に延期してくれないか?」という伝達をしたのに、実際に調査が行われていたとか、返事があったのは翌朝だったとか、意思の疎通ができていなかった事例はよく耳にします。



成功報酬調査に過大な期待をしていませんか? 

費用が小額で済むとかに魅せられていませんか?


〇お客様のケースでの調査の方法を明確に話してくれましたか?



探偵選びをする相談者


〇調査報告書のサンプルを見せてもらいましたか?



日中ばかりの証拠写真サンプルを見ても、その探偵社さんが本当に調査力があるかはわかりません。

照度がある分、証拠撮影についての難易度が特段高いわけでないのです。

一般的なカメラでも、探偵として正しい教育を受けて、そこそこの場数経験を積んできたら、2〜3年の調査員でも、そこそこの証拠写真は撮るものです。

しかしです、夜の場面、特に地方や田舎など照度の低い現場もやはり探偵は多いのですが、夜間での写真はかなり差がでてくるものです。

よく望遠力がどうこう、遠距離から撮影とかアピールする探偵社もありますが、できることなら、夜間での望遠、遠距離か、、、そこが見極めです。

探偵・興信所の調査報告書のチェックでは、夜間の浮気調査のサンプルがどうなのかに絞られてもよいかと思います。

ラブホテルに入るのも出てくるもの、夜の浮気調査のサンプルです。

不倫相手の部屋への出入りなら、入っていくのは夜で出てくるのは翌朝でも、夜間の証拠写真がどうなのかが重要です。

実際、車中不倫なんていう場面になると、真っ暗闇な現場となります。

相談者によっては、そのような現場になりそうだとわかっている方もおられます。

それなのに、よくある日中の不倫調査のサンプルを見せられても、「まあ凄いですね!人様の写真でも、胸が痛みます、、、」という感想をいただく程度で、「私の依頼のケースは違うんだけどな」と感じているかもしれません。

まあ、サンプルは営業用。
一応これくらいの証拠写真は撮れますよ!的なものです。

「夜の浮気調査のサンプルが見たい!」と言いましょう。

相談者によっては、「違います、もっともっと暗いところです!」と言ったほうが良い方もいるはずです。

MKリサーチでは、夜間(真っ暗闇も含む)行われた調査報告書サンプルを開示しております。



調査契約書は必ず確認しその内容で、お客様が記載してほしい項目を空欄にでも快く記載してくれましたか?


〇電話から面談の最後まで相談員が一貫とした態度で、お客様によく考えてください的な余裕のある態度であり、不必要な調査まで促されたりセールス的、強引に勧めてきたりはしませんでしたか?


〇とどめの一点 相談員との会話の中、相談員の話すこととか空気に引かれすぎて、「私の痛みを分かってくれた本当に良き相談員だ・・・」というように流されすぎないようにしましょう。


依頼されるかしないかは、相談員の好印象はわきにおいて、一度冷静になって、ココでアドバイスしてきた秘訣を全てクリアーしているかなと思い起こしてください。


千葉の興信所相談員


なお、浮気不倫問題を依頼される方にとっては、調査後のアフターフォローを期待される方が非常に多いものです。

結果だけ出してさようならの姿勢はいただけません。

しかしどの探偵・興信所サイトを見ても、”アフターは万全”みたいなうたい文句ですが、どう判断したら良いのでしょうか。

解決にこだわる探偵・興信所かどうか。一番分かりやすいのは、サイト内でどう発信しているかです。

中には、ブログやフェイスブックなどでくだけた内容を織り交ぜながら発信しているケースもあります。

やはりそういったもののなかに、探偵社のホンネ、姿勢は感じられるものです。ある程度読んでいけば、なんとなくわかるものです。

「すごい職人探偵みたいだ。機材にこだわっている姿勢が感じるし、こういった探偵さんに頼みたかった」とか、「浮気不倫問題に詳しいみたいだし、安心して相談できそう。」などと印象を受けるかもしれません。

もちろん、実際に探偵社に電話したり、相談員と面談した際に、”結果もだけど、解決にこだわっているな”という印象をどれだけ受けるか。

相談者が聞きたいことを質問した際、実際の事例なども織り交ぜながらわかりやすく説明してくれたか。

ただの理想論、空論ばかりでなく、現実的か・・・それも大きなポイントです。

”私のようなケースの場合、どうしたらいいの?” に喉から手が出るほど知りたいし、その後を指南して欲しい依頼人も多いのです。

特に浮気、不倫調査をお考えになってる方は、最終的には、当サイトでも解説していますように事務的な選び方の項目を無視してはいけませんが、

依頼者様にとっての解決策のサポートを期待できそうな探偵・興信所を選ぶことも大切です。



興信所探ししてる茨城の妻



最後に慎重に選んで決めて依頼した探偵・興信所でも、いざ調査が開始され、進捗状況を知るうちに、「依頼した興信所は失敗だったのか、、、」と感じた場合はどうしたらよいでしょうか。

具体的に結果を途中で見ることが必要です!

依頼人様は結果にもっとシビアになるべきです。

探偵・興信所に期待するのは”頼んだ仕事をきっちりやる”ということです。結果を出してもらうことです。

「途中ですが、どんな状況か伺ってお話し聞いてもよいですか?」と。

クロ(浮気するだろう)のはずだったのに、まさかのダメだった結果。

これが二度三度起きて進捗状況を見て、撮った写真、映像に納得がいかなければ、どんなに相談員がいい人でも、いったん打ち切ることをお勧めします。

しかし逆の理由の場合。きちんと結果(証拠)は積み重なっているが、相談員(担当の探偵さん)と何かかみ合わない。

きっちり仕事をしてくれているのであれば、お互い大人の対応で割り切るしかないでしょう。

調査を打ち切る場合、どのような契約内容で依頼されたかによりますが、ここで打ち切ったら返金はどうなのか。

消化している時間数はどうなのか、確認は必要ですが、

仮に調査時間数がまだ残っていたから、「じゃあその分、調査してください」はNGです。

返金が少しでもあるなら止めたほうが賢明です。

同じことの繰り返しは目に見えているわけで、よく受け止めてください。

また探偵業法が制定されていますので、依頼人様の不利益になることは起こりませんので調査を打ち切ることに不安を感じることはありません。


合わせて、このようなことは起こらないよう本ページをよく念頭においてください。

 探偵・興信所選びで失敗しないために
MKリサーチにご相談ください
電話 0120−8383−42

千葉の探偵・興信所

MKリサーチ探偵事務所|千葉

〒260-0032
千葉市中央区登戸1-16-1 5A

TEL 043-301-3735
FAX 043-304-5757