本文へスキップ

店内潜入撮影とモバイル力|調査力のある興信所

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

店内、潜入撮影力とモバイル力|調査力のある興信所か判断する要因

調査力のある興信所は、暗視撮影、望遠撮影に長けていると言ってきましたが、もう一つ優劣を占う力があります。

それは”店内、潜入撮影”力です。
特に東京都心など都心型浮気調査ではその差は歴然です!

浮気調査の結果は数々の証拠写真を見れば明白です。

どれだけ緊迫した不倫の二人を捉えているかが、優劣を左右するといっても過言ではありません。

望遠とは逆。一歩も二歩も接近してでの証拠収集。

力のある探偵はそう現場に向き合っています!




東京都の興信所相談員千葉の不倫調査員



MKリサーチは、高レベルな機材を使用して、暗視撮影、望遠撮影を駆使しておりますが、同等に重要視しておりますのが、モバイル度と店内、潜入証拠撮影です。

おわかりのように、浮気調査では不倫の二人の数々のツーショットを捉えるわけです。

二人の後ろ姿ばかり、建物への出入りばかりでは高品質な結果とは言えません。

もちろん、調査によって難易度の高低はありますから一色単には言えませんが、現場では可能な限り、店内への潜入を試みて、撮影するよう心掛けております。

そのためには、暗視とか望遠とかと違う部分が機材にも求められます。

状況によって適切なカメラ(周辺機器を含む)を使用するわけですが、小型カメラであったり、小型デジカメであったり、ビデオカメラであったりとごく一般的な機材をまで使用することもあり様々です。*小型カメラは周辺機器を含めプロ的な機材ですが。

モバイル度と言っても、スパイグッズみたいな超小型とか隠匿性に長けているカメラにこだわるという考えではなく、店内、潜入撮影をどう撮っていくか、その方法、テクニックのほうが優先される意味です。

仮にピンホールレンズを使用した場合と、あまり現実的ではありませんが、大口径のレンズを使用した場合、薄暗い店内で不倫の二人を捉えるのに、どちらが確実に撮影できて、かつ鮮明で高品質な結果になるかという視点です。

しかし証拠撮影が怪しまれたり、ばれてはいけませんので、超小型化した隠匿性抜群のカメラは必須です。

MKリサーチでは店内撮影ではスマホで堂々撮る!なんてこともやりますが、こんな機材も使います。


 


浮気調査を豊富に請け負っている興信所であれば見解は同じだと思えますが、外部からの証拠撮影だけでもカタチになることはなります。

もちろんラブホテルとか不倫相手の部屋の出入りならば、外部からの証拠撮影で確たる証拠です。

しかし依頼人に喜ばれる、弁護士や裁判官をうならせる証拠とは、インでの証拠撮影の肉付けがどれだけあるか。それも否めません。

建物内で真正面、斜め前方から撮影する。

時と場合では、接写撮影か!?といくらい間近で撮影することもあります。
 
よって、MKリサーチでは、カバン内に潜ませたカメラでの撮影演習をも実地している次第です。

探偵といえば、尾行張り込み演習のイメーを抱きましょうが、この店内でのモバイル撮影も非常に重要なスキルなのです。

また撮影方法も、勘によるアナログ的な撮影、Wifiを利用してスマホでリアルタイム確認する撮影とありますが現場では臨機応変に行います。

使用する機材も使えるものがあれば更新する柔軟な体制で行っておりますが、個々の調査員が慣れていて、確実に撮影遂行できることが肝心です。

各興信所ごと現場によって使用する機材の見解の違いはあるでしょうが、MKリサーチでは、モバイル性を発揮させる場面でも、撮影機材の小ささではなく、高品質な結果になるように心がけた機材選択をしている次第です。

千葉の探偵・興信所

MKリサーチ探偵事務所|千葉

〒260-0032
千葉市中央区登戸1-16-1 5A

TEL 043-301-3735
FAX 043-304-5757