本文へスキップ

浮気の物的証拠を見てしまった!|探偵に依頼した要因。

TEL. 0120-8383-42

無料相談・秘密厳守!

浮気の物的証拠を見てしまった!|探偵に依頼した要因

探偵に依頼しようと決断した要因とは。 
浮気の物的証拠を見てしまう妻(夫)も多いものですが、いったい何を見てしまったのでしょうか。


「もう探偵に浮気調査を頼むしかない!」と様子を見続けてきた妻(夫)に、そう思わせた出来事とは、夫(妻)が浮気相手と一緒にいる場面を目撃した!というケースばかりではありません。

時には間接的に、ある日ある時ある場所で、見つけてしまった物。

その見てしまった物によって妻(夫)を調査に走らせたケースもあります。




○○○○○○○○イメージ

妻の浮気を疑っていた夫が車の中で見つけた物的証拠とは

30代の市原市の夫からの依頼でした。

妻は月に数回、週末に趣味のサークル活動をしており、泊りで出かけることもありました。

浮気を疑ったのはある日、夫が家のパソコンを見ていて適当に操作していたらどこかに保存されていた画像がでてきたのです。(夫は普段パソコンは使わないそう)

自分の知っている友人らとバーべキューしている写真やらいろいろ見ていくうちに妻が一人の男性とツーショットで写っている画像が出てきたのです。写真にして4〜5枚だったそうです。

その画像の背景を見ると、富士山が見え、おそらく御殿場方面だったそうでした。

その日付を見て思いだしたところ、妻は「実家の関係で法事があるから」と一泊で茨城県水戸市に帰っていたはずだった日なのでした。

写真の男性と一緒の妻は非常に楽しそうな表情だったとか。年齢も同年代。

夫は「この男と浮気しているんだな。あの日の法事は嘘で男と一泊旅行していたのか」と確信したのでした。

それから夫は興信所に頼もうかと検討したらしいのですが費用が高額であること、頼んだ日に行動を起こすかどうかわからないなどと悩み、探偵・興信所に相談することはちゅちょしていたのでした。

しかしそんな気の迷いをふっ飛ばす出来事が起きたのです。

ある日、夫は自分の車のそうじをしていた時、車内の後部座席のポケットにコンドームの袋がはさまっていたのを目撃したのでした。

実は、妻が泊りで出かけるときは、夫の車を使用することが多かったそうです。

「妻は車中で浮気相手と不貞行為に及んでいたのか!?」

その車内に捨てられていた袋が全てを物語っていたのでした。

それを見た瞬間夫は「妻とは離婚だ!やっぱり、探偵に頼む」と固く決心したそうでした。

それからすぐです。MKリサーチに電話されてきたのは。

結果、妻はパソコンに保存されていた写真の男性と浮気していた事実が判明しました。


探偵に依頼する妻


夫が利用しているホテルの部屋の枕カバーに茶色の長い髪の毛が・・・

50代の成田市の妻からの依頼でした。

夫はある会社の60歳前後の会社経営者。都内に東京支店があり、毎週3〜4日は東京支店に勤務していたのでした。

よって、夫は都内のシティホテルを利用している長年の常客だったのです。

ある日妻は、都内に用事があったため午前中、夫の部屋に寄ったときのことでした。

以前もたまに寄ったりして、一緒に食事だけして帰ったりとすることもあったそうでしたから、特段その日が特別だったわけでもありません。

妻は部屋のベッドを何げなく見たとき、枕カバーに付いている長い茶色の髪の毛が目に入ったのでした。

真っ白な枕カバーに茶色の髪の毛が付いていたのだったそうです。

妻は、ベッドに座りその茶色い髪の毛を指さしながら

「あなた、この茶色い髪の毛はなぁ〜に?誰か女の人と寝たの?」

いきなり妻はボールを投げたそうです。

夫は、はっとしたような目つきをしていたそうで、しばらく黙っていた後に

「知らない!何だそれ?ルームメイキングの人が間違えたか?けしからん、後でフロントに注意しておくから」と答えたそうです。

しかし妻の追求は収まりませんでした。

「でも、あなた、天下の**ホテルがこんなお客様に失礼なことをするかしら?」

夫は、「しつこいぞ!俺は何も知らん、そんな茶髪の若い子の髪など知らん!」

と、ボロを出しながら言い返してきたそうです。

おそらく夫は気がついていないかもしれません。自分がかっとなって言い返した「若い子」と言ったそのひとことを。

この瞬間、妻は「夫の浮気相手は茶髪の若い女性なんだ」と理解し、「これは探偵に依頼して調べるしかないな!」と脳裏をよぎったそうでした。

このご依頼者は「相手が風俗の女性なのか。銀座あたりのホステスなのか。またはどこかで知り合った一般の女性なのか」まったく心当たりはありませんでした。

相手はいったどこの誰でどういう関係なのか、それが一番の知りたいことだったのです。

MKリサーチが調査に入ったのは、茶色い髪を発見してからすぐのことでした


探偵・興信所に依頼させるに至った原因事例に戻り、他の事例を見る。


千葉の探偵・興信所

MKリサーチ探偵事務所|千葉

〒260-0032
千葉市中央区登戸1-16-1 5A

TEL 043-301-3735
FAX 043-304-5757